クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
島根県の観光PRを兼ねたミステリードラマの制作をすることになった貧乏映像作家の八雲凛太朗が、行く先々で殺人事件に遭遇。関係者との会話を参考に、事件の謎に迫る。
発売日
2020年07月30日
価格
6800円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
角川ゲームス
詳細を見る

Root Film(ルートフィルム)(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
8

“マックスモード”を含め、アドベンチャーゲームのシステムとしてはよく見るタイプだが、キャラの立ち位置やカット割り、カメラのパンやズーム、顔検出機能風のコマンド選択など、フィルムを題材にした作品だけあり、画として臨場感のある演出がいい。さまざまな犯罪トリックや二転三転のどんでん返しが多数盛り込まれ、ミステリーの幕の内弁当的な作り。ドラマを観るように楽しめる手軽さが魅力。

週刊ファミ通1651号より

ウワーマン
ファミ通公式 Switch
8

連作短編ミステリーのような作りになっており、各話はけっこう短め。それゆえに、適度なテンポで犯人との対峙もあり、長編とは別種の楽しみがありますね。何より、ダレることなく遊べるのが好印象。島根の人気スポットや日本神話にちなんだ小ネタを散りばめた物語は興味深く、魅力的。キーワード集めと推理モードのおかげで、自分で捜査と推理をしている気分をしっかり味わえるのがいい塩梅。

週刊ファミ通1651号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

移動先や会話相手、調べる場所などを選択して物語を進めるのは、アドベンチャーとしては昔ながらの形式ではあるものの、場面に合わせてキャラの立ち位置や構図が変わるなど、見せかたが凝っているのがいい。島根の多数の実在スポットを訪れることも相まって、臨場感が高まります。ストーリーはサクサク進む印象だけど、真相に迫る高揚感や驚きもあり、ミステリーの魅力がしっかり詰まっている。

週刊ファミ通1651号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
8

定番の、立ち絵が並ぶスタイルではなく、一枚絵の中にキャラクターがいるという魅せかたがナイス。フルボイスかつ、各章で異なる事件が解決される流れで、サスペンスドラマを観ているかのよう。島根の実在の名所も登場し、旅気分を味わえるのも楽しいね。クライマックスでは、調査で得たキーワードを使い、相手を問い詰めるバトルに。解決は比較的スムーズだけど、ひねられた展開もあってニヤリ。

週刊ファミ通1651号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
島根県の観光PRを兼ねたミステリードラマの制作をすることになった貧乏映像作家の八雲凛太朗が、行く先々で殺人事件に遭遇。関係者との会話を参考に、事件の謎に迫る。
発売日
2020年07月30日
価格
6800円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
角川ゲームス
詳細を見る

Root Film(ルートフィルム)に関連

すべて見る

Root Film(ルートフィルム)に関連

すべて見る
  1. 1
    漫画『ジョジョの奇妙な冒険 クレイジー・Dの悪霊的失恋』の第1話が公開中。ホル・ホースと東方仗助、ふたりのスタンド使いが邂逅するスピンオフ作品
  2. 2
    『コール オブ デューティ』のプレイステーションへの今後の方針をXboxトップのフィル・スペンサー氏が明かす。既存の合意分は維持、フランチャイズの展開も当面は継続か
  3. 3
    【ますますマンガで分かるFGO】今回のテーマはスキル演出の早送り。漫画231話“高速化”が公開
  4. 4
    Switch/Steam『百年王国』が2月3日に発売。北欧神話やギリシャ神話の巫女とともに、100年かけて文明を築き上げるシミュレーションゲーム
  5. 5
    『ちいかわ』×ドン・キホーテのコラボグッズが2月5日より販売。ちいかわたちがドンペンの帽子を被ってさらにかわいく!