チェイサーゲーム

実在のゲーム制作会社サイバーコネクトツーを舞台にくり広げられる、若きゲームクリエイターたちの青春群像劇。3週に1度、月曜更新予定。漫画掲載の翌月曜には、原作者であるサイバーコネクトツー松山洋社長のコラム「デバッグルーム」を掲載。

  1. ファミ通.com>
  2. 企画・連載>
  3. チェイサーゲーム>
  4. 【マンガの裏側を語る!】『チェイサーゲーム』原作コラム デバッグルーム第6回

【マンガの裏側を語る!】『チェイサーゲーム』原作コラム デバッグルーム第6回

2019-04-22 11:00:00

181218_チェイサーゲーム_コラム用バナーデザイン


第06回 “世の中とズレているクリエイター”

CG6話原稿納品用jpg_20190401_003


【RPGが好き】

これは志望者に本当に多い傾向です。世の中でたくさん売れているジャンルは間違いなく“アクションゲーム”なのですが、不思議とゲーム業界志望者は“RPG好き”が多いです。特にアーティストの大半が“RPGが好き”と答えます。

CG6話原稿納品用jpg_20190401_005


【ピクサーと真逆】

面接ではやはり、応募者の“信念”や“こだわり”などをチェックします。モノを作れる技術はあっても、“もしもう少し時間があったらどこの部分をクオリティアップしたいですか?”と聞かれてハッキリと答えられないようでは、かなり不安視されます。クリエイターたるもの“どうしたい”という意思はハッキリと持っていてほしいものです。また、言ってることがチグハグだとやっぱり不安ですね。

CG6話原稿納品用jpg_20190401_008


【3Dは出来ません】

これも本当にアーティスト志望者に多い傾向です。“イラストしか描いていない人”がゲーム業界を目指しても、採用される確率はかなり低いので考えを改めたほうがいいです。作中で言われている通りですが、現在発売されて売れているものの大半が3Dゲームです。

CG6話原稿納品用jpg_20190401_009


【面接で余計な講釈はよせ】

これは“面接を実施する側”に対して、社内でもスタッフに指導していることです。面接はあくまで面接であって“教育や指導の場”では決してありません。

CG6話原稿納品用jpg_20190401_012


【正式にはゲームデザイナー】

作中で注釈されている通りなのですが、不思議と日本国内のゲーム会社の多くが(それが大手メーカーであっても)いまだ“プランナー”という肩書を使用しています。まあ通じるのであれば別にいいのかもしれませんが、海外のクリエイターと会った時には「?」って思われるので気を付けましょう。

CG6話原稿納品用jpg_20190401_015


【CGは独学】

あくまで傾向の話ですが、能力の高い人ほど独学で学んで積み重ねてきた人が多いです。端的に言うと、“専門学校や大学で習った内容だけでは不十分”ということです。考えればわかるかもしれませんが、“専門学校や大学で習った内容は「みんなで」習ったこと”なのです。この際なのでハッキリと言っておきますが、人と違う能力や技術をアピールして突出するためには独学は必須です。

CG6話原稿納品用jpg_20190401_023


【新作に関わりたい】

別にただの日本語です。本来は「携わる=携わりたい」が正しい表現です。携わるの意味は「ビジネス上、仕事として受け持つ・関係する・関わる」ことを指します。え、「関わる」という言葉が含まれてるじゃん!って思われるかもしれませんが、「関わる」は「ある物事と関わり合いを持つ」という意味です。そして「携わる」とは、「その物事に仕事として関わる」ことを指します。「関わる」はやはり広い意味で「その物事に触れる」くらいの感覚ということですね。たったこれだけのニュアンスの違いかもしれませんが、(少なくとも私は昔から)かなりこだわって社内でもスタッフに対して言葉の使い方を指導しています。“え、なに? 関わるって、なんでお前だけ他人事なの? 当事者としてチームの一員として一緒に作ってるんじゃないの? こういう時は「携わる」って言うんだよ”ってね。本当に細かいって思われるかもしれませんが、“覚悟は言葉にあらわれる”と思って気を付けて(指導して)いる部分です。


<第6回 「世の中とズレているクリエイター」