クロスレビュー

平均

9.3
1998年に発売されたオリジナル版のシステムやグラフィック、物語を再考証した作品。獰猛なゾンビが徘徊するラクーンシティの惨劇が、新たな恐怖と臨場感で描かれる。
詳細を見る

バイオハザード RE:2(PS4)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
9

当時かなりやり込んだ作品ですが、まさにうまい具合に、現代風の作品として生まれ変わっています。過去の記憶を頼りにプレイしたら、油断をして手強くなったゾンビにビビらされたり、快適になったユーザーインターフェイスに満足できたりと、懐かしさと新鮮さの両方を高いレベルで堪能。レオンとクレアが交差するシナリオの絶妙さも、改めてよくできているなぁと感心! いいリメイクですね。

週刊ファミ通1572号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

おおまかな物語などはオリジナル版に沿いつつも、背中越しの視点になり、暗がりの中、シームレスのマップを探索するのは手に汗握る体験で、プレイ感覚は別物に。ゾンビの脅威が増した以外に、細かな構成や敵の登場タイミングなども異なっていて、オリジナル版を遊んだ人にも驚きをもたらす内容なのが○。アイテムの取りこぼしなども確認できるマップの機能が便利で、探索がスムーズなのもナイス。

週刊ファミ通1572号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
10

時代とハード、シリーズの積み重ねを反映した再構築で、リメイク作品の新基準となり得るクオリティーに感服。ゾンビへの対応に歯応えを持たせつつ、アイテム不要のセーブや洗練されたUIなど遊びやすい設計で、探索に集中させてくれます。音による演出も見事で、感覚が研ぎ澄まされ、深い没入感を得られました。ふたりのシナリオが交差するザッピング的エッセンスも、形を変えて息づいています。

週刊ファミ通1572号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 PS4
9

“暗さ”が強調されたステージと、それを照らすライトの幽かな光の演出、そして少なめに設定されたアイテムの所持上限が、探索に緊張感をもたらす。ゾンビ自体も手強いが、じわじわ染みてくる“怖さ”が印象的。ビハインドビューや、日本語ボイス対応、シームレスに進む探索と、遊びやすさもアップしている。その一方で、謎解き自体のヒントは少なく、詰まると同じ場所を何度も行き来することも。

週刊ファミ通1572号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

9.3
1998年に発売されたオリジナル版のシステムやグラフィック、物語を再考証した作品。獰猛なゾンビが徘徊するラクーンシティの惨劇が、新たな恐怖と臨場感で描かれる。
詳細を見る

バイオハザード RE:2に関連

すべて見る

バイオハザード RE:2に関連

すべて見る
  1. 1
    『ウィッチャー3』が発売された日。250以上のゲームアワードを獲得したゲーム史に残る名作ファンタジーRPG【今日は何の日?】
  2. 2
    【ポケモンSV】ふしぎなおくりもの一覧。配布シリアルコード、あいことばまとめ【スカーレット・バイオレット】
  3. 3
    『ゲームセンターCX』第28シーズンが4月25日より放送開始。記念すべき第1回の放送は『ドラゴンクエスト2 悪霊の神々』を前後編でお届け
  4. 4
    『龍が如く7』は進化を続け、自動バグ発見どころかほぼ全自動のバグ取りシステムを構築。これぞ無職から勇者に成り上がるデバッグだ!【CEDEC 2020】