クロスレビュー

平均

9.8

6ユーザー

スコア

;">
7.2
多様な生物が棲息する新大陸を舞台に、強靭な武器や装備を身に着け、未開の地を切り拓いていくシリーズ最新作。最大16人の仲間とコミュニケーションを取ることができる。
発売日
2018年01月26日
価格
8980円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクション
メーカー
カプコン
詳細を見る

モンスターハンター:ワールド(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
9

引き込まれる導入部の演出を始め、動画による詳細なチュートリアル、使いやすい“サークルコマンド”など、本作から『モンハン』を始めようという初心者でも楽しめるように行き届いた配慮が◎。フィールドのシームレス化や、歩きながら回復などができるようになったことで、アクションのテンポもアップ。“ワールド”の名の通り、この世界を探索、冒険するのがより楽しめる内容に昇華したという印象。

週刊ファミ通1520号より

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
10

エリア間の移動がシームレスになったことで、狩りの臨場感が大幅にアップ。生態系がしっかり構築されていて、モンスターどうしの争いや捕食などが自然発生するのもグッド。“導蟲”によるモンスターの追跡を始め、移動しながらの回復など、さまざまな点が快適になっている。シングルはもちろん、マルチプレイの楽しさも言わずもがなで、まさに新世代の『モンハン』と呼ぶにふさわしい仕上がりです。

週刊ファミ通1520号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
10

ひと続きになっているフィールドで、没入感が途切れることなく狩りに熱中できるのが最高。多彩なモンスターが、そこで生態系を作り上げていることを感じさせてくれるところも○。クエスト中の目標へ導いてくれる“導蟲”の存在のほか、武器の派生やモンスターの弱点、破壊可能な部位など、多様な情報をゲーム内で確認でき、シリーズ未経験者でもわかりやすく遊べる作りになっているのもすばらしい。

週刊ファミ通1520号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
10

これまでのシリーズ作品から大胆に生まれ変わっていて、狩りがもっと楽しくなった。ナビをしてくれる“導蟲”はまさに画期的。痕跡をたどりながらモンスターを追うのはつねにワクワクするし、縦にも横にも広いマップには毎回出会いや発見がある。ストーリー性も色濃くなって、プレイヤーと受付嬢との二人三脚のドラマも華がある。システムも、細部まで便利かつわかりやすくなっているのはうれしい。

週刊ファミ通1520号より

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
10

新作に匹敵するほどの数々の要素が追加されていて、既存のプレイヤーが新鮮な気持ちで楽しめる内容となっているのが秀逸。とくに、モンスターにしがみつく新アクション“クラッチクロー”を始め、抜刀中にスリンガーが使えるなど、これまでにない立ち回りができるようになり、戦略の幅が広がった印象。また、極寒の地の描写も美しく、深い雪をかき分けながらモンスターを追い詰めていく高揚感は◎。

週刊ファミ通1605号より

ウワーマン
ファミ通公式 PS4
9

新天地の探索は、やはり胸が高鳴ります。拠点も増え、やることが一気に広がってうれしい悲鳴。“クラッチクロー”や新連携などの追加は、思った以上にアクションの幅を広げてくれてよかった。何より、新モンスターの狩猟がこのうえなく熱い。亜種たちの嫌らしい攻撃も、立ち回りを思案するだけで楽しくなってきますね。暗転程度で工房へ行けるなど、集会エリアも便利になり、満足できるはず。

週刊ファミ通1605号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

『アイスボーン』の部分は、本編よりもさらにやり応えと歯応えが増して、遊び尽くすのはたいへんさもあるけど、新天地の雪深いフィールドや、新たに遭遇するモンスターなどに心躍ります。任意のタイミングでモンスターへのしがみつきが狙える“クラッチクロー”の追加で、よりアグレッシブに狩りを行えるようになったのもグッド。本編とセットの“マスターエディション”は、お得な価格なのもありがたい。

週刊ファミ通1605号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
9

新フィールドは、雪景色や氷の表現が見事。エリアによって、趣も仕掛けも異なるので、探索が楽しい。新たなモンスターの生態や、その動きに驚かされることも。狩りは前作の延長線上ではあるけど、モンスターとの対峙は相変わらず熱いし、しがみつける“クラッチクロー”の登場で、立ち回りはさらにアクティブに。キャラたちにスポットを当てた物語が、先に進みたくなる原動力にもなっています。

