秋の夜長でライブも大ボリューム!? プロデューサーは大歓喜の『アイマス シンデレラガールズ』6thライブナゴヤドーム公演Day1リポート

2018年12月1日、2日、愛知県のナゴヤドームにて、『アイドルマスター シンデレラガールズ』のライブイベント“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 6thLIVE MERRY-GO-ROUNDOME!!!”が2日間に渡って開催。その初日公演の模様をお届けする。

 2018年12月1日、2日、愛知県のナゴヤドームにて、『アイドルマスター シンデレラガールズ』のライブイベント“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 6thLIVE MERRY-GO-ROUNDOME!!!”が2日間に渡って開催。その初日公演の模様をお届けする。

出演(敬称略)

  • 大橋彩香(島村卯月役)
  • 福原綾香(渋谷 凛役)
  • 原紗友里(本田未央役)
  • 青木瑠璃子(多田李衣菜役)
  • 朝井彩加(早坂美玲役)
  • 五十嵐裕美(双葉杏役)
  • 大空直美(緒方智絵里役)
  • 鈴木絵理(堀裕子役)
  • 鈴木みのり(藤原肇役)
  • 高田憂希(依田芳乃役)
  • 高橋花林(森久保乃々役)
  • 津田美波(小日向美穂役)
  • のぐちゆり(及川雫役)
  • 渕上舞(北条加蓮役)
  • 牧野由依(佐久間まゆ役)
  • 松井恵理子(神谷奈緒役)
  • 松嵜麗(諸星きらり役)
  • 松田颯水(星輝子役)
  • 和氣あず未(片桐早苗役)
  • 大坪由佳(三村かな子役)
  • 金子有希(高森藍子役)
  • 嘉山未紗(脇山珠美役)
  • 下地紫野(中野有香役)
  • 田澤茉純(浜口あやめ役)
  • 都丸ちよ(椎名法子役)
  • 原田彩楓(三船美優役)
  • 三宅麻理恵(安部菜々役)
  • 神谷早矢佳(南条光役)
  • 深川芹亜(喜多日菜子役)
  • 森下来奈(鷹富士茄子役)

 ステージ構成は先日行われたメットライフドーム公演と同じで、お城をイメージしたメインステージに加え、アリーナ席中央、後方にそれぞれサブステージを設営。さらにアリーナ席を囲むようにメリーゴーランド(※トロッコ)の通路が設けられていた。

始球式とともに『シンデレラガールズ』初の単独ドームツアーが開幕! 『アイマス シンデレラガールズ』6thライブ メットライフドーム公演1日目リポート

2018年11月10日、11日、埼玉県のメットライフドームにて、『アイドルマスター シンデレラガールズ』のライブイベント“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 6thLIVE MERRY-GO-ROUNDOME!!!”が開催された。

“夏の遊園地”をテーマしたライブは寒さに負けない最高にアツい盛り上がり! 『アイマス シンデレラガールズ』6thライブ メットライフドーム公演2日目リポート

2018年11月10日、11日、埼玉県のメットライフドームにて、『アイドルマスター シンデレラガールズ』のライブイベント“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 6thLIVE MERRY-GO-ROUNDOME!!!”が開催された。

最高にアツかった“冬の遊園地”! 『アイマス シンデレラガールズ』ニュージェネもあんきらもトライアドプリムスも大活躍の6thライブ ナゴヤドーム公演2日目リポート

2018年12月1日、2日、愛知県のナゴヤドームにて、『アイドルマスター シンデレラガールズ』のライブイベント“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 6thLIVE MERRY-GO-ROUNDOME!!!”が2日間にわたって開催。その2日目公演の模様をお届けする。

 アリーナ席開放時には収容人数が約5万人にもなるというナゴヤドームを埋め尽くすプロデューサー(※『アイドルマスター』シリーズのファンのこと)たち。プロ野球開催時でもなかなか見られない光景である。開演をいまかいまかと待ちわびていた彼ら彼女らは、MVが流れるたびに大音量のコールや手拍子を送ってテンションを上げまくっていた。

