始球式とともに『シンデレラガールズ』初の単独ドームツアーが開幕! 『アイマス シンデレラガールズ』6thライブ メットライフドーム公演1日目リポート

2018年11月10日、11日、埼玉県のメットライフドームにて、『アイドルマスター シンデレラガールズ』のライブイベント“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 6thLIVE MERRY-GO-ROUNDOME!!!”が開催された。

 2018年11月10日、11日、埼玉県のメットライフドームにて、『アイドルマスター シンデレラガールズ』のライブイベント“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 6thLIVE MERRY-GO-ROUNDOME!!!”が開催された。

 Day1公演には、大橋彩香さん(島村卯月役)、福原綾香さん(渋谷凛役)、原紗友里さん(本田未央役)、藍原ことみさん(一ノ瀬志希役)、飯田友子さん(速水奏役)、桜咲千依さん(白坂小梅役)、金子真由美さん(藤本里奈役)、高野麻美さん(宮本フレデリカ役)、立花理香さん(小早川紗枝役)、花守ゆみりさん(佐藤心役)、原優子さん(向井拓海役)、三宅麻理恵さん(安部菜々役)、安野希世乃さん(木村夏樹役)、山本希望さん(城ヶ崎莉嘉役)、佳村はるかさん(城ヶ崎美嘉役)、ルゥティンさん(塩見周子役)、青木瑠璃子さん(多田李衣菜役)、大坪由佳さん(三村かな子役)、木村珠莉さん(相葉夕美役)、高森奈津美さん(前川みく役)、伊達朱里紗さん(難波笑美役)、千菅春香さん(松永涼役)、東山奈央さん(川島瑞樹役)、藤本彩花さん(棟方愛海役)、村中知さん(大和亜季役)、杜野まこさん(姫川友紀役)、山下七海さん(大槻唯役)の27名が出演。『シンデレラガールズ』初単独ドームライブの、記念すべき初日公演の模様をお届けする

※高野麻美さんの“高”ははしごだかです。

 本ライブのステージ構成は、会場正面に、大きな城を思わせる特設ステージが配置され、そこから会場の中央、そして後方にステージが設けられ、3つのステージを繋げるように花道が設けられていた。そんな広大なステージの周辺には、移動式のトロッコが通れるような道が設営されており、広いドームでも、会場全体のプロデューサー(※『アイドルマスター』シリーズのファンのこと)たちが楽しめるようなステージ構成に、ライブ開始前からプロデューサーたちは興奮を隠しきれない様子。

 開演時間になると、ステージのモニターには千川ちひろ(声:佐藤利奈さん)が登場。いまかいまかとライブの開演を待ちわびるプロデューサーに、ライブにあたっての諸注意アナウンスを行いつつ、ときにはコール&レスポンスも交え、しっかりと会場を温める。

 今回のライブはこれまでと幕開けが異なり、ライブ開幕前に始球式が行われることに。“プロ野球パ・リーグ”とのコラボにて、埼玉西武ライオンズのイメージアイドルを務めた城ヶ崎美嘉のアナウンスとともに、ステージには、姫川友紀役の杜野まこさんがピッチャーとして、埼玉西武ライオンズのマスコットキャラクター・ライナがバッターとして登場。

 会場中の視線が集まる中、杜野さんがバッチリとストライクを取った後、本ライブ開幕の合図とともに、キャスト陣がステージに集結。おなじみの「私たち、シンデレラガールズです!」という掛け声に合わせて、『イリュージョニスタ!』を披露。記念すべき初単独ドームツアーが幕を開けた。

 オープニングナンバーが披露された後、本日出演キャスト陣によるセリフを交えた挨拶へ。挨拶が終了すると、再びライブパート。まずは、伊達さん、村中さん、杜野さんが『気持ちいいよね 一等賞!』を全力でパフォーマンス。曲後半では、チアリーダーの衣装をまとったダンサーたちとともに、チアリーディングの振りのようなダンスが行われ、それに応えるようにプロデューサーたちがコールをするなど、会場中が一体となって楽しんでいた。

 大坪さん、高森さん、藤本さんによる『HARURUNRUN』で会場がキュートに染められた後、セクシーギャルズ(金子さん、山下さん、佳村さん)によるセクシーかつ、パッション溢れる『TOKIMEKIエスカレート』へと続く。その後の桜咲さん、高森さんによる『『ニャンと☆スペクタクル』』では、曲中の難易度の高い早口言葉を高森さん、桜咲さんともに難なくこなすと、会場からは歓声が沸き起こった。

