クロスレビュー

平均

8.5

1ユーザー

スコア

;">
10
アーケードで稼働中のシリーズ最新作にして、主人公を巡る“蒼”の物語の完結編がついに登場。プレイアブルキャラクターが増えて、ストーリーも大幅にボリュームアップ。
詳細を見る

ブレイブルー セントラルフィクション(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
8

仮想スティックが表示できる“PRACTICE”モードは、対戦格闘ゲームの基礎から教えてくれる丁寧さ。ボタン連打でコンボが出せる“スタイリッシュ操作”と合わせて、初心者でも楽しめる作りが◎。さらに、カメラワークや演出にこだわりがあり、まるでアニメを観ているかのように展開されるストーリーモードも見応えがある。シリーズとしての目新しさは薄い印象もあるけれど、遊びやすく、安定したデキ。

週刊ファミ通1452号より

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
9

『ギルティギア イグザード レベレーター』と同様、ボリューム満点のストーリーを始め、トレーニングやネットワークなどのモードが充実。登場キャラ数も多く、完結編として納得の内容。バトルシステムは、2D対戦格闘ゲームの中ではトップクラスの多彩さで複雑。すべてを覚えて使いこなすのはかなりたいへんだが、極めた者どうしによるハイレベルな攻防と駆け引きのおもしろさは、本作ならではのもの。

週刊ファミ通1452号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

多数のキャラの追加で役者が揃い、シリーズの集大成にふさわしいデキ。新システムに加えて、新キャラの“ドライブ”も個性的で、対戦はさらにアツいものに。大ボリュームのストーリーモードや、キャラを強化しつつダンジョンを進む“グリムオブアビスモード”など、シングルプレイでもじっくり遊べる作りもうれしい。ネットワークの仕様の充実ぶりや、配慮の行き届いたトレーニングモードもすばらしい。

週刊ファミ通1452号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
8

トレーニングモードやチュートリアルが超充実。レバー入力が苦手でも、具体的なアドバイスのおかげで、安定して技が出せるようになったのはうれしい体験でした。ストーリーモードは、キャラが多くて話が込み入っているけど、前作の振り返りが任意で見られたりと、フォローは厚い。CGイラストもたっぷり。“グリムオブアビス”モードは、負け越しがちな序盤でもいくつかスキルが試せればよかったな。

週刊ファミ通1452号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

しゅくりむ
PS4 2016-11-20 00:03:43投稿
10

良かった点
キャラが多く、性格もゲーム中の操作的にも個性的かつ魅力的。
格闘ゲームらしくないくらい壮大なストーリー
声優さんのボイス量もかなりのもの。
チュートリアルが親切で、キャラの会話も楽しい。
プレイヤーマッチのルーム作成での家具が多いのでレイアウトが楽しい。
アバターの着せ替えやプレイヤーカードのカスタマイズも豊富。
スタイリッシュモードの操作が基本配置の攻撃方法基準になったのでテクニカルに移行しやすくなった

悪かった点
ストーリーでの専門用語が難しくってなかなか覚えられない&理解できない。
世界観に向いてるかそうでないかもあるのかも?
増えたキャラすべてをストーリーに絡ませるのがきつそうだった。(好きなキャラの出番の量で感想変わるかも?)
傍観者ってようするになんなんでしょう?(個人的には、なんとなくわかるけどイマイチしっくりこないというかわかりきってない感じ)
発売日付近だったせいもあるかもだけど、オンラインでのマッチングでレベル差を感じやすかった。

総評
ストーリーを楽しむにしても、格闘ゲームを楽しむにしても、キャラ愛に走るとしてもとても面白いです。
30を超える人数を入れて今までの伏線回収しながらよくストーリーまとめたなぁと思います。また、今までの作品は含みが多い、、「あおうか・あいつ・か・・・」とか、「まさかこれは!?・・いや、お前は知らなくていい・・」とか、こういう部分が多くて、ただでさえ専門用語で混乱しそうなのに考えさせられたり、、というかおあづけ部分が多すぎてヤキモキしましたが、今回は早い段階で答えやわかりやすいヒントが出ることが多くなったので物語を読んでてわかりやすかった印象です。

対戦部分もとても楽しんでいます。
オンラインでは相手の出方を探りつつ触ったらコンボ始動というような牽制しあっての勝負展開が多い感じ。勝ちにいくのだから当然なのですが。
強くなりたい、上を目指す人ならとても楽しめると思います。
アマネで50戦以上して3勝です。楽しいですよ?。。悔しいですよw
友人同士の勝負では、ボクのまわりは勝ちより内容にこだわるタイプなので、自分の取りたい行動の押し付け合いになります。
このキャラはこう動きたいというような、たとえばテイガーなら投げたいから歩いてプレッシャー与えてコンボなんか狙わず何が何でも投げに行くとか、アラクネで蟲呼びまくりたいとか、ヴァルケンハインで狼化してガロン(別ゲー)みたいに動きたいとか。または、とにかくこの技当てたい、マコトでインパクト狙いたいとか、とりあえず時止めたいとか。狙いが分かる反面、捌いたりあえてくらってどうするか見たりわいわいやるのが楽しいです。勝ち負けにこだわらないので殺伐としないのが友人同士では楽しい部分でしょうか。

キャラクターも魅力的なので、純粋にキャラ愛だったりストーリー考察したりして友人と話し合うのも楽しいですね。
ボクはアマネやカグラもイケメンっぷりが好きですね。
でもかわいいにの声が渋くてかっこいい獣兵衛が一番ですが。プレイアブル化まだですか?

ストーリー、キャラを育てて最深部を目指すアビスモード、テクニックを駆使するスピードスター、チャレンジモードなど一人でも十分楽しめるボリュームもあり、対戦ゲームとしてオンラインや友人と遊ぶも良しと、格闘ゲームとしてとても贅沢な作品だと思います。


後半の、やっと見せたレイチェルの「デレ」にはキュンとします♪

クロスレビュー

平均

8.5

1ユーザー

スコア

;">
10
アーケードで稼働中のシリーズ最新作にして、主人公を巡る“蒼”の物語の完結編がついに登場。プレイアブルキャラクターが増えて、ストーリーも大幅にボリュームアップ。
詳細を見る

ブレイブルー セントラルフィクションに関連

すべて見る

ブレイブルー セントラルフィクションに関連

すべて見る
  1. 1
    『ドラゴンクエスト』堀井雄二氏が“グリコのおもちゃ”を制作! ゲームにも活きるオマケ的発想の根源と『DQ』最新情報に迫る
  2. 2
    『ウマ娘』ローソンコラボキャンペーンが12月13日より開催。キタサンブラック、サトノダイヤモンドたちの限定クリアファイルがもらえる!
  3. 3
    【ポケモンSV攻略】最強のリザードンレイド対策&おすすめのポケモン【スカーレット・バイオレット】
  4. 4
    『ガンダム 水星の魔女』12月18日の放送は休止。第1クール最終回となる12話までの放送スケジュールを公開
  5. 5
    『ワールドトリガー』天羽月彦が適合した黒トリガーの情報などが公開。天羽が玄界人(三門市民)ということも公式TwitterのQ&Aで明かされる
特設・企画