 そして、会場が暗転していよいよオープニングへ。モニターにロゴが映し出される協賛企業を一社ずつ会場全体で読み上げた後、恒例の千川ちひろ(声:佐藤利奈さん)のアナウンスが始まる。メットライフドームの2Daysでは春と夏の遊園地がテーマとなっていたが、今回は秋と冬の遊園地がテーマになるとのこと。初日は“秋”だ。秋の遊園地とは、いったいどんなアトラクションが待っているのだろうか……?

 今回もオープニングアクトとして、遊園地のスタッフに扮したダンサーたちが登場。彼女たちのダンスに導かれるようにキャスト陣もステージ上へ。そしていつものように「私たち、シンデレラガールズです!」の掛け声からライブが幕を開ける。

 『イリュージョニスタ!』を30人のキャスト全員で歌い上げた後、そのままひとりずつアイドルのセリフとともに自己紹介。そして再びライブパートへ。トップバッターは松嵜さん、金子さん、五十嵐さんのトリオで高森藍子のソロ曲『お散歩カメラ』。メインステージから花道を“お散歩”したり、カメラで3人を“パシャリ”と写す楽しそうな演出でプロデューサーたちも盛り上がっていた。

 ダンスもかわいい『cherry*merry*cherry』(大空さん)、キレッキレの空手の型も披露した『恋色エナジー』(下地さん)、友情出演でメレンゲうさぎ(安部菜々/三宅さん)や挙動不審な王子(森久保乃々/高橋さん)も登場して会場を沸かせていた『おかしな国のおかし屋さん』(大坪さん)と、キュート属性アイドルたちのソロ曲が続く。

 そして、しっとりと歌い上げる『Sunshine See May』(高田さん、鈴木みのりさん)、「(水本)ゆかりちゃんにとどけー!」とメロウ・イエローの絆を感じさせた『Kawaii make MY day!』(下地さん、都丸さん)とユニット曲でプロデューサーたちを盛り上げる。『Starry-Go-Round』ではキャスト陣がふた手に分かれてメリーゴーランドに乗ってアリーナ席を一周。

 ここでつぎのアトラクションを始めるべく、全員でトークをしながらメインステージへ移動。30人もいるだけになかなか賑やかな移動風景となっていた。そしてそのまま朗読劇へ。最初はクール属性のアイドルたちが登場。

 まずは“Triad Primus”の3人と乃々の4人がステージへ。意外にも噛み合わせの悪くない4人のトークが楽しめた。しかし、なぜか愛知トークに前のめりになる奈緒。それもそのはず、奈緒を演じる松井さんが愛知県出身なのだ。“親戚のお姉さんに代わって”「ただいま!」を告げる奈緒に、会場中からも「おかえりー!」と温かい声援が飛んでいた。続いては、李衣菜、茄子、珠美、美優、肇の5人が登場。神さまよりもお祈り、願掛けされてしまう茄子は今日も健在だった。じつは肇を演じる鈴木みのりさんも愛知県出身ということで、本日2回目の「ただいま!」と相成った。

 朗読劇の後は、再びライブパートへ。今回は『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』(以下、『デレステ』)に収録されているものとは少し異なる、ライブならではのオリジナル編成で楽しめるユニット曲シリーズ。

 まずは、さわやかな正統派アイドルソング『Take me☆Take you』(高橋さん、三宅さん、大橋さん、高田さん、原田さん、原さん)。そして仲よしのふたりが色違いのリボンで息の合ったパフォーマンスを見せる電波ソング『あんきら!?狂騒曲』(五十嵐さん、松嵜さん)、文字通りの“秋の歌”である『秋風に手を振って』(大空さん、田澤さん、下地さん、青木さん、深川さん)、『秋めいて Ding Dong Dang!』(都丸さん、神谷さん、渕上さん、嘉山さん、のぐちさん)と秋らしい華やかなナンバーが披露された。

