東京ゲームショウ2018のカプコンブースにて行われた『ロックマン11 運命の歯車!!』のステージイベントの模様をお届け。トーチマン役を演じた小西克幸さんによる実機プレイの行方は!?

 2018年9月20日から9月23日まで、千葉の幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2018(20~21日はビジネスデイ)。本稿では、一般公開日の1日目となる9月22日にカプコンブースにて行われた『ロックマン11 運命の歯車!!』のステージイベントの模様をお届けする。

トーチマン役の小西克幸さんがトーチマンとのボス戦に挑戦!

 ステージには、土屋和弘プロデューサーと“ロックマン ユニティ”管理人のウッチー氏のほか、スペシャルゲストとしてトーチマン役の声優・小西克幸さんが登壇。本作のゲームシステムや新ボス・新ステージを、実機でのプレイを交えつつ紹介してくれた。

左:土屋和弘プロデューサー、右:ウッチー氏。

 イベントがスタートすると、まずは土屋プロデューサーとウッチー氏が登場。最新映像を画面に映しながら、『ロックマン11 運命の歯車!!』の魅力を紹介してくれた。

※紹介映像はビジネスデイ1日目のステージでも流されていますので、こちらの記事もいっしょにご覧ください。

 土屋プロデューサーによると、本作ではシリーズの原点に立ち返り、それぞれのステージボスの属性が子どもにもわかりやすいように意識して作られているという。シリーズの醍醐味でもある“どのステージから攻略するか”を考えるうえでの指標にしてほしいと語った。

 また、本作からの新要素“ダブルギアシステム”についても紹介された。ロックマンのスピードを高めることによって相対的にまわりの動きが遅く見える“スピードギア”とロックマンの攻撃力を一時的に高める“パワーギア”、そしてロックマンがピンチのときのみこれらを同時に使える“ダブルギア”を駆使してステージを攻略する。ちなみにこれらは、プレイ中に解放するものではなく、最初から使えるようになっているとのことだ。

 ここで、スペシャルゲストの人気声優・小西克幸さんが登場! いっしょにロックマンも登場し、しばし写真撮影タイムに……と思ったのもつかの間、ロックマンはすぐに退場していってしまった。

 ここからは、小西さんと本作についてのトークを展開。自他ともに認めるゲーマーである小西さんだが、アクションゲームは苦手だという。『ロックマン』シリーズの思い出について尋ねられると、「とにかく難しかった」とコメント。しかし、だからこそ何度もくり返し挑戦し、スレージの攻略順を工夫するなど、“やりこむこと”を覚えたゲームだと語った。

 また、『ロックマン』関連の作品では『ロックマンエグゼ』シリーズの火野ケンイチ(通称:ヒノケン)以来の出演だそうで、本作で演じたトーチマンについて訊かれると、トーチマンのキャラクターについて“熱血真面目アウトドアボーイ”と称しつつ、「オリジナル拳法が強いんじゃあ」と、ボスとしての強さもアピールした。

 そんな小西さんはトーチマン以外にも担当したキャラクターがいるそう。「誰だかわかる?」と会場に問いかけると、すぐさま「ラッシュ!」と回答が。

土屋プロデューサーいわく、ラッシュの演技は完璧だったそうで、加工なしのそのままの声が使われているそうだ。ちなみに、サンプルボイスが公式サイトで聞けるようになっている。

 続いては、小西さんに実際に本作をプレイしてもらうことに! まずはヒューズマンのステージをプレイ。

ヒューズマンのステージは、落とし穴がひとつもないかわりに電流のあいだを縫って進むようなギミックが組み込まれており、パズルゲームのような感覚とのこと。

 さっそくプレイを始める小西さんは、アクションゲームは苦手と言っていたものの、順調にステージを攻略していく。途中、ことあるごとにラッシュを呼び出し、会場の笑いを誘った。

 ヒューズマンのステージは途中までとなっており、ヒューズマンとのバトルはお預けとなった。その代わり、ということではないかもしれないが、ご自身の演じられたトーチマンとのバトルステージが用意されていた。
 トーチマンは本当に強いらしく、前日にすこしプレイしたというスタッフがひとりもクリアできなかったということを小西さんが暴露。「そんなものをゲストにやらせる!?」不満を漏らす小西さんだったが、MCのお姉さんに説得される形でプレイすることに。

 トーチマンの攻撃を華麗にかわすシーンも多く見られたが、息つく間もないほどのトーチマンの猛攻をすべてはしのぎ切れず、徐々にダメージを負ってしまう。ロックマン、トーチマンともに体力が残り少なった終盤、満を持してダブルギアを発動するも、直後に攻撃を食らってしまいゲームオーバーに。

 かなり惜しかっただけに悔しそうな小西さん。「もう1回やらせて!」と言うや否や、答えも聞かずに再挑戦を始めてしまった。「この後の時間なんて知らない」と完全にマジモードになった小西さんは、1戦目の経験を活かし、トーチマンの猛攻をスピードギアで遅くすることで避けてみせた。

 1戦目と同じようにお互い体力が少なくなり、ダブルギアを発動。トーチマンがジャンプしたのを冷静に確認し、チャージを開始。ゆっくりと着地するタイミングに合わせ、ファイナルチャージショットを発射。見事に止めを刺し、トーチマンに勝利! 会場を大いに盛り上げた。

 プレイ終了後、小西さんは「相手の攻撃パターンを覚えたり、攻撃を誘発させたりといったテクニックがなくても、スピードギアがあれば初心者でも比較的簡単にプレイできる。昔からのファンはもちろん、始めてプレイする方でも楽しめる」とコメントした。

 ここからは、限定版の特典などのインフォメーションがアナウンスされた。『デビル メイ クライ 5』とのコラボのほか、『モンスターハンター フロンティアZ』とのコラボも行われることが発表された。

 また、オリジナルサウンドトラックの情報がアナウンスされると、ここでロックマン役を演じる福原綾香さんからビデオメッセージが。オリジナルサウンドトラックには福原さんが歌うイメージソング『RM11』も収録されるとのことだ。また、ロックマンについて「ロックマンの心の中の優しさからあふれるエネルギーを意識して演じた」と語ってくれた。

 このビデオメッセージを最後に、イベントは終了の時間に。最後に土屋プロデューサーから「ロックマン30周年に最新作を発売できて光栄です。待っていてくれたファンの皆さんにご満足いただけると自信を持っておりますので、あと少しだけ待っていてください」とメッセージが。ウッチー氏からも「待ちに待った新作です。いろいろな人に感謝を伝えたい。私も楽しみにしているファンのひとりです。」とコメントをいただき、ステージは幕を閉じた。『ロックマン11 運命の歯車!!』は、現在体験版が好評配信中。興味がある人はいますぐNintendo Switch、プレイステーション4、Xbox Oneでダウンロードしてみよう。