東京ゲームショウ2018のカプコンブースで開催された、『ロックマン11 運命の歯車!!』のステージリポートを掲載。新しく2体のボスが公開されたほか、ロックマン役を務める福原綾香さんが実機プレイを行った。

 2018年9月20日から9月23日まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2018(20日・21日はビジネスデイ)。本記事では、カプコンブースで行われた『ロックマン11 運命の歯車!!』のステージイベントの模様をリポートしていく。

 ステージには、本作のプロデューサーである土屋和弘プロデューサーと、ロックマン ユニティの管理人ウッチー氏が登場。イベントの冒頭にはまず、このゲームショウで初公開となる最新映像が公開された。

左から土屋和弘プロデューサー、ウッチー氏。

 映像には、初公開となるツンドラマンとアシッドマンの姿も。過去に公開されたラバーマン、パイルマン、トーチマン、ブラストマン、ブロックマン、ヒューズマンを加えて、8ボス全員がついに揃い踏みとなった。
 ツンドラマンは氷を操るボスキャラクターで、氷に包まれたステージに待ち構える。ボス戦ではアイススケートのようなアクションでロックマンを攻撃する場面も確認できた。アシッドマンステージは研究所のようなデザインをしており、触れたらいかにもダメージを受けそうな液体がロックマンの行く手を阻む。

 土屋プロデューサーは、「スピードギアとパワーギアを使うダブルギアシステムが本作の注目ポイントです」とゲームの魅力をアピール。さらに「エンディングでは誰が土下座をするのかにも注目です。私も誰が土下座するのか知りません(笑)」と冗談混じりに語った(過去作では、だいたいのエンディングでDr.ワイリーが土下座をしている)。

つぎのコーナーでは、本作でロックマン役を務めた声優の福原綾香さんが登場。

福原綾香さん(写真左)。ロックマンも応援に駆けつけた!

福原さんはゲームショウに初参加らしく、「おもしろそうなゲームがたくさんありますが、ひと際輝くブルーのロックマンがいちばんです」とコメントした。

 ステージでは、ボイスの収録時のエピソードを語るコーナーに。ロックマン役を決めるにあっては、オーディションではなくカプコン側から福原さんへオファーを送ったと土屋プロデューサーが語った。オファーを受けた福原さんは、「歴史がすごくあるタイトルで、たくさんのファンがいらっしゃるので、私が演じることで楽しんでいただけるのだろうか、というプレッシャーはありました」とオファー時の印象をコメントした。

 ロックマンを演じるうえで気をつけたこととしては、「ロックマンは、純粋で優しさもある正義のヒーローであることがわかるように演じました」と語る。「テストのボイスを聴いたときに妙に納得して、新時代のロックマンが来た! と思った。福原さんにお願いして本当によかった」と土屋プロデューサーはコメントしており、開発陣からのリクエストはとくになかった模様。
 
 福原さんは「ロックマンってこんなにもシリアスなストーリーなのねと、台本を見て思いました。そのほかの印象としては、愛着が湧くキャラクターのモーションとグラフィックがいいですね。ハシゴを上るロックマンがすごくかわいいです」と、ゲーム内容についての印象を語った。

土屋プロデューサー曰く、「ロックマンのほか、重要キャラクターはすべてボイス入りです。個性豊かな声優陣が担当しているので、こちらにも注目してほしいです」とのこと。

 続いては、本作の実機プレイを披露。ウッチー氏が操作方法をレクチャーしたあと、福原さんがブロックマンステージに挑戦した。あまりゲームをしない福原さんは最初こそ操作に戸惑うものの、ロックマン以外の時間の流れが遅くなる“スピードギア”を巧みに使い、難所をクリアーしていった。また、本作には3つのゲームモードがあり、そのうちのニューカマーモードは、落とし穴に落ちても仲間のビートが拾い上げてくれてミスにならないという親切な設計になっており、アクションビギナーも安心。福原さんもニューカマーモードでプレイしていたので、ビートの手助けを受けて安心安全にステージを攻略していった。

 ステージの最後には、インフォメーションとして本作の限定版などの最新情報が公開された。コレクターズ・パッケージには、『ロックマン』シリーズの設定解説や本作の攻略記事が書かれたスターターガイドブックと、A1サイズの特製描き下ろし布ポスターが同梱。さらに、Nintendo Switch版には、ロックマンのamiiboもついてくる。amiiboは単品でも発売されるので、プレイステーション4版を購入する人でも単品で購入できる点がうれしいところだ。

 カプコンの通販サイト、イーカプコンでは、コレクターズ・パッケージにさらなる限定グッズをプラスしたコンプリートエディションも発売される。こちらには、クリアソフビ貯金箱やアニバーサリーアクリルキーホルダーを始めとした豪華なグッズが同梱される。

 さらに、現在開発中の『デビル メイ クライ 5』とのコラボレーションも公開。『デビル メイ クライ 5』のネロの武器であるデビルブレイカーのひとつとして、ロックバスターが登場する。

 続けて、オリジナルサウンドトラックを2018年11月14日に発売することを発表した。原作のBGMやSE集に加えて、サウンドトラック限定のアレンジ曲など、多数の楽曲が収録される。加えて、福原綾香さんが熱唱する『ロックマン11 運命の歯車!!』のイメージソング『RM11』の収録も発表された。イメージソングの収録について福原さんは、「“ロックマンのキャラクターソング”ではなくイメージソングを私自身が歌うということで、オファーをいただいたときは、すごく光栄でした。誰かの立場になって歌うというよりも、ロックマンといっしょに戦ってきた皆さんとの絆の歌になればいいなと思っています」とコメントした。

 最後に登壇者はそれぞれ、

「『ロックマン11 運命の歯車!!』の役が決まってからの反響も多かったですし、このステージに立たせていただいて、改めて『ロックマン』はたくさんの方に愛されているすばらしい作品なんだなと思いました。これから発売となりますが、私くらい初心者の方も楽しめますし、これまで『ロックマン』といっしょに歩んできた人も遊べますので、お手に取ってみてください」(福原さん)

「久しぶりの新作ということで、いっしょに運命の歯車を回していただければと思います。自分自身も楽しみにしているひとりなので、いっしょに盛り上がりましょう」(ウッチー氏)

「『ロックマン』の誕生から30周年の記念イヤーということで、8年ぶりの完全新作として皆さまにお届けできることになったことを光栄に思っています。私もひとりのファンとして、開発者として絶対的な自信の内容になっています。発売日までもう少しですので、期待して待っていただければと思います」(土屋プロデューサー)

 と、気持ちを語り、ステージは終了となった。

 『ロックマン11 運命の歯車!!』は現在体験版が好評配信中。

 興味がある人はいますぐNintendo Switch、プレイステーション4、Xbox Oneでダウンロードしてみよう。