クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
画面奥から流れてくるノート(アイコン)をタイミングよくタッチして音楽を奏で、主人公のDeemoと記憶喪失の少女の切なくも美しい物語を紡いでいく。収録曲は200曲以上。
発売日
2019年11月21日
価格
3980円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクション / アドベンチャー / 音楽
メーカー
UNTIES
詳細を見る

DEEMO -Reborn-(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
7

スマホ版をフル3D化し、さらに探索や謎解き要素が味わえるアドベンチャーパートが追加されたことで、より世界観が楽しめるように。全体的に落ち着いた作りで、派手さは薄いが、謎解きを含めてじっくりと楽しめる構成。操作に慣れれば、鍵盤を弾いているようなプレイ感覚が味わえる。とはいえ、タッチ操作を前提とした作品だけに、UIはコントローラ向きのデザインではなく、操作は少し慣れが必要。

週刊ファミ通1615号より

ウワーマン
ファミ通公式 PS4
8

“TV”と“VR”の両モードで、プレイ感覚がかなり異なるのに驚きました。謎解きのある探索は、VRだと定点カメラになるため、みずから動くTVモードのほうがそれっぽく感じたけど、演奏自体は圧倒的にVRに軍配。どちらかと言えば太鼓を叩くような雰囲気ですが、これを激しい演奏と思えるなら、気分はいっぱしのピアニスト。探索がわりと本格的なので、早く演奏したい人はもどかしく感じるかな。

週刊ファミ通1615号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

謎解きとともに物語を楽しめるアドベンチャーパートが加わり、世界観の表現が強化されているのが魅力。リズムゲームは、“TV”モードのボタン操作は、過去作のタッチ操作と比べ、ノートの位置と対応するボタンを判断する必要があり、ハードルがやや高まる。『DEEMO』らしさでもある、曲を自分で演奏しているかのような気持ちよさを味わうには、直感的に操作できる“VR”モードが断然オススメ。

週刊ファミ通1615号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
8

3Dで描かれるお城は幻想的で、よりストーリー性を感じられるし、木の成長を見て確かめる楽しさも。女の子が仕掛けを解くときなどに見せる仕草がまた愛らしい。“VR”モードで音楽ゲームをプレイすると、ピアノを弾く気分が味わえるね。鍵盤の位置の把握が多少ざっくりしていても、タイミングが合っていれば、それなりの演奏になるのがうれしい。ノーツが多い楽曲は、ちょっとした運動にもなる。

週刊ファミ通1615号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
画面奥から流れてくるノート(アイコン)をタイミングよくタッチして音楽を奏で、主人公のDeemoと記憶喪失の少女の切なくも美しい物語を紡いでいく。収録曲は200曲以上。
発売日
2019年11月21日
価格
3980円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクション / アドベンチャー / 音楽
メーカー
UNTIES
詳細を見る

DEEMO -Reborn-に関連

すべて見る
  1. 1
    一番くじ『ゴジラvsコング』が再販スタート。A賞はゴジラ造形の第一人者・酒井ゆうじ氏が原型、彩色を担当したゴジラのハイクオリティフィギュア
  2. 2
    『テイルズ オブ アライズ』の新アニメPVが制作中。リンウェル、ロウ、キサラ、テュオハリムの姿が描かれた先行カットを掲載!
  3. 3
    『RO』4次職は秋実装、Yggdrasillのアップデートで遊びの幅が拡充。20周年目前の運営チームインタビュー「地雷を踏み抜いてきました。今後も踏むくらいの勢いで」
  4. 4
    『原神』鍾離、タルタリヤ、甘雨、刻晴、魈をイメージしたフレグランスが登場。primaniacsオンラインショップで予約受付中
  5. 5
    『Death’s Door』死神のカラスが扉を越えて魂を狩り尽くすアクションアドベンチャー【とっておきインディー】