『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第41回) バージョン3.0後期が始動!

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第41回(通算141回)。

●バージョン3.0後期が始動!

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!

 ついにバージョン3.0後期が始まりましたねー! バージョン3.0前期と同じように、今回も新たに追加された宝珠探しなどで、アストルティアが賑やかになりそうな予感!

 この原稿を書いている時点では、残念ながらまだバージョン3.0後期の世界を冒険できていないので、アップデート直前に公開された情報の中から気になった内容について触れていきたいと思います。

■宝珠効果の調整
 既存の宝珠の中でいくつか、効果が調整されたものがあります。それらのなかでも、とくに影響が大きそうなものをまとめてみます。

宝珠名 調整前⇒調整後
ドラゴン斬りの極意 20%⇒25%
ドラゴンスラッシュの極意 20%⇒35%
ぶんまわしの極意 2%⇒8%
ドラムクラッシュの極意 20%⇒25%
花ふぶきの技巧 2%⇒8%
おうぎのまいの極意 2%⇒6%
シャインスコールの極意 5%⇒40%
スリープダガーの極意 5%⇒8%
足ばらいの技巧 2%⇒5%
黄泉送りの極意 20%⇒35%
石つぶての極意 10%⇒100%
おたけびの技巧 2%⇒5%
ボケの技巧 2%⇒5%
サインぜめの極意 10%⇒50%
魔導の書の技巧 2%⇒8%

  ドラゴン斬りやドラムクラッシュなど、特定の種族に大ダメージを与える特技の宝珠はダメージ量が増えています。もちろん、上で書いている数値は宝珠レベル1のときのものなので、レベル5まで上げれば上記の数値×5倍に。つまりドラゴンスラッシュでは175%もダメージ量が増えるということ。該当種族に対しては、かなり強い特技になるのではないでしょうか。

 ぶんまわしの極意も、宝珠レベル5まで上げれば40%もダメージが上昇します。両手剣を装備したバトルマスターは、“範囲攻撃が苦手”という弱点がありましたが、ぶんまわしの極意をセットすればカバーできそう。全身全霊斬りのチャージタイム短縮などの調整もあるので、両手剣装備のバトルマスターもかなり強くなりそうです。

 花ふぶきや足ばらい、おたけび、ボケの技巧なども、成功率が大幅にアップ。宝珠レベルを上げておけば、体感でもわかるほどの違いがありそうですね。

 おもしろいところでは、シャインスコールや石つぶて、サインぜめの極意。現状、ほとんど使われていない特技ですが、ダメージ上昇量がとんでもなく上がっています。この調整のおかげで、もしかしたら意外なところで有効な使い道ができたりするのかも?

 バージョン3.0後期で闇の宝珠を中心に60種類ぐらい追加されたこともあるので、上記の調整も含め、どの宝珠をセットするか本当に悩みそうですね!

 ですが、闇の石版にどのような宝珠をセットしているかで、そのプレイヤーがどの職業に力を入れているか判断する材料にもなりそう。パーティを組んだときやサポート仲間を借りたときは、セットしている宝珠を確認するのもちょっとした楽しみのひとつになるのかなーと思っています(笑)。

●戦士、踊り子、旅芸人、僧侶で遊んでみました!

 前回の日記で少し触れた、戦士(アポロンのオノ装備)、踊り子、旅芸人、僧侶というパーティ編成で、「踊り子がドラゴンステップ(敵の炎&光耐性を下げる特技)を使いながら戦えば、戦士が与えるダメージも増えていいんじゃない?」という内容。

 原稿を書いている現時点では、まだバージョン3.0前期なのでチャージタックルなどの特技調整は行われていませんが、ダメージ量についてはそんなに変化がないかなと思い、少し強ボスで試してみました。

 炎か光、どちらかの耐性を下げられれば、それだけで戦士の与えるダメージが50%も上昇します。写真では、通常1000ほどのダメージが1533ダメージになっています。耐性低下が効いているあいだに、6回前後は戦士に攻撃ターンが回ってくるので、総ダメージ的にはアリな気もします。