 続いて、千菅さんがロックかつクールな曲調が最高にかっこいい『One Life』を熱唱し、会場のボルテージは上がりっぱなし。つぎの楽曲はニュージェネレーション(大橋さん、福原さん、原さん)による『STORY』。3人の美しいハーモニーで会場が魅了された後。『Starry-Go-Round』ではキャスト陣が分かれてトロッコに乗車し、ステージ外周を回りながらのパフォーマンス。観客に近い距離でのパフォーマンスで、ライブをさらに盛り上げる。

 怒涛の楽曲のパフォーマンスのあとは、クール属性のアイドルたちによる朗読劇が展開。ここまでのライブの感想を、アイドルひとりひとりの口から語られた。

 朗読劇の後は、再びライブパートへ。アイドルたちのソロ楽曲、そしてデュオ、クインテットによる楽曲が披露されていく。まずは山下さんによる『Radio Happy』。キラキラと輝く山下さんのパフォーマンスに、朗読劇を介していったん落ち着いた会場の熱気はまた熱を帯びる。続いて伊達さん、山本さんがハリセンを持ちながらが再びトロッコに乗車し会場中を回りながら、『DOKIDOKIリズム』をパフォーマンス。

 会場全体に元気を届けた後、木村さんが『Dreaming Star』を力強く歌い上げた。その後は“しゅがしゅが☆み〜ん”(花守さん、三宅さん)による『凸凹スピードスター』、“ロック・ザ・ビート”(青木さん、安野さん)『Jet to the Future』、“ファミリアツイン”(山本さん、佳村さん)による『Twin☆くるっ★テール』、“ノーティギャルズ”(金子さん、原さん)による『Virgin Love』と、デュオによるアツい楽曲が続く。そして、このパート〆の楽曲として“*(Asterisk)with なつなな”(青木さん、高森さん、三宅さん、安野さん)が『Wonder goes on!!』を全力でパフォーマンス。

 その後は、パッション属性のアイドルたちによる朗読劇へ。先ほどの朗読劇と同じく、ライブパートでの楽曲の感想がそれぞれのアイドルたちの口から語られた。

 パッション陣による朗読劇の後は、再びライブパートへ、このパートのトップバッターは藍原さん。『PROUST EFFECT』を、セクシーに、かつアツく歌い上げた後、『桜の頃』(桜咲さん、立花さん、花守さん、藤本さん)、『if』(飯田さん)、『薄紅』(木村さん、立花さん、福原さん)、『Private Sign』(ルゥさん)、『桜の風』(飯田さん、大坪さん、立花さん、東山さん、山下さん、山本さん)と、ゆったりとした曲調の中にも激しさの感じるバラード曲が連続で披露され、会場のプロデューサーたちはペンライトを振りながらも、終始楽曲に聴き入っていた。

 そして、このパートラストの曲として、“レイジーレイジー”(藍原さん、高野さん)が、幻想的で、かつEDM調のメロディーラインが特徴の『クレイジークレイジー』を披露し、会場を魅惑した。

 今度は、キュート属性たちのアイドルたちによる、ライブの感想が朗読劇へ。また、三村かな子(大坪さん)が芋のスティッククッキーをステージ上で食べるという、かな子らしいパフォーマンスを披露し、会場を笑わせていた。

 そして、ライブは後半戦へと差し掛かる。まずは東山さんが『Dreaming of you』をしっとりと歌い上げる。その後は曲調がガラッと変わり、杜野さんによる『Dear My Dreamers』、原さんによる『炎の華』、“エルドリッチ・ロアテラー”(桜咲さん、千菅さん)による『アンデッド・ダンスロック』、“羽衣小町”(立花さん、ルゥさん)による『美に入り彩を穿つ』と、激しく荒々しい楽曲のオンパレードに、会場のボルテージ再びMaxに。

 その勢いのまま、“炎陣”(金子さん、千菅さん、原さん、村中さん、安野さん)が『純情Midnight伝説』を、“LiPPS”(藍原さん、飯田さん、高野さん、佳村さん、ルゥさん)が『Tulip』を、さらに『Happy New Yeah!』(大坪さん、大橋さん、東山さん、花守さん、原さん、福原さん、藤本さん、村中さん、杜野さん)と続けて披露され、会場のボルテージは上がりっぱなし。

