『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第69回) ヒストリカの意外な一面を見られるクエスト!

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第69回(通算169回)。

●厄払い完了!

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!

 2016年1月15日~17日の期間、“【みんなで倒して厄払い!】災厄の王 討伐チャレンジ!!”が開催されていました。これは、上記期間のあいだ冒険者たちで災厄の王、真・災厄の王を計12万体倒そうというイベント。倒した総数に応じて、もらえる報酬が増えていく、という内容でした。

 気になる結果は、みごと期間内に12万体の討伐を達成!

 もちろん、期間内に一度も災厄の王を倒していない人でも、報酬はもらえますよ。ただし、報酬は“目覚めし冒険者の広場”から受け取る必要があります。

■累積討伐数と獲得できる報酬一覧
30000体討伐……ふくびき券×10個
50000体討伐……おみくじボックス×3個
70000体討伐……スペシャルふくびき券×3個
100000体討伐……福の神コイン×1個
120000体討伐……ふくまねきの杖×1個

 報酬の受け取り期間は2016年1月31日までなので、これを読んでまだもらっていない人は急いでゲットしましょう!

 “ふくまねきの杖”の性能が気になっていましたが、どうやら特殊効果はない模様。「ドレスアップ用に使ってください!」ということですね!

●ヒストリカの意外な一面を見られるクエスト!

 2016年1月6日に実装された新クエスト“流星の追憶”。年始はバタバタしていたので、やや遅ればせながらも受注してみました(笑)。受注条件は、ヒストリカに関するクエストをすべてクリアーしていること。

 ネタバレ防止のため一部うやむやな表現にした部分もありますが、流れをリポートしていきたいと思います。

 クロニコに話しかけると、ヒストリカのお気に入りだったルーペを探してほしいと頼まれます。場所はセレドット山道の南東にあるコバルト池。しかし、地震によるガケ崩れで、現在は道が塞がれてしまっているようです。

 コバルト池に続く扉のカギは、セレドの町の宿屋のおばあさんが持っているようなので、さっそくもらいに。

 マップを見ると、たしかにコバルト池は孤立していて行けなくなっているようです。そんなときは、勇気の石塔の出番!

 こちらには、コバルト池に続く扉が存在しているようです。

 アレをアレすれば、ヒストリカがルーペを落としたコバルト池に到着! 青く光っている場所を調べれば入手できそうですが、高い場所にあってたどり着けません。

 ぐるっと回り込み、ガケ上から青く光る場所へ向かって落ちれば、調べることができました。落ちる位置は、写真を参考にしていただければわかると思います。ルーペを拾った後はクロニコに報告。その後ヒストリカに話すとボス戦に!

 ちなみに、このボス戦は冒険者ひとりでしか参加できないようなので、パーティを解散し、サポート仲間も待機状態にする必要があるようです。

 ボスは“禁書の守護者”! なんと、ヒストリカも戦闘に参加して、ふたりで戦うことに! でも、ヒストリカのレベルは13……大丈夫なのかな……。

 “禁呪の力に守られている”と表示され、まったくダメージを与えられません。

 そこに、ヒストリカが“ヒストリカ・イズ・パニック”を発動!

 やっていることはギャグですが、ボスにショックを与えて、自身のテンションが1段階アップしています。これはまさに“一喝”!

 でもダメージは与えられない……。

 と思ったら、今度は“奥義・ワラビーム!”を発動して、禁呪の力を打ち消しました! なんでこんな技を使えるのかはよくわからないけれど、ヒストリカはけっこうすごい!

 ほかにも“炎の友情ダンス”でスーパーハイテンション&HP継続回復の効果をかけてくれたりしました。さらに、“本気出しちゃうぞ!”で必中会心のエフェクトが……! すげえぇぇえ!

 ……でも“ヒストリカぱんち”は弱かった(´д`)

 とはいえ、バッファー(仲間の強化役)としてはかなりの能力ですね。ヒストリカのおかげで、危なげなくボスを撃破!

 このクエストではヒストリカの兄も登場し、妹に対する本当の想いを聞くことができます。クエスト受注時は「イヤなヤツだなぁ」と思いましたが、クリアー時には「いいヤツだなぁ」に変わっていました(笑)。

 そしてクエストのクリアー報酬でもらえたのは、“しぐさ・炎の友情☆ダンス”。これが使ってみたら超かわいい!

 大人の事情で動画をお見せできないのが非常に残念ですが、写真のように踊り出します。正面で両手をパタパタと振るしぐさもたまりませんね!

 個人的に“かわいい系”のものはオガ娘には似合わないと思っていましたが、このしぐさはオガ娘でもかわいい! しばらくは無意味に踊り続ける日々が続くと思います(笑)。

 それでは、また次回!

●お知らせ
Windows版『ドラゴンクエストX オンライン』のベンチマークソフトは、こちらからダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら

●過去の『DQX』プレイ日記はこちら
第68回第67回第66回第65回第64回第63回第62回第61回第60回第59回第58回第57回第56回第55回第54回第53回第52回第51回第50回第49回第48回第47回第46回第45回第44回第43回第42回第41回第40回第39回第38回第37回第36回第35回第34回第33回第32回第31回第30回第29回第28回第27回第26回第25回第24回第23回第22回第21回第20回第19回第18回第17回第16回第15回第14回第13回第12回第11回第10回第9回第8回第7回第6回第5回第4回第3回第2回第1回

●『DQX』サービス開始~2周年までのプレイリポート(第1回~第100回)はこちら


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 Wii UWii U / WiiWii / PCWindows
発売日 サービス中
価格 30日間1000円[税込] ※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●ネットワーク対応 ●Wii UベーシックセットまたはWiiで遊ぶ場合は任天堂動作確認済みのUSB記録メディア必須 ●バージョン1『目覚めし五つの種族』、バージョン2『眠れる勇者と導きの盟友』、バージョン3『いにしえの竜の伝承』は各3800円[税抜](各4104円[税込])(※Wii版はパッケージ版のみ)●バージョン1~3がセットになった『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』は4800円[税抜](5184円[税込])(※Wii U版はパッケージ版のみ) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 3DSニンテンドー3DS
発売日 サービス中
価格 30日間 1500円[税抜](1620円[税込])※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-Fi環境必須 ●ソフトはニンテンドーeショップから無料ダウンロード可能(無料プレイ時間あり) ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込])  ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX dゲーム版
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 AndroidAndroid
発売日 サービス中
価格 10日間 650円[税抜](702円[税込])※詳細は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-FiまたはLTE対応 ●対応機種は『DQX』公式サイト(http://www.dqx.jp/)をご確認ください ●プレイにはdocomo回線およびSPモードの契約が必要です ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力

(c)2012-2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※データはすべて2016年1月18日時点のものです。