2017年3月3日、ニンテンドースイッチ発売

Nintendo Switch本体の購入はこちら(Amazon.co.jp)

 2017年3月3日は、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)本体の発売日。本体と同時発売されたソフトは『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』、『1-2-Switch』など、ダウンロードソフトを含めると20本だった。

 ニンテンドースイッチは、2015年3月17日にまったく新しいコンセプトのゲーム専用機として、“NX”の開発コード名で発表。任天堂とディー・エヌ・エーの業務・資本提携に関する共同記者発表の中で、当時の任天堂社長・岩田聡氏か突如発表したものだった。

 ニンテンドースイッチの名称が公開されたのは、2016年10月20日。名称とともに、テレビへの接続だけでなく携帯機や本体のスタンドを立ててテーブルの上でも楽しめるというコンセプトや、本体着脱式のコントローラー(Joy-Con)などが発表され、世界中で話題となった。

 当時公開された映像には『スーパーマリオ』シリーズの新作(のちに『スーパーマリオ オデッセイ』と発表)、『スプラトゥーン』シリーズの新作(のちに『スプラトゥーン2』と発表)などが含まれ、さまざまな予想がとびかった。なお、そのBGMで流れていた曲、White Denimの“Ha Ha Ha Ha (Yeah)”は、覚えやすいメロディーと歌詞「ハハーン、ハハーン、イェー」でゲームユーザーのあいだで人気に(当時の映像は非公開になっているため、楽曲のオフィシャル映像を下記に掲載)。

 その後、発売日や仕様などの詳細が公開されたのは、2017年1月13日に開催された“Nintendo Switch プレゼンテーション 2017”。当時の任天堂社長・君島達己氏から本体の概要が説明されたあと、発表会の最後に公開されると思っていた発売日と価格がいきなり公開され、会場は大きなざわめきを呼んだ。なお、ざわめきを呼んだ要因としては、発表された発売日が同プレゼンテーションから2ヵ月未満だったこともあるだろう。

 また、その発表会の最後に公開されたのが『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の発売日だった。

2017年3月3日『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』発売

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の購入はこちら(Amazon.co.jp)

 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は、2014年のE3に合わせて配信された番組“Nintendo Digital Event”で発表。“ゼルダの当たり前を見直す”をコンセプトに、広大なフィールド、おなじみの緑の服ではないリンクが弓で敵を倒すシーンなどが公開された。

 その後、2015年3月の“もっとも完成度の高い究極のゼルダゲームにすることを第一優先にして”という発売延期の発表を経て、2016年6月のE3で、正式タイトルとゲームの詳細などが公開された。

 そして、オープンワールドとなって生まれ変わった『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が2017年3月3日に発売。未知の広大な世界(ハイラル)を踏破していく喜び、いくつもの解法が用意された祠など、これまでのシリーズとは一線を画すゲーム性は大きな評判を呼び、“The Game Awards 2017”ではゲーム・オブ・ザ・イヤーを含む3冠を獲得した。

 ちなみに、E3 2019では『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の続編が発表。髪を切ったゼルダの姿などが映った映像が公開された。発表以来新情報の公開などはなく、続報が待たれる。