シリーズ最新作は、テニスシステムを一新。さらに新ショットの“ねらいうち”や“ラケット破壊”なども加わり、シンプルな操作でより奥深い勝負の駆け引きが楽しめる。
発売日
2018年06月22日
価格
5980円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
スポーツ
メーカー
任天堂
詳細を見る

マリオテニス エースのレビュー・評価・感想

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
8

シリーズ同様、実際のテニスの醍醐味を上手にゲーム化している。とくに本作は、攻撃要素の“ねらいうち”、“ラケット破壊”、対する防御要素の“加速”、“ブロック”という新システムが追加され、攻防の駆け引きがより強化。テニスゲームとしての戦略性が昇華した印象がある。ストーリーモードはテニスを題材にしたアクションRPG風で、各ギミックに目新しさも感じられるし、やり込み甲斐は十分。

週刊ファミ通1541号より

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
8

従来の、シンプルな操作で奥深い攻防が楽しめるシリーズの長所は健在なうえ、エナジーゲージを使った“ねらいうち”や“加速”などの新要素の導入により、駆け引きの幅がさらに広がっている。手持ちのラケットがすべて破壊されるとKO負けになるルールは、刺激的ではあるけれど、好みは分かれそう。ストーリーモードや、Joy-Conをラケットに見立てた直感的な操作が可能なスイングモードの存在も○。

週刊ファミ通1541号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

エナジーゲージを消費して発動できる各種アクションが加わったことで、通常のテニス部分以外でも駆け引きが生じるのが熱い。ストーリーモードは、若干きびしめに感じるところもあるけど、ステージごとに多彩なギミックが登場し、頭を使わされておもしろい。スイングモードのプレイは、コツをつかむのに慣れが必要かもしれないが、打ち分けなどがしっかりでき、全体的にやり応えのある内容です。

週刊ファミ通1541号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
9

ジャイロ操作でピンポイントを“ねらいうち”できるのが画期的。ねらいうちを受ける側も、ラケットへのダメージを考慮して見送るか、無傷で打ち返すブロックを試みるかの駆け引きが生まれ、いい緊張感が持続する。エナジーゲージやショットが増えて少し複雑にはなったが、ストーリーモードの特殊なステージで遊びながら上達できる。スイングモードの大きいボールはフワフワで不思議なプレイ感覚に。

週刊ファミ通1541号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

シリーズ最新作は、テニスシステムを一新。さらに新ショットの“ねらいうち”や“ラケット破壊”なども加わり、シンプルな操作でより奥深い勝負の駆け引きが楽しめる。
発売日
2018年06月22日
価格
5980円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
スポーツ
メーカー
任天堂
詳細を見る

マリオテニス エースに関連

すべて見る

マリオテニス エースに関連

すべて見る
  1. 1
    PS4『新サクラ大戦』のお風呂イベント公開? 公式生放送で発表された新情報を総まとめ
  2. 2
    Nintendo Switch版『パワプロ』レビュー。思わず声が出る多人数プレイと新モード“トレジャー”を体験!
  3. 3
    ゴールデンボンバー・喜矢武豊さんは『FF14』のガチプレイヤー? 直撃取材を敢行!
  4. 4
    無数のゾンビと戦うPS4『WORLD WAR Z』日本語版、9月26日発売決定! 本日より予約開始、トレーラー&初回封入特典も公開
  5. 5
    『スーパーマリオメーカー2』でより深みを増す“つくる”と“あそぶ”。そのこだわりを手塚卓志プロデューサーに聞く【E3 2019】