 もちろん、ドラゴンステップが効かない場合もあります。踊り子は、ヴァイパーファングなどで毒状態にした敵ならば、タナトスハントで大ダメージを与えられるので、その攻撃チャンスを減らしてまで、成功するかどうかわからないドラゴンステップを使うかどうかも悩ましいところ。

 毒が切れてヴァイパーファングを入れ直すときにドラゴンステップを使ってみるなど、タイミングも考える必要がありそうです。

 毒が効かない敵を相手にする場合には、踊り子のアタッカー能力はそれほど高くないので、チャージが溜まり次第ドラゴンステップを使っていくなど、サポート寄りに動くのが正解だと思います。

 あとは、敵が複数いるときは、ドラゴンステップで耐性低下→アポロンのオノで“オノむそう”という流れが強力でした。

 結論としては、「強ボスクラスの敵では弱すぎて(冒険者側の攻撃が強すぎて)、いろいろ調べる前に戦闘が終わってしまう」という印象(笑)。

 やはり耐性低下によるダメージ量の上昇や戦闘時間に関する影響を調べるなら、ダークドレアムなど強敵相手に何回か挑戦してデータを取らないと結論は出せないような気がします。

 ですが、敵が複数いるバトルや、味方がたくさんいるパーティ同盟では、調査する必要もなく、アポロンのオノ&ドラゴンステップは優秀な組み合わせと言えますよね。踊り子が1ターンを費やすだけで、与えられるダメージ量が飛躍的にアップすることになりますから。

 踊り子は“ステップ”で各種属性を低下させられるので、今後新たに何らかの“属性付きの武器”が追加されたら、それに応じて人気のパーティ編成も大きく変わってきそうですね。

 俺はしばらく踊り子をメインに使い続けていくつもりではありますが、バージョン3.0後期で追加された宝珠の効果次第では、いまごろ別の職業を満喫しているかもしれません。タイガークローとか氷結らんげきとかの宝珠が……あればいいなぁ(笑)。

 それでは、また次回!

●お知らせ
Windows版『ドラゴンクエストX』のベンチマークソフトはこちらからダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら

●過去の『DQX』プレイ日記 ~ジーラの放浪録~はこちら
第40回第39回第38回第37回第36回第35回第34回第33回第32回第31回第30回第29回第28回第27回第26回第25回第24回第23回第22回第21回第20回第19回第18回第17回第16回第15回第14回第13回第12回第11回第10回第9回第8回第7回第6回第5回第4回第3回第2回第1回

●過去の『DQX』プレイリポート(第1回~第100回)はこちら


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 Wii UWii U / PCWindows / WiiWii
発売日 サービス中
価格 30日間1000円[税込] ※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●ネットワーク対応 ●Wii UベーシックセットまたはWiiで遊ぶ場合は16GB以上のUSBメモリー必須 ●バージョン1『目覚めし五つの種族』、バージョン2『眠れる勇者と導きの盟友』、バージョン3『いにしえの竜の伝承』は各3800円[税抜](各4104円[税込])(※Wii版はパッケージ版のみ)●バージョン1とバージョン2がセットになった『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』は4800円[税抜](5184円[税込])(※Wii U版とWii版はパッケージ版のみ)●バージョン3『いにしえの竜の伝承』をプレイするには、バージョン1&バージョン2、または『オールインワンパッケージ』のソフトおよびプレイ用レジストレーションコードが必要です ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 3DSニンテンドー3DS
発売日 サービス中
価格 30日間 1500円[税抜](1620円[税込])※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●ネットワーク対応 ●ソフト価格は3800円[税抜](4104円[税込]) ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●専用ダウンロード番号、60日間利用券引き換えコード、特典アイテムコード、ポスター、ふくびきカード付き ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX dゲーム版
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 AndroidAndroid
発売日 サービス中
価格 10日間 650円[税抜](702円[税込])※詳細は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-FiまたはLTE対応 ●対応機種は『DQX』公式サイト(http://www.dqx.jp/)をご確認ください ●プレイにはdocomo回線およびSPモードの契約が必要です ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力

(c)2012-2015 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※データはすべて2015年6月23日時点のものです。