 続いては、小日向美穂のソロ曲『Naked Romance』。これを歌うのは大橋さん、津田さんの正統派アイドルを演じるふたりのデュオ! とくにセリフ部分のかわいさに、会場中がどよめいていた。会場の暗転後、再びメリーゴーランドが始動。パッション属性のアイドルたちを乗せて『情熱ファンファンファーレ』(原さん、深川さん、鈴木絵理さん、金子さん、神谷さん、松嵜さん)が披露された。コール&レスポンスが多い曲だけあって、盛り上がりも半端ではない。

 ここで朗読劇の第2幕へ。キュート属性の10人ものアイドルが登場して3本もの“〇〇の秋”にまつわるストーリーを展開した。最初は杏、美玲、有香の3人。疲れ果てて食欲の秋に逃げようとする杏だったが、有香が“スポーツの秋”に引きずり込もうと“正拳突き”をしようと提案する。「もう遊園地関係ないじゃん」と冷静なツッコミを入れられながらも、みんなで正拳突きをするのだった。続いて登場したのは、かな子、卯月、智絵里の3人。かな子がいて食欲関係の話にならないわけがなく、名古屋名物“しるこサンド”の食レポが始まることに……。最後に登場したのは美穂、まゆ、法子。法子が持ってきたドーナツ(大須商店街で買ってきたらしい)から、なぜか続けて食レポという流れに。そこへナナちゃん(※名鉄名古屋駅名物の巨大マネキンのナナちゃんと安部菜々がコラボしていることから)のポーズで菜々が登場し、おいしいところをさらっていった。

 息つく間もなくライブパートへ。かわいさと、どことなくユニークな雰囲気を感じさせる『Sweet Witches' Night ~6人目はだぁれ~』(のぐちさん、松嵜さん、高橋さん、大坪さん、都丸さん)、しっとりと歌い上げながらも間奏中にしっかりと“乙女!?トーク”で笑わせてくれた『命燃やして恋せよ乙女』(和氣さん、田澤さん、三宅さん、嘉山さん、原田さん)と、『デレステ』でも秋のイベント楽曲だった2曲が披露される。

 さらに、かわいい振り付けと神秘的な内容の歌詞が印象的な『祈りの花』(高田さん)、色香漂う大人のラブソングでプロデューサーたちをドキドキさせる『Last Kiss』(原田さん)とソロ曲が2曲。そして、“第7回シンデレラガール総選挙”で上位5人に入ったアイドルたちのために作られたミディアムナンバー、『君への詩』(原さん、森下さん、三宅さん、渕上さん)、ストーリー仕立てのクールな『さよならアンドロメダ』(朝井さん、高橋さん、金子さん、福原さん、津田さん)と、クール&ビューティー系の楽曲が続き、会場をしっとりとした空気に包んでいった。

 このブロックを締めくくったのは『夕映えプレゼント』(鈴木みのりさん、嘉山さん、田澤さん、森下さん)。メリーゴーランドに乗って、キレイな歌声を届けてくれた。

 朗読劇第3弾はパッションアイドルの出番。未央、藍子、光、きらり、日菜子、輝子の6人でスタート。じつは本日(12月1日)は本田未央の誕生日だった。そこで、藍子の音頭で会場+ライブビューイングの皆さんで「おめでとう!」の大声援。5万人近い「おめでとう」はかつてない大迫力だった。続いて登場したのは、裕子、早苗、雫、あやめ、芳乃の5人。直前の、しっとり系のライブパートを振り返るも、「しっとりというかまったり!?」という疑惑が浮上してしまう。そこで、それを打ち破るためにセクシーギルティ―&あやめ、芳乃で決めポーズをすることに……。

