クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
シリーズ最新作のテーマは第二次世界大戦。さまざまな視点から戦いを生き抜くシングルプレイのほか、ひとりの兵士として大戦に参戦するマルチプレイヤーモードを搭載。
発売日
2018年11月20日
価格
7800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
FPS・TPS
メーカー
エレクトロニック・アーツ
詳細を見る

バトルフィールド V(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
9

土のうを積んだり、窓に板を貼りつけたりと、“陣地構築”が新たな戦略性としておもしろい。敵の手榴弾を投げ返したり、射撃で弾き返したりできるようになり、攻防の駆け引きがさらに広がった印象。マルチプレイは、スポット機能やチーム移動の仕様が変更され、接戦システムが導入されるなど、ファンには戸惑う部分も。分隊行動の重要さが強化されたものの、ソロプレイには多少のきびしさもあるか。

週刊ファミ通1566号より

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
8

久しぶりの第二次世界大戦ものですが、戦場のグラフィックが美麗で臨場感がある。シングルプレイは、さまざまな局面を体験できるのがグッド。マルチプレイは、体力回復や弾薬補給の重要性が増し、衛生兵や援護兵が活躍できるようになっています。反面、分隊行動ありきのバランスなので、そこは好き嫌いが分かれるかも。女性兵士の存在が過度に目立つようになったところは、少し気になりました。

週刊ファミ通1566号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

圧巻のグラフィックで描写される戦場は臨場感抜群で、ヒリヒリした緊張感をリアルに感じられる。オムニバス形式の“大戦の書”は、よくある戦争ものとは違う切り口の物語もあり、興味をそそる内容。プレイのコンセプトがそれぞれ異なるのもいい。マルチプレイは、分隊の仲間との連携が重要な作りで、おもしろみがある。そのぶん、単独行動が従来よりきびしくなった印象で、若干敷居が高くなった気も。

週刊ファミ通1566号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
8

大戦史に埋もれているような戦いを個人的な視点で綴った、複数のキャンペーンシナリオが目新しい。ゲーム的な展開はそこまで大きく違いませんが、それぞれの物語に心が動かされました。マルチプレイヤーでは、分隊での協力の重要度が増し、連帯感が味わえる一方、まとまって行動するのが難しい場面もあり、“野良”では遊びづらさを感じることも。バトルロイヤルなどの追加コンテンツに期待。

週刊ファミ通1566号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
シリーズ最新作のテーマは第二次世界大戦。さまざまな視点から戦いを生き抜くシングルプレイのほか、ひとりの兵士として大戦に参戦するマルチプレイヤーモードを搭載。
発売日
2018年11月20日
価格
7800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
FPS・TPS
メーカー
エレクトロニック・アーツ
詳細を見る

バトルフィールド Vに関連

すべて見る

バトルフィールド Vに関連

すべて見る
  1. 1
    漫画『ジョジョの奇妙な冒険 クレイジー・Dの悪霊的失恋』の第1話が公開中。ホル・ホースと東方仗助、ふたりのスタンド使いが邂逅するスピンオフ作品
  2. 2
    任天堂旧本社の社屋を利用したホテル“丸福樓”が4月に開業決定。本日(1/20)より宿泊予約を開始。既存棟は当時の建築様式や内装を活かした空間に
  3. 3
    【ウマ娘】サクラチヨノオーはサクラ軍団の悲願を達成したダービー馬だった。現役時代の活躍やゲームの元ネタを紹介
  4. 4
    『MOTHER』モデルの“G-SHOCK”が本日(1/20)11時より抽選販売開始。文字盤に『MOTHER』のロゴと“SMAAAASH!!”のドット文字がプリント
  5. 5
    『TERA』が4月20日をもってサービス終了。スク水アバターブームを牽引した(?)MMORPGが11年近い歴史に幕