週刊ファミ通1605号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

ゲーム評論家
PS4 2022-06-15 11:16:20投稿
2

良かった点
グラフィックが綺麗になりました。

悪かった点
マップが広く痕跡を集めたりなどなかなかターゲットのモンスターと
戦えないのはテンポが悪いと思いました。
敵に与えられるダメージが低くなかなか倒せず、逆にモンスターの攻撃では
すぐに倒されるなど、バランスも悪いと思いました。

総評
最初からターゲットの場所を分かるようにして欲しかったです。
もっと強い装備が欲しかったです。

モグモグ
PS4 2022-06-03 19:29:23投稿
2

良かった点
マップがシームレスになりグラフィックも綺麗になった

悪かった点
とにかくモンスターが硬すぎてテンポが悪く、攻撃アクションがもっさりで
爽快感がないのはつまらないと感じた。
また、装備は素材が必要だがなかなか手に入らないものが多く、
デザインもろくなものがないのは駄目だと思った。

総評
もう少しテンポの良いバランスにして欲しかったと思った。

フアミ君
PS4 2021-11-13 22:47:29投稿
10

良かった点
最新最強のモンハン シリーズの里程標のよう傑作だ!

悪かった点
オンラインプレイ時のマッチングが少し遅いかも、

総評
アクションゲームにも関わらず、シナリオモードではそのの重厚なストーリーに涙しました。最新最強のモンハン シリーズの里程標のよう傑作だ!

フアミ君
PS4 2021-11-13 22:38:15投稿
10

良かった点
最新最強のモンハン シリーズの里程標のよう傑作だ!

悪かった点
もっと新しいモンスターが欲しい、

総評
最新最強のモンハン シリーズの里程標のよう傑作だ!

ayanka141
PS4 2018-05-18 00:12:44投稿
9

良かった点
歴代のモンハンに大きく手を加えられていてどれも楽しくなっています。
ペイントを廃止し、マップ上で選択するだけでモンスターや採取ポイント等まで導いてくれる導虫。
ダメージの数値表示。
途中参加可能で、途中終了でも失敗にならなくなったクエスト。
作りたい武器防具の素材を取得時にお知らせしてくれるウィッシュ。
素材や弱点が記載された図鑑。
ほとんどのクエスト中にアイテムボックスが使用可能に。
毎日貰えるログインボーナス。

悪かった点
オンラインでの言語の壁の対抗策としてスタンプもチャットに表示できるが小さすぎてなんだかわからない。
現時点でのモンスターの設定がオンラインにした場合に2人程度ならソロで遊んだほうが良いほど強くなり、パーティープレイでアクションが苦手な人が楽しめない。
DLCクエストがクリア済み表示がされなくなった。
どんな狭い場所でもボスモンスターが追いかけてくるので場所によっても極端に難易度が上がることも。

総評
今回のテコ入れはかなり広範囲に大胆に変えられましたが、どれも良い感じになり、あっという間に200時間越えをするほど楽しめました。
フィールドアクションが豊富で楽しめるようになっただけに、アクション少なめな闘技場は楽しめなかったです。

Speck0
PS4 2018-03-05 12:46:48投稿
10

良かった点
このキャッチコピーは秀逸ですねレビューと言うかもう買ってない人の方が少ないんじゃないでしょうか?
・モンハンの本腰を据えての据え置き復活

・ロードがシームレスになり、シリーズ最大の高低差を持ち、シリーズ最大のオブジェクト数を持ち、かつ広さが従来の2.5倍のマップ

・そしてそれに伴ってモンスターハンター最大の特徴であるキャラクターやモンスターの緻密な動きもPS4になって拍車がかかってます

・スリンガーと言うベルセルク的なミニボウガンを常に左手に装備しており、これがゼルダの伝説で言うところの弓やフックショット的な役割を担い、高低差のあるマップもスイスイ移動できる

ストーリーも面白かった
ボリューム不足が否めないが
珠集めを上手いことやりこみ要素にしており
とりあえず飽きさせない作りになっている所も良いです

ところでカプコンはとわちゃんをCAPCOMTVとかで使う気はないのか?もっと見たいんですけど

悪かった点
・ボリューム不足
出てるモンスターの数自体は恐らく初期のモンハン以上だが、モンスターの弱さによる個体個体の存在感の薄さと、やりこみ開放系のモンスターがほぼおらず飽きる
特にバゼルギウスは非常にいいキャラだったのでもっと強くすべきだったと思う
グローバルを狙ったにしてはあまりにもモンスターが少なく
もうすぐアップデートでイビルジョーが追加されるらしいが今現在非常に中だるみ感がある
今後の無料アップデートに期待ですね

