『モンスターハンターダブルクロス』が待ちきれない! ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaは開店時には120人以上の行列が【『MHXX』発売日リポート】

本日カプコンのニンテンドー3DS用ソフト『モンスターハンターダブルクロス』が発売。ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaも開店前から長い行列ができておりました!

●『モンスターハンターダブルクロス』で秋葉原も燃えた

 本日(2017年3月18日)、カプコンのニンテンドー3DS用ソフト『モンスターハンターダブルクロス』が発売された。ここでは、ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba(ヨドバシAkiba)の発売日の模様をお届けしよう。

 『モンスターハンターダブルクロス』の発売日対応ということで、当日は午前8時に開店することが明らかにされていたヨドバシAkiba。記者が開店1時間前の午前7時にお店に足を運んで見ると、行列はすでに25人ほど。予約がふつうになって、ダウンロード販売も一般的になったこのご時世にあって、これだけ早い時間から人が並ぶというモチベーションの高さは、『モンスターハンター』シリーズに対する愛なのだろうなあ……と思いつつ、行列の最初に並んでいた方にお話を聞いてみると、午前5時50分くらいにお店に来たとのこと。なんでも、今日午後11時ころまで仕事があって、余裕がないので、朝並んで購入することにしたらしい。購入後は、そのまま会社に直行するのだとか……。ああ、スーツ姿はそのためでしたか。にしても、仕事前に朝早くから並ぶとは、なんたる情熱。

▲午前7時の段階では行列は25人ほど。最初は玩具新製品を求める方も同じ列に並んでいたのですが、ほとんどが『モンスターハンターダブルクロス』目当てでした。

 その後、しばし取材していると、少しずつ人が増えていき、7時30分には50人ほどに。そのころになると徐々に街も賑やかになりはじめ、通行人の数も増えていった。「この列何だろう?」と訝しそうな顔をして通行人の方が通り過ぎていくのは、行列取材の風物詩とも言える。街が動き始めると、『モンスターハンターダブルクロス』目当ての方も増えていき、気持ちよい感じで列に吸い込まれていった。午前7時55分の段階で、行列は120人ほど。

▲街が動き始めるのに合わせて、店頭も賑やかになってきた。

 そして午前8時になると、ヨドバシAkibaの店員さんの「これから、『モンスターハンターダブルクロス』を発売します!」との掛け声とともに、お客さんたちは6階のゲーム売り場に移動。「待ちに待った!」という感じで、ゲームソフトが手渡されていった。購入した方に話を聞いてみると、ハンター歴10年以上というベテランさんも多く、「これから友だちと集まって遊ぶんです」と、うれしそうに話してくれる方も。いよいよ今日から、『モンスターハンターダブルクロス』での狩猟が解禁されるわけです!

▲午前8時の開店とともに、6階のゲーム売り場に誘導。早朝販売も慣れたもので、このへんのヨドバシAkibaのオペレーション力はさすが。お客さんはほとんど待たされることなくソフトを購入。

▲19歳の学生さん。シリーズは『モンスターハンター3rd』からプレイし始めたとのこと。『モンスターハンタ-』シリーズの魅力は「ひとりででもできるし、友だちと協力して遊ぶのも楽しい」とのこと。

▲お父さんと、19歳と12歳の息子さん仲よく親子で3本購入。お父さんが『モンスターハンター3(トライ)』で遊んだのをきっかけに、家族で遊ぶようになったとのことで、仲よしでうらやましい。

▲チャージアックス使いで、前作では弱体化していたのが、体験版を遊んでみて、今回は強くなっているのでは……と期待しているとのこと。

▲「友だちと喜びを分かち合えるのが、『モンスターハンター』のよさ」という、狩猟笛使いのハンターさん。

▲10年以上にわたって『モンスターハンター』シリーズをプレイ。いちからプレイしてどんどん強くなっていけるところが醍醐味とのこと。

▲19歳で『モンスターハンター2nd』からプレイ。『モンスターハンターダブルクロス』では、復活したモンスターを楽しみにしているらしい。

【『モンスターハンターダブルクロス』発売日リポート関連記事】
『モンスターハンターダブルクロス』祝発売! 開発陣&『モンハン』好き芸人が“狩猟解禁”をカウントダウン――ドスギアノスの復活も明らかに
『モンスターハンターダブルクロス』コアファンからカップル、仲よし親子がソフトを求めに池袋に集結!
『モンスターハンターダブルクロス』開発陣が店員になってお出迎え! 各地の発売記念イベントをリポート!