 朗読劇でも「秋の夜長というくらいだから長くなるんじゃ……」と不安視されていたライブパートもいよいよ第4部へ。しかし残念ながら、プロデューサーたちは長いほうが喜ぶのだ。テンションも瞬時に上がる。それが証拠に、『ガールズ・イン・ザ・フロンティア』(牧野さん、松田さん、松井さん、鈴木みのりさん、金子さん)のイントロの最初の音が流れた瞬間、プロデューサーたちが一斉に総立ちに。横揺れだった先ほどのパートから一転、縦に激しく揺れ始めた。

 そのテンションのまま、疾走感溢れるロックナンバー『AnemoneStar』(福原さん)、“Masque:Rade”のメンバーが勢揃いしてセクシーに歌い上げた『Love∞Destiny』(渕上さん、津田さん、青木さん、大空さん、牧野さん)、80~90年代のバブリーな香りも漂うダンスソング『踊りまくろ☆ダンシング・ナイト』(和氣さん)、サイキックと絡めながらもじつはアツいユッコのキャラクターを体現している『サイキック!ぱーりーないと☆』(鈴木絵理さん)と、怒涛の楽曲構成に息を止める暇もないほど。

 さらに酸欠気味のプロデューサーたちにとどめを刺すべく“セクシーギルティ”(鈴木絵理さん、和氣さん、のぐちさん)の『モーレツ★世直しギルティ!』が投入される。プロデューサーたちも声を振り絞って声援を送っていた。この曲のノリのよさはもはやギルティーである……。しかし、アイドルたちはこんなところでは許してくれない。最強のメタルソング『毒茸伝説』(松田さん)でさらなるシャウトを要求し、激しいラップなども盛り込んだミクスチャー・ロック『Trust me』(神谷さん、原さん、森下さん、三宅さん、牧野さん、渕上さん、深川さん)、メリーゴーランドとステージの3方向から攻めて攻めまくった“individuals”(松田さん、朝井さん、高橋さん)の『∀NSWER』と、ブレーキの壊れたスポーツカーのように走り続ける。

 そんな止まらない進撃のラストに待っていたのが“Triad Primus”(福原さん、渕上さん、松井さん)の『Trinity Field』だった。『デレステ』でも圧倒的人気を誇る楽曲であり、その期待に違わぬ圧巻のパフォーマンスがくり広げられた。アイドル楽曲では定番のコール&レスポンスもなく、これほど盛り上がれる曲はほかにあるのだろうか? プロデューサーたちも、ただ彼女たちが歌い、踊る姿に熱い視線を送っていた。

 3時間を超える長丁場となったライブも、いよいよクライマックスへ。27人のメンバーがステージに上がり、“Triad Primus”の3人を迎え、全員集合して“最後の曲”『Stage Bye Stage』を歌い、颯爽とステージを去って行った。

 当然、これが本当のフィナーレでないことはわかっているプロデューサーたち。直後から、「アンコール」の声が響き渡っていた。そんな中オープニング以来となる、ちひろさんの声。“業務連絡”として、『テイルズ オブ ザ レイズ』とのコラボレーションや『デレステ』への『Trust me』実装など、さまざまな新情報を発表した。

『アイマス シンデレラガールズ』“CINDERELLA MASTER”シリーズ第12弾(森久保乃々、佐藤心、白菊ほたる)が発売決定! 『テイルズ オブ ザ レイズ』とのコラボも

2018年12月1日にナゴヤドームで開催された『アイドルマスター シンデレラガールズ』のライブ“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 6thLIVE MERRY-GO-ROUNDOME!!!”ナゴヤドームDay1公演にて公開された最新情報をお届け。

 アンコールでは、全員がメリーゴーランドに乗って『GOIN'!!!』を歌い、花道に全員が並んで属性ごとに代表者(パッション:原さん、クール:福原さん、キュート:大橋さん)が挨拶を行った。そして、最後に『お願い!シンデレラ』を歌い上げた後、『アイドルマスター』シリーズのイベントでは恒例の「これからも、アイマスですよ、アイマス!」コールで、“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 6thLIVE MERRY-GO-ROUNDOME!!!”ナゴヤドーム公演Day1は幕を閉じた。