・モンスターを弱くしすぎではないか?
多分初心者を意識したんだろうが、初心者に「モンスターは簡単に狩れる物」と思われる事はモンスターハンターにとってあまりいいことではないだろうと思うし
用意できたモンスターが少ないのであればなおさら強くすべきだっただろうと思う
特にドスジャグラスの弱さは動物虐待レベルだった
試遊を設置している時から大丈夫か?と思っていたが案の定だった

・マップの広さと構成、モンスターのAIと動き
マップは多分もうちょっと広い方がいい
マップがリアルさにかけ、モンスターのAIも生きてる感じが表現できているとは言い難い
ここら辺は今後の課題ですね

あとボウガンの弾ですがなぜショットガンの弾になってるんでしょうか?
カラの実に戻してほしいです
モンスターハンターの世界ぶち壊しで非常に残念な点でした
ボウガンの弾をショットガンの弾にする事がグローバル化だとでも思ってるのか?
それは違うだろ

総評
2016年11月30日にFFXVが発売され3か月後…FFXVもぼちぼちやりつくしたなと思っていた頃
2017年の2月、任天堂Switchの発売日が1ヶ月を切ったところで仕様の全貌が明らかになり世界中に衝撃を与えてからほんの数日後の衝撃と興奮冷めやらぬ中
さらに任天堂ダイレクトをやると発表があった
しかもモンハン関連だと

「これは来たな」と信じて疑わなかった

モンハンと言えば言わずと知れた携帯機の王者、そして据え置き機にも携帯機にもなるSwitch
「なんて相性が良いんだ!まさしくSwitchはモンハンの為に生まれてきたようなハード!これにモンハンが加われば一気に任天堂は完全な覇者になるぞ!Switch関連の発表はありませんと注意事項があったがまさかまさか、そんなわけはない。このタイミングでこの告知で何もないってそんな馬鹿な話があるわけがない!任天堂らしいわかりやすいサプライズだなぁ」
と思いながら見るとそこで発表されたのはダブルクロスのみだった
愕然として膝から崩れ落ちたのを覚えている…
どちらとも超が付くほどの老舗ゲーム屋である任天堂とCAPCOMがこんな馬鹿な事をやるのか?俄には信じられん…
3DSが終わりでは無いことを言いかったんだろうが強引過ぎだろ

そしてそれから更に4か月後、6月のある日にふとファミ通のサイトを見ているとモンハン新作発表の記事が…
「ん?」と思いつつリンクしてある動画を見て硬直した
「モンスターハンターワールド?据え置きで完全新作?そんな馬鹿な!携帯の王者、第二の麻雀のモンハンがなぜわざわざ据え置きに?しかもSwitchじゃなくてPS4…いや売れるだろうけど大丈夫なのか?」と思ったのを今でも覚えている

内容としては
ボス級の敵も全く新しいモンスターと言うよりラオシャンロンやミラボレアスを彷彿とさせており
全体的に無印のモンスターハンターへのオマージュを強く感じました

まあとりあえず合格なんじゃないでしょうか?
ひとまずモンハンがあらゆる大きなリスクを背負って携帯機から据え置き復活を遂げてくれた事を喜びます

一方でモンスターの弱さとそれに伴ったボリューム不足感
各武器の種類不足、調整不足は否めないです
クシャルのリボルバーヘビィボウガンがないのも個人的にショックでした
あのオーブントースターの音をまた聞きたい

それとモンスターハンターワールドからPS4を買った人にはぜひファイナルファンタジーXVをオススメしたいです
確かに宣伝がめちゃくちゃで批判もあったけど
流石にモンハンとダブルスコアで溝を開けられる程ではないと思う
食わず嫌いな人はやってみるべき

クロスレビュー

平均

9.8

6ユーザー

スコア

;">
7.2
多様な生物が棲息する新大陸を舞台に、強靭な武器や装備を身に着け、未開の地を切り拓いていくシリーズ最新作。最大16人の仲間とコミュニケーションを取ることができる。
発売日
2018年01月26日
価格
8980円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクション
メーカー
カプコン
詳細を見る

モンスターハンター:ワールドに関連

すべて見る

モンスターハンター:ワールドに関連

すべて見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も
特設・企画