『ブレイブルー クロノファンタズマ エクステンド』発売記念、森Pインタビュー! 最新作から発表されたばかりの“あーくれぼ2015”についてを直撃

2015年4月23日発売となったアークシステムワークスの人気対戦格闘ゲーム最新作『ブレイブルー クロノファンタズマ エクステンド』の森プロデューサーインタビューを掲載。

●待望の新世代機対応で発売!

 2015年4月23日発売となったアークシステムワークスの人気対戦格闘ゲーム最新作『ブレイブルー クロノファンタズマ エクステンド』(以下、『BBCPEX』)。今回は、発売を記念して同作のプロデューサーである森氏のインタビューを敢行。ゲーム内容から2015年に開催される関連イベントまでをうかがったぞ。

アークシステムワークス
森利道氏
『ブレイブルー』シリーズのプロデューサー。ストーリーモードのシナリオの執筆に加え、キャラクターデザインも手掛けている。

セリカとラムダが加わり、現在アーケードで好評稼動中のバージョンに準拠した対戦バランスで楽しめる。
 また、ストーリーモードには追加シナリオの“EXTEND”ストーリーや“リミックスハート出張版”などが新たに収録されている。

[関連記事]ブレイブルー特設サイト(ゲーム最新情報から小説・コミック無料公開まで)
[関連記事]『ブレイブルー クロノファンタズマ エクステンド』が発売決定!
[関連記事]リミックスハート出張版を収録! PS Vita版の発売も決定!!
[関連記事]店舗特典用描き下ろし完成イラストが公開!
[関連記事]エンディングテーマのアーティストが“SCREEN mode”に決定
[関連記事]新ネットワーク機能“マイルーム”とギャグシナリオの一部を公開!
[関連記事]最新PVが公開! オリジナル店舗特典追加も決定
[関連記事]ファミ通オリジナルカラーの全バリエーションを紹介

――いよいよ最新作『ブレイブルー クロノファンタズマ エクステンド』が発売となりました。開発を終えたいまのお気持ちを教えていただけますか?

森 利道氏(以下、森) プレイアブルだけでも28キャラクターと、だいぶキャラクターが増えたという印象ですね。あとは、やっぱりストーリーのボリュームがすごいことになったなと。人気キャラクターの過去の物語が描かれた新シナリオ“エクステンド”ストーリーに加えて、“リミックスハート出張版”、もちろんおなじみの“ギャグシナリオ”も新たに書き下ろしました。

――ストーリーモードの追加部分は、どのくらいのボリュームなのでしょうか?

 エクステンドストーリーには、ココノエ編、カグラ編、バレット編の3つが入っていて、さらにリミックスハート出張版、そしてギャグシナリオもあるので、追加分だけでも合計10時間くらいあります。本編と合せると、合計40時間くらいですかね? 格闘ゲームとしては異例のボリュームだと思いますよ。

――それはすごいボリュームですね

 エクステンドストーリーの中では、個人的にはココノエ編がオススメです。ココノエを中心に、ライチやアラクネの話も出てくるので、ぜひプレイしてほしいですね。

※『ブレイブルー クロノファンタズマ エクステンド』新シナリオ“ココノエストーリー”の情報が公開

森氏がとくにオススメする追加シナリオのココノエ編。のちにアラクネへと変貌してしまうロイの姿も。

――リミックスハート出張版はどのような内容になっているのでしょうか?

 リミックスハート出張版には、ゲームオリジナルのストーリーを2本収録しています。エピソード1はマイとカジュンのキャラクター紹介を兼ねたお話。エピソード2ではノエル・マコト・ツバキを加えた5人、“美少女探偵団 リミックスハート”が大活躍するストーリーをお楽しみいただけます。学園モノの定番……“学校の怪談”は必見ですよ!

――マイとカジュンの紹介から入ってくれるのであれば、コミックを読んだことがない人でも楽しめそうですね。

 『リミックスハート』のキャラクターは人気があるんですよ。ユーザーさんからタロ(※)を出してほしいという声をたくさんいただいています。みんなかわいいかわいいって(笑)。

※士官学校時代にジンのルームメイトだったキャラクター

――コミックでマイと少しいい感じになったキャラクターですね(笑)。

 今回タロは出ていないんですけどね。まあでも、リミックスハート出張版をプレイして興味を持ったらコミックも読んでいただけるとうれしいですね。マイはとくにかわいいので、ぜひ見ていただけると。『リミックスハート』単体で1度何かやりたいという思いもありますので、そういった声があればぜひよろしくお願いします。