今日は『スプラトゥーン』発売から3周年! ステージもスペシャルウェポンも違った、3年前のイカ世界を振り返る

2015年5月28日に、Wii Uで初代『スプラトゥーン』が発売されてから、今日(2018年5月28日)で3周年!

 2015年5月28日に、Wii Uで初代『スプラトゥーン』が発売されてから、今日(2018年5月28日)で3周年! Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)の続編『スプラトゥーン2』は、2017年7月21日発売ですから、約10ヵ月と経過となります。

 初代『スプラトゥーン』はまだまだサービス現役ですが、『スプラトゥーン2』に主戦場を変えた人や、『スプラトゥーン2』からシリーズに入った人にとっては、懐かしい&知らないものも多いのではないでしょうか。そんな初代『スプラトゥーン』をちょっと振り返ります。

『スプラトゥーン』3周年に合わせていろいろ振り返ってみよう

『2』に登場していないステージ

 たとえばステージ。アロワナモールやタチウオパーキングなど、若干形を変えて『2』に登場しているものもありますが、初代『スプラトゥーン』にしか存在していないステージもあります。その一例がシオノメ油田やデカライン高架下。

シオノメ油田は北と南に広場があり、ナワバリバトルでは、どちらを先に確保するかといった戦略の違いがありました。

デカライン高架下は、途中で大幅改修が行われたステージ。改修の事前告知があり、回収期間中は、ゲーム内に登場しなくなるといった、現実の工事のような雰囲気も。

 ほかにも、ネギトロ炭鉱、ヒラメが丘団地、マサバ海峡大橋、キンメダイ美術館、マヒマヒリゾート&スパ、アンチョビットゲームズなどのステージが『スプラトゥーン2』には未登場。『スプラトゥーン2』は現状でもかなりステージが多いと思いますが、懐かしのステージをプレイしたい気持ちもちょっとある。今後、改修されて登場する可能性はあるのか!?

キンメダイ美術館。

マヒマヒリゾート&スパ。

アンチョビットゲームズ。

ガチマッチは当初ガチエリアだけだった!?

 ガチマッチは、発売直後はプレイできず、Twitter上で溜まっていく“ガチメーター”が一定ラインを超えると解禁ということで、2015年6月2日に解禁されたのでした。ちなみに、最初に遊べたガチマッチは“ガチエリア”のみ。その後、2015年7月2日にガチヤグラ、2015年8月15日にガチホコバトルが解禁に。『スプラトゥーン2』でガチエリアの塗っている状況がわかるようになりましたが、ガチヤグラにはカンモンがなかったり、ガチホコショットが変わっていたりと、振り返ると進化がわかりますね。なお、ガチマッチの最初のウデマエ上限は“A+”。その後、“S”と“S+”が加わっています。

【速報】『Splatoon(スプラトゥーン)』、明日6月2日午前11時からガチマッチ解禁&新ブキ&ステージ追加決定!

Wii U用ソフト『Splatoon(スプラトゥーン)』のオンライン対戦用モード、“ガチマッチ”の解禁、及び新ブキ&ステージの追加日時が、2015年6月2日午前11時からに決定したことが、『スプラトゥーン』公式Twitterで明かされた。

リスクが少なかったスペシャルウェポン

 初代と『スプラトゥーン2』の大きな違いのひとつに、スペシャルウェポンの一新がありました。ちなみに、初代にあったスペシャルウェポンは↓。

  • バリア
  • ボムラッシュ
  • スーパーショット
  • スーパーセンサー
  • メガホンレーザー
  • トルネード
  • ダイオウイカ

 なかには、ボムラッシュからボムピッチャーと、多少の変更に留まったものもありますが、ほぼ一新。『スプラトゥーン2』のスペシャルウェポンよりは、遠く離れた位置から攻撃できるスーパーショットやトルネードなど、倒される危険性がなく攻撃できるものが多かったように感じます。メガホンレーザーのような直線の攻撃が『スプラトゥーン2』でハイパープレッサーになったり、プレイヤーが移動しながら攻撃するダイオウイカがイカスフィアになったりと、原型のようなイメージもありますね。

当てれば一撃で倒せた、スーパーショット。

無敵状態で相手に突っ込めたダイオウイカ。

周囲の味方におすそ分けができたバリア。

直線状の攻撃ができるメガホンレーザー。

 そのほか、違いを挙げればキリがありませんが、抜粋の抜粋で懐かしいポイントを振り返ると、↓のような感じ。

  • マップはWii U GamePadに表示されていた
  • ハイカラニュースのパーソナリティーがシオカラーズだった
  • 舞台となる街はハイカラシティ(ハイカラスクエアから2駅分)
  • ロブがクツ屋の店員だった
  • リーグマッチがなく、タッグマッチがあった
  • プライベートマッチとタッグマッチは2015年8月6日からの追加だった

シオカラーズのハイカラニュース。フェスもシオカラーズがふたつの陣営に分かれて勝負していました。ちなみに、最終的に勝ったのはホタル。その結果、『スプラトゥーン2』のヒーローモードで……。

お店のスタッフは、初代『スプラトゥーン』から『スプラトゥーン2』でほぼ一新(ブキチはそのまま)。ロブは独立しました。

 そんな初代『スプラトゥーン』を振り返る、もしくは知るには、下の開発者インタビューがオススメです。また、次ページには、『スプラトゥーン』の歴代映像をまとめてみました。こちらも合わせてご覧ください。あと、『スプラトゥーン』発売から1周年の動きをまとめた記事もあるので、そちらを読むと、当時の盛り上がりなどがわかるかも?

