2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。カプコンブースで行われたロックマンのステージをリポートする。

 2018年9月20日(木)から9月23日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ2018。ここでは、9月23日にカプコンブースで行われた『ロックマン11 運命の歯車!!』ステージをリポートしよう。

 連日ステージイベントが実施され、会場を賑わせている『ロックマン11 運命の歯車!!』。TGS2018の最終日となる23日のステージには、なぜか『ロックマンX アニバーサリー コレクション』のシリーズプロデューサーの野中大三プロデューサーとロックマン ユニティの管理人ウッチー氏が登壇した。本作のプロデューサーである土屋和弘プロデューサーは、野中プロデューサーによると「ゲームショウあるあるの所用で出られなくなった」との含みのある発言。その理由は後ほど判明することになる。

画面左から野中プロデューサー、ウッチー氏

 野中プロデューサーとウッチー氏の自己紹介もほどほどに、会場では『ロックマン11 運命の歯車!!』の最新映像を紹介。

 最新映像が終わると“所用で出演できない”と言われていた土屋プロデューサーがおもむろにステージへ登壇。来場者が「あれ!?」と思うなか、土屋プロデューサーはうちわのように見えなくもないものを持ちながら「暑かったので、涼みに行ったらすごいものをいただいてしまったので、登場が遅れてしまった」とコメント。

土屋プロデューサー(写真左から2番目)

 その手に持っていたのは、何と“日本ゲーム大賞・フューチャー部門賞”受賞のステッカー! たしかに、最終日のこの時間はメインステージで日本ゲーム大賞 2018“フューチャー部門”発表授賞式が実施されていた。土屋プロデューサーがステージイベントに間に合わなかったのは、発表授賞式に出席していたためだったのだ。


 土屋プロデューサーは『ロックマン 11 運命の歯車!!』が“日本ゲーム大賞・フューチャー部門賞”を受賞したことを改めて来場者に報告し、「皆さんのご支持のおかげでございますので、本当にこの場を借りて皆さんにお礼を言わせてください、ありがとうございます」とうれしそうにコメントした。

 そして、初公開となる実機でのラバーマンステージにウッチー氏が挑戦することに。ウッチー氏は「わたくしのプレーに酔っていただければと思います。ちょっと意味が違うかな」と意気込みを語った。

 ラバーマンステージでは、いたるところに風船があるので、勢いロックマンはずっと跳ね続ける必要があり、細かい操作が必要に。そんな中、ラバーマンステージのギミックを紹介しながら、随所で新システム“ダブルギア”を使って進んでいくウッチー氏の見事な腕前と言ったら!

 ウッチー氏の華麗なデモプレイが披露されたあとは、最後に現在配信中の体験版やスターターガイドブックなどを封入したコレクターズ・パッケージなど最新情報が公開された。

 なお、先日現在開発中の『デビル メイ クライ 5』とのコラボレーションが明らかにされたばかりだが、「『ロックマン』ファンなら大爆笑するようなすごいクオリティーの作りこみになっている」との土屋プロデューサーのコメントも聞かれた。

 最後に登壇者から締めの挨拶が口にされてステージイベントは幕を閉じた。『ロックマン』に対する想いがあふれるアツいコメントだ。

 「『ロックマン』は今年で30周年ということで、去年のゲームショウから私も参加しまして、いろんなことをやってきました。ライブも開催したり、『アニバーサリーコレクション』もたくさんの方に遊んでもらっていますが、30周年のクライマックスは『ロックマン 11 運命の歯車!!』です。皆さん、最後まで30周年盛り上がっていきましょう。今日はありがとうございました」(野中プロデューサー)

「誰よりも『ロックマン 11 運命の歯車!!』を楽しみにしているひとりだと自分は思っています。10月4日、ついに、ついにみんなのところに、自分のところにも『ロックマン』が帰ってきます。ですのであと少しです、いっしょに盛り上げていきましょう。本当はここでお礼の土下座をしたいのですが、ちょっと10月4日まで我慢して。ぜひいっしょに盛り上げていきましょう。ありがとうございます」(ウッチー氏)

 「『ロックマン』30周年に向けて、最新作をやっぱり作るべきだし、それまでに名作揃いの『ロックマン』を全部遊べるべきだし……ということで、『クラシックコレクション』リリースしたりと、死にものぐるいで走ってきた数年間でしたが、いまこういう形で皆さんの笑顔の前に立てていることが本当にゲームを作っている立場の人間として、本当に幸せです。そして皆さまのご支援によって今日、“日本ゲーム大賞・フューチャー部門賞”受賞という結果もいただいております。皆さまの気持ちを大阪に持って帰って10月4日を皆さんといっしょに迎えたいと思いますし、今後に向けて何をすべきかも考えていけたらなと思っております。引き続き『ロックマン』シリーズをよろしくお願いいたします。ありがとうございました」(土屋プロデューサー)