2018年12月16日に“CygamesFes2018”内で実施された、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の7周年を記念イベント“7th Anniversary Memorial STAGE!!”の模様をお届けする。

 2018年12月15日、16日の2日間、千葉県の幕張メッセ2ホールにて開催されたサイゲームのコンテンツが一堂に会する大型リアルイベント“CygamesFes2018”。12日16日、オールコンテンツエリア内のメインステージでは、バンダイナムコエンターテインメントより展開中の『アイドルマスター シンデレラガールズ』の7周年を記念したイベント“7th Anniversary Memorial STAGE!!”が開催された。

 同イベントには、会沢紗弥さん(関裕美役)、藍原ことみさん(一ノ瀬志希役)、飯田友子さん(速水奏役)、神谷早矢佳さん(南条光役)、鈴木みのりさん(藤原肇役)、三宅麻理恵さん(安部菜々役)、森下来奈さん(鷹富士茄子役)、山本希望さん(城ヶ崎莉嘉役)、佳村はるかさん(城ヶ崎美嘉役)が出演。トークやライブに盛りだくさんの内容となったイベントの模様をお届けする。

 開演時間になると、ステージ内のスクリーンに、バンダイナムコエンターテインメントより2011年からスタートした『アイドルマスター シンデレラガールズ』の7年間の活動を振り返るダイジェスト映像が上映。プロデューサー(※『アイドルマスター』シリーズのファンのこと)たちは、アイドルたちがこれまで歩んできた軌跡を追懐していた。

 映像が終了すると、ステージには“ブランニュー・シーズンズ”の衣装に身を包んだキャスト陣が集結。さっそく『Starry-Go-Round』を披露すると、会場のプロデューサーたちは、ペンライトを振りながら大きな歓声を送るなど、開幕から会場のボルテージは一気にヒートアップ。

 続いて、キャスト陣によるセリフを交えた自己紹介が行われた後、オープニングで歌唱した『Starry-Go-Round』の話題に同曲は、先日開催された6thライブでも披露されたが、その際は手の振付のみだったのに対して、今回は全身で表現する振付を披露することができたと喜びを語っていた。その流れから、客席に6thライブにも来ていた人を確認してみたところ、多くに手が挙がり、キャスト陣は驚きつつもうれしそうな表情を見せていた。

6thライブのリポートはこちらから

 MCが終了したところで、飯田さん司会のもと、最初のコーナー“ダイスDEシンデレラ トーク”へ。内容は企画名のごとく、ダイスを振り、出目に書かれた質問にキャストが答えていくというもの。

 まず最初にダイスを振るのは、神谷さん。出た質問は、“一番の思い出”。神谷さんは、自身が初めて人前で歌唱することとなった“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS SS3A Live Sound Booth♪”(以下、SS3A)での『EVERMORE』のペンライトで染められた会場の光景がいまでも胸に残っていることを明かした。

 つぎに森下さんが、神谷さんと同じく“一番の思い出”を引き当てる。森下さんは鷹富士茄子役が決まってから、初めて収録でいっしょになった役者さんが、神谷さんと深川芹亜さん(喜多日菜子役)であったことを話しつつ、初対面であったものの居心地がよく、心地よく収録に臨めたと初収録時のエピソードを披露していた。

 続いて、7周年ということで、第7回シンデレラガールにも輝いた安部菜々役の三宅さんがダイスを振ることに。出た質問は、“ほかのキャストに聞いてみたいこと”。三宅さんは、みんなとより仲よくなるためには、それぞれにどんな話題を話せばいいのかと質問。

  各キャストがそれぞれ答えていくなか、佳村さんが、三船美優さん(声:原田彩楓さん)のソロ曲『Last Kiss』と答えると、すかさず鈴木さんも「私も好きです!」と賛同。さらに、鈴木さんは『Last Kiss』を1日20回は聞いていること明かしていた。その後も、しばらくの間、佳村さんと鈴木さんによる『Last Kiss』に関する愛溢れるトークが展開され、会場の笑いを誘っていた。ちなみに佳村さんが『Last Kiss』を挙げた理由は、歌詞に描かれている男性像についてみんなと語り合いたいからだそう。

 また、会沢さんがにっこりと「佐久間まゆです」、と回答すると、キャスト含めた会場全体から「あー」と思わず声が上がっていた(会沢さんは、佐久間まゆの担当プロデューサーであることを自身のブログなどで公表している)。さらに、本番が始まる前の楽屋裏で、三宅さんと会沢さんがプロデューサー名刺を交換していたことが飯田さんの口から暴露されると、会場は再び笑いに包まれた。

 コーナーは続き、鈴木さんが、“初めてのLIVE出演”という質問を引き当てると、自身初のライブ出演となった“SS3A”にて、初めてほかのキャストとふたりで歌唱したのが、原田彩楓さんであったことを明かす。しかも、原田さんとは同い年ということもあり、とても印象に残っているそう。さらに、その場で初めて『Last Kiss』を聞いて感動したことをキッカケに、朝起きてから夜寝る前まで1日20回は聞いているというエピソードも披露されるなど、三船美優と『Last Kiss』への溢れる想いを語っていた。

 そして、最後にダイスを振るのは会沢さん。引き当てた質問の内容は、先ほども話題に上がった、“私の担当(推し)アイドル”。質問を確認するやいないや、会沢さんはまゆへの愛を語り始める。まずは外見が好みと話した後、それ以外にアイドルにも全力で、恋にも全力な素敵な女の子であると、まゆのアピールポイントを存分に語っていた。また、鈴木さんから、先日の6thライブでまゆのソロ曲『マイ・スイート・ハネムーン』を同アイドル演じる牧野由依さんが披露している姿を見て、会沢さんが涙を流していたというほっこりとしたエピソードも語られた。

