クロスレビュー

平均

9.0

ユーザー

スコア

;">
-
物語の舞台は、自然豊かなアローラ地方。一人前のトレーナーになるために4つの島を巡り、試練に挑戦していく中で、伝説のポケモン“ネクロズマ”の秘密に迫っていく。
発売日
2017年11月17日
価格
4980円 [税抜]
対応機種
3DS 他の機種を見る
ジャンル
RPG
メーカー
ポケモン
詳細を見る

ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン(3DS)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 3DS
9

『サン・ムーン』よりも出現するポケモンの数などが増え、遊び応えも昇華。物量も増したが誘導が丁寧で、つぎの目的地も含めて登場キャラたちが親切に導いてくれ、迷わず遊べる。エピソードも多くてわかりやすい反面、テンポがゆるやかで、冒険感は少々薄めに思えた。『サン・ムーン』でジムが“試練”に代わるなど、シリーズ過去作とは趣きが異なる変化は意欲的で◎。ただ、様式美が失われた寂しさも。

週刊ファミ通1511号より

乱舞吉田
ファミ通公式 3DS
9

『サン・ムーン』を基調としているものの、追加要素が非常に多く、トータルではかなりのボリューム感に。ネクロズマの秘密に迫る新しい物語は、シリーズ過去作とは一線を画すシリアスな内容で、『サン・ムーン』を遊んだ人も新たな気持ちで楽しめる。伝説のポケモンや悪の組織のボスが総登場する点も、ファンにはたまらない要素。携帯ゲーム機版『ポケモン』の集大成と言える内容に仕上がっていますね。

週刊ファミ通1511号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 3DS
9

ベースは『サン・ムーン』だが、過去作に登場したポケモンと出会えるうえに、謎めく集団“ウルトラ調査隊”が物語に絡んできたりと、新要素が序盤から随所に散りばめられているのが感じ取れる。“マンタイン”に乗ってのサーフィンも気持ちいい。伝説のポケモンがすべて出現するほか、シリーズ過去作のボスが集結して立ちはだかるといった集大成的な仕掛けは、歴代作品を遊んできた人ならばより楽しめるかと。

週刊ファミ通1511号より

本間ウララ
ファミ通公式 3DS
9

物語の大筋や島めぐりといった基本部分は『サン・ムーン』と同じだけど、冒険が楽しくなる新要素が満載。“ロトム図鑑”は、旅の相棒が増えたような感覚で和みます。珍妙なウルトラ調査隊とのやり取りや、ネクロズマの予兆は、『サン・ムーン』を遊んだ人にも新鮮に映るのでは。エピソードのボリュームもかなりのもの。サーフィンは本格的で、ワザを決めて高得点を狙うだけでなく、景品獲得にも燃えるね。

週刊ファミ通1511号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

9.0

ユーザー

スコア

;">
-
物語の舞台は、自然豊かなアローラ地方。一人前のトレーナーになるために4つの島を巡り、試練に挑戦していく中で、伝説のポケモン“ネクロズマ”の秘密に迫っていく。
発売日
2017年11月17日
価格
4980円 [税抜]
対応機種
3DS 他の機種を見る
ジャンル
RPG
メーカー
ポケモン
詳細を見る

ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーンに関連

すべて見る

ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーンに関連

すべて見る
  1. 1
    一番くじ『ゴジラvsコング』が再販スタート。A賞はゴジラ造形の第一人者・酒井ゆうじ氏が原型、彩色を担当したゴジラのハイクオリティフィギュア
  2. 2
    『原神』鍾離、タルタリヤ、甘雨、刻晴、魈をイメージしたフレグランスが登場。primaniacsオンラインショップで予約受付中
  3. 3
    『テイルズ オブ アライズ』の新アニメPVが制作中。リンウェル、ロウ、キサラ、テュオハリムの姿が描かれた先行カットを掲載!
  4. 4
    『RO』4次職は秋実装、Yggdrasillのアップデートで遊びの幅が拡充。20周年目前の運営チームインタビュー「地雷を踏み抜いてきました。今後も踏むくらいの勢いで」
  5. 5
    『Death’s Door』死神のカラスが扉を越えて魂を狩り尽くすアクションアドベンチャー【とっておきインディー】