エレクトロニック・アーツは、E3に合わせて開催中の“EA PLAY 2019”にて、『スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー』のゲームプレイ映像を公開した。

14分におよぶプレイ動画で超絶アクションを確認

 エレクトロニック・アーツは、2019年6月8日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスで開催中の“EA PLAY 2019”にて、2019年11月15日発売予定のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー』について、約14分にも及ぶゲームプレイ映像を公開した。

ファミ通.com“E3 2019”情報まとめ特設サイト

 ステージには、開発を担当するRespawn Entertainmentから、代表であるヴィンス・ザンペラ氏とゲームディレクターのスティグ・アスムッセン氏が登壇し、ゲームプレイ映像を公開した。約14分にも及ぶ映像では、主人公カルがウーキーを助けにいくまでにさまざまな要素が明らかになった。

ヴィンス・ザンペラ氏(左)とスティグ・アスムッセン氏(右)。

 シングルプレイに特化したアクションゲームとなる本作の時代背景は“エピソード3”直後。主人公は、オーダー66の粛清を免れたジェダイのパダワンであるカル・ケスティスで、ジェダイ・オーダー再建の望みをかけて、はるか昔に滅んだ文明の謎を探るべく、帝国の脅威が迫るなかジェダイの訓練を完了し、生き延びるために戦う。

 ウーキーの故郷キャッシークで、帝国に囚われたウーキーを開放するまでのミッションが公開された。ライトセイバーを使って弾をはじいたり、フォースで敵を引き寄せて攻撃するなど、ライトセイバーやフォースを使ったアクションがふんだんに披露された。愛らしいドロイドを使って扉を開いたり、ウォールランや二段ジャンプなども可能で、スキルはポイントを使用してアップグレードしていくようだ。また、クリーチャーとの戦闘も公開された。

背中にいるのは相棒・BD-1。周囲を調べたり、安全な場所への最短の道を探しTたり、戦いの傷を癒したりできる。
フォースを使って遠くの敵を引き寄せたり、吹き飛ばしたりできる。さらに、フォースで足場を作る、扉を壊す、ツタを引き寄せてジャンプするといったアクションも確認できた。
ライトセーバーで敵の弾を跳ね返しているシーン。スローモーション中に敵を引き寄せ、敵が撃った弾に敵を当てるといったプレイも。また、ライトセーバーは暗所での光源としても利用できるようだ。

※画像は配信番組をキャプチャーしたものです。

“EA PLAY 2019”そのほかの発表情報