 続いて司会が山本さんに代わり、キャストが2チームに分かれてクイズ対決を行う“7th Anniversary メモリアルクイズ”のコーナーへ。各問題に正解することでポイントが加算され、最終獲得ポイントが多いチームに賞品として、ディズニーランドのチケットががプレゼントされることが明かされると、両チームとも俄然やる気に。

 キャスト陣がそれぞれ、三宅さん、会沢さん、神谷さん、飯田さんの、チーム“スマイル戦隊キスミン”、鈴木さん、森下さん、佳村さん、藍原さんのチーム“Last Kiss”に分かれた後、さっそく問題へ。各問題と答えは以下の通り。

第1問:幕張メッセが会場となったLIVEは、次のうちどれでしょう?
A.1stLIVE WONDERFUL M@GIC!!
B.2ndLIVE PARTY M@GIC!
C.3rdLIVE シンデレラの舞踏会 - Power of Smile -
D.4thLIVE TriCastle Story
答え:C

第2問:アニメ『アイドルマスター シンデレラガールズ 』第3話にて、島村卯月、渋谷凛、本田未央がステージに出た時のかけ声はなんでしょう?
答え:フライドチキン

第3問:これはジェスチャークイズです。司会者がジェスチャーで表現しているアイドルは誰でしょう?
答え:小日向美穂

第4問:このサインは、どのアイドルが書いたものでしょう?
答え:神崎蘭子

第5問:アイドルの中で一番背が高いのは諸星きらりですが、一番低いのは誰でしょう?
A.双葉杏
B.市原仁奈
C.横山千佳
D.脇山珠美
答え:C

 1問目、2問目は両チームとも難なく正解。第3問目のジェスチャークイズでは、山本さんが正解である小日向美穂を表現するため、美穂のソロ曲『Naked Romance』振り付けの一部を大げさに披露したり、“人差し指をクロスさせて×を形づくる”振付を再現するなど、会場を笑わせつつもナイスなヒントを与えていた。両者とも正解の小日向美穂を選んだが、チーム“スマイル戦隊キスミン”が美穂の“穂”の漢字を誤ってしまったため、不正解に。これでチーム“Last Kiss”チームが一歩リード。第4問目は、両チームとも正解。

 最後の問題に入る前に、このままだとチーム“スマイル戦隊キスミン”の勝利が無くなってしまうので、司会の山本さんによる特例措置で、第5問目に正解すると10ポイントが獲得できることに。しかしながら、5問目はベテランのプロデューサーも悩んでしまうほどガチ難易度のもの。両チームとも非常に悩んでいる様子だったが、“スマイル戦隊キスミン”がBで、“Last Kiss”がCと回答。見事正解のCを選んだ“Last Kiss”チームが勝利し、賞品の“ディズニーランドのチケット”が贈られた。

 クイズコーナーの後は、ライブパートへ。まずは、全員で『Snow Wings』を歌唱。その後、山本さん、佳村さんによる息ピッタリの『Twin☆くるっ★テール』を立て続けにパフォーマンスし、会場のボルテージをどんどん引き上げていく。続いて、森下さん、三宅さん、神谷さんによるラップ調の歌詞とロックなサウンドがかっこいい『Trust me』、藍原さん、飯田さん、佳村さんによる色気溢れる『Tulip』、会沢さん、鈴木さん、山本さんによるジャズ風な曲調が印象的な『イリュージョニスタ!』と、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の楽曲の幅の広さを見せつけていく。そして最後は再び全キャストによる『EVERMORE』と合計6曲が連続で披露された。

 イベントもそろそろ閉幕ということで、キャスト陣から挨拶が行われた後、ラストソングとして『お願い!シンデレラ』を全員で歌唱したところで、本ステージは終了となった。

 バンダイナムコエンターテインメントより展開中の『アイドルマスター シンデレラガールズ』もついに7周年を迎えた。最後のMCで佳村さんは、ソーシャルゲームが1年を迎えるのが難しい時代に、7周年を迎えれたことは奇跡と語っていた。それはもちろん、プロデューサーたちの応援があってこそだと思うが、ここまでの人気コンテンツに成長し、奇跡を実現できたのは、やはりキャスト陣の絶え間ない努力とがんばりがあってこそだと感じた。今回のイベントでも、彼女たちのパフォーマンスは安定してすばらしいものになっていたし、森下さんや神谷さんという新たな面々の全力のステージは、これからさらに経験を重ねていったらどれほどすごいものになるんだろうと大いに胸を高鳴らせてくれた。また佳村さんは、10周年の背中も見えてきたと語っていたが努力を続ける彼女たちならば、この先もプロデューサーたちとともに、さらなる高みへとたどり着けることだろう。

“アイドルマスター シンデレラガールズ 7th Anniversary Memorial STAGE!!”セットリスト敬称略
01.Starry-Go-Round(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
02.Snow Wings(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
03.Twin☆くるっ★テール(山本希望、佳村はるか)
04.Trust me(森下来奈、三宅麻理恵、神谷早矢佳)
05.Tulip(藍原ことみ、飯田友子、佳村はるか)
06.イリュージョニスタ!(会沢紗弥、鈴木みのり、山本希望)
07.EVERMORE(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
08.お願い!シンデレラ(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)