 コンテンツとして年々成長を続け、ついにドーム球場というこれまでにない大きな舞台、そして30人ものキャストを集めて行うまでになった『シンデレラガールズ』のライブイベント。ひとつのテーマで複数の楽曲をまとめられるほどに楽曲も増え、個々のパフォーマンスはもちろんのこと、ユニットやチーム全体での大規模なフォーメーションも鮮やかにこなす彼女たちは、名実ともに“トップアイドル”と言えよう。その完成度は、年に一度と言わず、もっと彼女たちのパフォーマンスを観たいと思わせるものだった。なお、2日目公演の模様もファミ通.comにてお届けする予定となっている。そちらもお楽しみに!

“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 6thLIVE MERRY-GO-ROUNDOME!!!” ナゴヤドーム公演 Day1 セットリスト(敬称略)
01.イリュージョニスタ!(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
02.お散歩カメラ(五十嵐裕美、金子有希、松嵜麗)
03.cherry*merry*cherry(大空直美)
04.恋色エナジー(下地紫野)
05.おかしな国のおかし屋さん(大坪由佳with三宅麻理恵、高橋花林)
06.Sunshine See May(鈴木みのり、高田憂希)
07.Kawaii make MY day!(下地紫野、都丸ちよ)
08.Starry-Go-Round(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
09.Take me☆Take you(大橋彩香、原紗友里、高田憂希、高橋花林、原田彩楓、三宅麻理恵)
10.あんきら!?狂騒曲(五十嵐裕美、松嵜麗)
11.秋風に手を振って(青木瑠璃子・大空直美・下地紫野・田澤茉純・深川芹亜)
12.秋めいて Ding Dong Dang!(神谷早矢佳、嘉山未紗、都丸ちよ、のぐちゆり、渕上舞)
13.Naked Romance(大橋彩香、津田美波)
14.情熱ファンファンファーレ(原紗友里、金子有希、神谷早矢佳、鈴木絵理、深川芹亜、松嵜麗)
15.Sweet Witches' Night ~6人目はだぁれ~(大坪由佳、高橋花林、都丸ちよ、のぐちゆり、松嵜麗)
16.命燃やして恋せよ乙女(嘉山未紗、田澤茉純、原田彩楓、三宅麻理恵、和氣あず未)
17.祈りの花(高田憂希)
18.Last Kiss(原田彩楓)
19.君への詩(原紗友里、渕上舞、三宅麻理恵、森下来奈)
20.さよならアンドロメダ(福原綾香、朝井彩加、金子有希、高橋花林、津田美波)
21.夕映えプレゼント(嘉山未紗、鈴木みのり、田澤茉純、森下来奈)
22.ガールズ・イン・ザ・フロンティア(金子有希、鈴木みのり、牧野由依、松井恵理子、松田颯水)
23.AnemoneStar(福原綾香)
24.Love∞Destiny(青木瑠璃子、大空直美、津田美波、渕上舞、牧野由依)
25.踊りまくろ☆ダンシング・ナイト(和氣あず未)
26.サイキック!ぱーりーないと☆(鈴木絵理)
27.モーレツ★世直しギルティ!(鈴木絵理、のぐちゆり、和氣あず未)
28.毒茸伝説(松田颯水)
29.Trust me(原紗友里、神谷早矢佳、深川芹亜、渕上舞、牧野由依、三宅麻理恵、森下来奈)
30.∀NSWER(朝井彩加、高橋花林、松田颯水)
31.Trinity Field(福原綾香、渕上舞、松井恵理子)
32.Stage Bye Stage(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
【ENCORE】
33.GOIN'!!!(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
34.お願い!シンデレラ(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)



(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.