2020年5月4日、Nintendo Switch用ソフト『マリオテニス エース』を使ったオンライントーナメント“Stay at Home Slam”が開催。

 これは、北米のIMG Tennisが主催するチャリティーマッチで、参加した選手全員に参加賞金が、さらにトーナメント優勝者には優勝賞金がFacebook社より贈られ、賞金はすべて新型コロナウイルス感染症対策のための基金に寄付されるというもの。

 このトーナメントには、錦織圭選手や大坂なおみ選手に加え、マリア・シャラポワ選手、セリーナ・ウィリアムズ選手など、トップテニスプレイヤーに、ミュージシャンのスティーヴ・アオキさん、モデルのヘイリー・ビーバーさんなどが参加。試合はすべてダブルスで進行し、『マリオテニス エース』で加わったスペシャルショットやラケットの破壊などのない、シンプルなルールて行われた。

 トーナメントの動画アーカイブは下記のリンクから観られる。参加者が楽しそうに『マリオテニス エース』をプレイし、錦織選手がときおり日本語や、マリオシリーズのキャラクターの声真似のようなパフォーマンスを見せる姿は必見だ。

『マリオテニス エース』オンライントーナメント“Stay at Home Slam”の視聴はこちら

 1回戦から“大坂なおみ選手 & ヘイリー・ビーバーさん”vs.“錦織圭選手 & スティーヴ・アオキさん”という豪華な組み合わせが行われていたが、ゲーマーとして知られる“錦織圭選手 & スティーヴ・アオキさん”ペアが、怒涛の快進撃。見事に決勝進出を決める。

錦織圭選手はディシーコングを、大坂なおみ選手はテレサを使っていた。

 決勝は、“錦織圭選手 & スティーヴ・アオキさん”ペアと、“テイラー・フリッツ選手 & アディソン・レイさん”ペア(アディソン・レイさんはTik Tokなどで人気のインフルエンサー)の勝負。途中、ネットワークのトラブルで仕切り直しになる場面などがあったものの、どちらも魅せるプレイで試合は白熱の展開に。最終的に、“テイラー・フリッツ選手 & アディソン・レイさん”ペアが勝利し、優勝を決めた。

『マリオテニス エース』(Switch)の購入はこちら (Amazon.co.jp)

※画像は、動画をキャプチャーしたものです。