チェイサーゲーム

実在のゲーム制作会社サイバーコネクトツーを舞台にくり広げられる、若きゲームクリエイターたちの青春群像劇。3週に1度、月曜更新予定。漫画掲載の翌月曜には、原作者であるサイバーコネクトツー松山洋社長のコラム「デバッグルーム」を掲載。

  1. ファミ通.com>
  2. 企画・連載>
  3. チェイサーゲーム>
  4. 【掲載まであと1週間!】『チェイサーゲーム』第11話予告!

【掲載まであと1週間!】『チェイサーゲーム』第11話予告!

2019-07-22 11:00:00

11


 第10話から新たなエピソードが始まり、次回、第11話はその中編となります。予告カットの藤井さんを見ると、第10話で龍也たちがあれほど恐れていた“仕様変更”による非常事態が起きてしまったようにも思えますが、果たして……?? 物語がさらに展開する第11話は、7月29日(月)更新予定です!

 さて、今回のエピソードのテーマは、「時に、世の中がエンターテインメントに影響を与えることもある」というものですが、いま、このタイミングで、それについて考えるのはとても苦しいことのように思います。もちろん、『チェイサーゲーム』の原作はもうずっと前に書かれていて、漫画の原稿も何週間も前から準備してきたものですが、編集担当である私自身もいまはちょっと直視するのが難しい……。それでも、エンターテインメントにできること、エンターテインメントにしかできないことはきっとあるはずで、そのエンターテインメントにふりかかる“自主規制”の意味について、ゆっくりとでも考えていけたらいいなあ、と思っています。読者の皆さまにもぜひ、いっしょに考えていただけたらうれしいです。

 最後になりましたが、京都アニメーション火災の犠牲になられた方のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた皆さまの1日でも早い回復を心より願っております。


>第11話 「ゲームデザイナーの正体(2)」