 その後、『Stage Bye Stage』を全員で披露した後、キャスト陣はステージを後にする。しかしプロデューサーたちによる、鳴りやまないアンコールを受け、再び千川ちひろがステージのスクリーンに登場し、業務連絡として、最新情報が届けられた。詳しい概要は、下記の記事をご参照いただきたい。

『アイマス シンデレラガールズ』SCRAPとコラボのリアル脱出ゲーム開催! 『デレステ』では営業にコミュ追加、6thライブのメモリアルブックも発売決定

“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 6thLIVE MERRY-GO-ROUNDOME!!! 【メットライフドーム公演】”にて、『アイドルマスター シンデレラガールズ』関連の新情報続々!

 ちひろさんから最新情報が届けられた後、再びステージ上にキャストが集結し、アンコールナンバーとして『GOIN'!!!』を披露。その後、各属性まとめての感謝の挨拶が行われて、最後の楽曲として『お願い!シンデレラ』を歌唱。

 会場のプロデューサーたちも最後まで、コールとペンライトで声援を送り続け、会場が一体となった後、『アイマス』シリーズ恒例の「アイマスですよ、アイマス!」でステージは締めくくられ、キャストたちは各々感謝の言葉を述べながら、退場していった。

 『アイドルマスター シンデレラガールズ』初の単独ドームライブがついに幕を開けた。これまでとは規模の違うドームでの開催ではあるが、会場に足を運んだプロデューサーたち全員を楽しませるように構成された巨大なステージ、そしてその会場、ステージの規模の大きさに負けないキャスト陣の全力のパフォーマンスの数々により、プロデューサーたちの心からライブを楽しむ姿が見られた。本ライブツアーは最高のスタートを切ることができたと思う。なお、ファミ通.comでは、明日のDay2公演の模様もリポートするので、そちらの方も楽しみにしていてほしい。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 6thLIVE MERRY-GO-ROUNDOME!!! メットライフドーム公演 Day1 セットリスト(敬称略)

01.イリュージョニスタ!(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
02.気持ちいいよね 一等賞!(伊達朱里紗・村中知・杜野まこ)
03.HARURUNRUN(大坪由佳・高森奈津美・藤本彩花)
04.TOKIMEKIエスカレート(金子真由美・山下七海・佳村はるか)
05.ニャンと☆スペクタクル(桜咲千依・高森奈津美)
06.One Life(千菅春香)
07.STORY(大橋彩香・福原綾香・原紗友里)
08.Starry-Go-Round(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
09.Radio Happy(山下七海)
10.DOKIDOKIリズム(伊達朱里紗・山本希望)
11.Dreaming Star(木村珠莉)
12.凸凹スピードスター(花守ゆみり・三宅麻理恵)
13.Jet to the Future(青木瑠璃子・安野希世乃)
14.Twin☆くるっ★テール(山本希望・佳村はるか)
15.Virgin Love(金子真由美・原優子)
16.Wonder goes on!!(青木瑠璃子・高森奈津美・三宅麻理恵・安野希世乃)
17.PROUST EFFECT(藍原ことみ)
18.桜の頃(桜咲千依・立花理香・花守ゆみり・藤本彩花)
19.if(飯田友子)
20.薄紅(木村珠莉・立花理香・福原綾香)
21.Private Sign(ルゥ ティン)
22.桜の風(飯田友子・大坪由佳・立花理香・東山奈央・山下七海・山本希望)
23.クレイジークレイジー(藍原ことみ・騠野麻美)
24.Dreaming of you(東山奈央)
25.Dear My Dreamers(杜野まこ)
26.炎の華(原優子)
27.アンデッド・ダンスロック(桜咲千依・千菅春香)
28.美に入り彩を穿つ(立花理香・ルゥ ティン)
29.純情Midnight伝説(金子真由美・千菅春香・原優子・村中知・安野希世乃)
30.Tulip(藍原ことみ・飯田友子・騠野麻美・佳村はるか・ルゥ ティン)
31.Happy New Yeah!(大坪由佳・大橋彩香・東山奈央・花守ゆみり・原紗友里・福原綾香・藤本彩花・村中知・杜野まこ)
32.Stage Bye Stage(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
【ENCORE】
33.GOIN'!!!(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)
34.お願い!シンデレラ(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)

[2018年11月13日18時30分 記事修正]
本文中の一部表記を修正いたしました。読者並びに関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。



(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.