『Splatoon(スプラトゥーン)』発売1周年! 記事とお祝いツイートで振り返る、『スプラトゥーン』の1年

1周年にあたる本日(2016年5月28日)も、さまざまな発表が行われた『Splatoon(スプラトゥーン)』。ファミ通.comに掲載された『スプラトゥーン』の記事で、『スプラトゥーン』の1周年を振り返る!

『スプラトゥーン』インタビューまとめ

目指すはゲッソー超え! 任天堂の期待作『Splatoon(スプラトゥーン)』、誌面未公開部分も含む開発者インタビュー完全版

任天堂の完全新作として、話題を呼んでいるWii U用ソフト『Splatoon(スプラトゥーン)』。本作の開発の中心を担う、3名の開発スタッフにインタビューを行った。本インタビューは、週刊ファミ通に掲載されたものの完全版。誌面で未公開だった部分も追加しているので、本誌で読んだ方ももう一度読んでいただきたい。

スプラトゥーン』発表後、発売前のインタビュー。大ヒット前のインタビューは貴重かもしれません。

すべては長く楽しんでもらうために。多くの裏設定話も飛び出した、『Splatoon(スプラトゥーン)』開発スタッフインタビュー【システム編】

『Splatoon(スプラトゥーン)』3本立てロングインタビュー! その1は、発売後の反響やヒーローモード、裏設定などを聞いた“システム編”。

機能を表現するデザイン手法。キャラクター、ブキ、ギアのデザインに迫る、『Splatoon(スプラトゥーン)』開発スタッフインタビュー【デザイン編】

『Splatoon(スプラトゥーン)』3本立てロングインタビュー! その2は、特徴的なデザインや世界観、各キャラクター&ブキ、ギアの秘話を聞いた“デザイン編”。

架空のバンド、アイドルを想定して作るBGM。シオカラーズ、インクの音のこだわりも訊く、『Splatoon(スプラトゥーン)』開発スタッフインタビュー【サウンド編】

『Splatoon(スプラトゥーン)』3本立てロングインタビュー! その3は、人気の高いBGMや、こだわって作られたインクの音といった効果音について聞いた“サウンド編”。

システム編、デザイン編、サウンド編の3編のロングインタビュー。初代『スプラトゥーン』に隠されたイカ世界の秘密が盛りだくさんです。

『Splatoon(スプラトゥーン)』サントラのマスタリングを直撃取材! 『シオカラ節』の歌詞などをサウンドスタッフにインタビュー&トラックリスト初公開

世界中で“イカ旋風”を巻き起こしている、Wii U用ソフト『Splatoon(スプラトゥーン)』ファミ通.com編集部では、『スプラトゥーン』のサントラのマスタリングが行われると聞き、取材を行うべく、都内某所のサウンドスタジオへ向かった!

『Splatoon(スプラトゥーン)』シオカラーズのライブCDミキシング現場を直撃! サウンドスタッフ、アレンジ担当大山氏のインタビュー&トラックリスト公開!

発売から1年以上経過してもなお、“イカ旋風”を巻き起こし続けているWii U用ソフト『Splatoon(スプラトゥーン)』。闘会議2016とニコニコ超会議2016で行われた“シオカライブ”の模様を収録したライブアルバムのミキシング現場に潜入した。

サウンドスタッフの皆さんには、サントラの発売に合わせたインタビューも行っています。町中のBGMにもものすごいこだわりが隠されていたりするので、本当に驚きます。

『Splatoon(スプラトゥーン)』インタビュー――プロデューサー野上氏に訊く、スプラトゥーン甲子園への想いと今後のこと

2016年1月31日、千葉・幕張メッセで開催された、ゲーム実況とゲーム大会の祭典“闘会議2016”にて、“スプラトゥーン甲子園”が幕を閉じた。熱戦と涙の中で閉幕したスプラトゥーン甲子園を終えた感想、そして総括の中でイカ研究員が話した今後の展開について、プロデューサーの野上恒氏にお話をうかがった。

『Splatoon(スプラトゥーン)』プロデューサー野上氏に訊く、ラストフェス、第2回スプラトゥーン甲子園への想いと今後の展開

 2015年5月の発売から、1年以上経過しても、いまだなお多くのユーザーがプレイをしている、Wii U用ソフト『Splatoon(スプラトゥーン)』。そんな『スプラトゥーン』の最近の展開を振り返るとともに、これから行われる第2回スプラトゥーン甲子園への想いや今後の展望について、プロデューサーの野上恒氏にお話をうかがった。

プロデューサーの野上さんへのインタビュー。ラストフェスや、公式大会“スプラトゥーン甲子園”のお話なども聞いています。