クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
1994年に発売された『かまいたちの夜』をベースに、イラストやシナリオなどを追加。隔絶された冬山のペンション“シュプール”で起こる連続殺人事件の真相を解き明かしていく。
詳細を見る

かまいたちの夜 輪廻彩声(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS Vita
8

新規層向けのアレンジとしては非常にキャッチーな作り。イラストとボイスが導入されたことで、プレイヤーに与える想像の余地が少なくなってしまっているが、同時に、絵や声の演出によって得られる新しい刺激もある。予想外の方向に展開していくストーリーの醍醐味は変わらず。欲を言えば、タッチパネルへの対応やフローチャートの使い勝手の向上など、インターフェース面もより凝ってほしかった。

週刊ファミ通1471号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
8

人物の表示がシルエットではなく、イラストになったことで、登場人物が把握しやすくなったぶん、想像力で補っていた部分が少なくなったためか、不気味な雰囲気やゾクゾクするような恐怖感は若干和らいだ印象も。それでも、ミステリーやサスペンスを軸に、多彩に分岐するシナリオを読むのはおもしろく、引き込まれる。フローチャートから各場面に飛べるのも便利で、分岐を埋めていくのも楽しめます。

週刊ファミ通1471号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS Vita
8

かつての、キャラのグラフィックがシルエットだったころと比べて、想像して楽しむ余地はなくなったかもしれないが、イラストのおかげで人物像がパッとつかめるし、推理もまとまりやすくなった。ただ、人物の動きや立ち位置がわかるようなカットは少し減ったかな。事件現場がありありと描かれ、よりホラー味が増した。主人公を含め、ボイスを個別にオン/オフにできたりと、システムまわりは充実。

週刊ファミ通1471号より

ジャイアント黒田
ファミ通公式 PS Vita
8

賛否両論あるものの、キャラの表現が“青い影”からイラストになったのは新鮮。あの場面はどんなふうに再現されているのかと、ついプレイしたくなる。声優陣の巧みな演技も好印象です。各シーンの臨場感が増しており、続きが気になる展開と相まって、物語にグイグイと引き込まれた。追加されたシナリオは、竜騎士07節がしっかりと感じられる内容で◎。ハラハラドキドキして、最後は感動しました。

週刊ファミ通1471号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
1994年に発売された『かまいたちの夜』をベースに、イラストやシナリオなどを追加。隔絶された冬山のペンション“シュプール”で起こる連続殺人事件の真相を解き明かしていく。
詳細を見る

かまいたちの夜 輪廻彩声に関連

すべて見る

かまいたちの夜 輪廻彩声に関連

すべて見る
  1. 1
    Switch、PS4『黄昏ニ眠ル街』が4月28日に発売決定。世界に隠された"大地の源"を求めて東洋の街を探索する3Dアドベンチャー
  2. 2
    『サムライブリンガー』がPS4、Switch、Steamにて2022年春発売決定。八岐大蛇の討伐を目指す和風ローグライトアクション
  3. 3
    米津玄師出演のプレイステーションCM先行公開スタート。PS5やPS4を起動すると、新曲「POP SONG」が聴ける!
  4. 4
    【『グノーシア』はいいぞ】Steam版が配信開始となったいま、まさに遊ぶべきこれだけの理由。ゲームが抱える業に落とし前をつけたマストプレイの1作
  5. 5
    アニメイトで『ゆるキャン△』&『mono』の漫画を買うと特製ブロマイドがもらえる血液センターコラボ応援フェアが開催!