『リネージュ』人気エリアとエルフが9月5日にリニューアル! 冬には新たな動きが!? お祭りイベントで新情報が公開

2018年8月11日、エヌ・シー・ジャパンは4タイトルのPC用MMORPGが集結するオフラインイベント“スーパーサマーフェスティバル2018”を開催。本記事では『リネージュ』のアップデート情報をお届けする。

 2018年8月11日、エヌ・シー・ジャパンはPC用MMORPG『リネージュ』、『リネージュ2』、『タワー オブ アイオン』、『ブレイドアンドソウル』を集結させたオフラインイベント“エヌ・シージャパン スーパーサマーフェスティバル2018”を開催した。

 イベント全体のリポートはこちらの記事を参照してほしい。

『ブレイドアンドソウル』新職業“剛剣士”の概要や実装日を発表! エヌシージャパン スーパーサマーフェスティバル2018リポート

2018年8月11日、エヌ・シー・ジャパンは4タイトルのPC用MMORPGが集結するオフラインイベント“スーパーサマーフェスティバル2018”を開催。イベントの模様と『ブレイドアンドソウル』新職業の最新情報をお届けする。

 同イベントのカンファレンスステージにて、『リネージュ』のアップデート情報が公開。2018年7月18日実施のアップデート“恩寵の兆し”に次ぐ新アップデート“Elven Legacies”が、9月5日にお目見えするという。

『リネージュ』プロデューサー・川南厳氏がアップデート内容を解説。

声優の市来光弘さん(左)とMoeMiさん(中)がイベントの総合MCを務めた。

前のアップデートから間を開けず、早くも9月に実施予定。その内容は?

アップデートはすべてエルフ(ダークエルフ)がらみ?

 『リネージュ』プロデューサー・川南厳氏いわく、アップデートの柱となる内容はふたつ。ひとつ目として、長らく閉鎖されていたかつての人気エリア“ラスタバド廃墟”がリニューアルオープンされるという。

 こちらのダンジョンに入るためには、城を持っている血盟(NPC血盟の赤き騎士団でも可)に所属している必要があるとのこと。難易度ともどもかなり歯ごたえのあるエリアとなるようだ。

 また、ダンジョン内では“テレポート支配リング”がないとランダムテレポートが行なえず、狩りの効率が落ちるようだ。攻略を目指すなら、いまのうちに準備しておこう。

実装に伴い、レジェンド武器の製作材料や強化方法にも変更が。詳細は特設サイトで随時発表される。

 もうひとつのアップデートの柱が、クラス“エルフ”のリニューアルだ。ロングランタイトルである『リネージュ』の中でも古株のクラスなだけに、気になるユーザーも多いことだろう。

 このアップデートにより、エルフに従来からあった4つの属性について、“近距離”や“攻撃型”などといった適正がはっきりと分けられ、各属性の役割が明確化する。

 属性が役割を振り分けられたことで“精霊魔法”もリニューアル。攻撃の速度を変更できなかった属性でも、速い攻撃速度を実現できるスキルを習得できるそうだ。

 さらに弓の攻撃力計算については、弓と矢の攻撃力を合計する形式から、攻撃力は弓本体をメインで参照し、矢には特定種族への特効効果などの役割が付与されるようになる。

属性が持つ役割に従えばいままでよりもキャラクターの強さが増すようになっているが、もちろん「おれは水属性で剣を持つ!」といった好きなスタイルを貫くことも可能。弓の仕様変化に併せてプレイスタイルを見直す必要があるかも?

 また、さらにその後のアップデートについて、1枚のイラストが公開された。『リネージュ』を愛するプレイヤーたちなら、この1枚からも読み取れるものがあるはず?

2018年冬に何かがあるようだが。死神のような姿を見て、プレイヤー諸氏ならピンと来る?

 先述の通り、アップデートの詳細は公式ホームページで随時公開されていく。

 かつての人気マップの大幅リニューアル、古株クラスの大幅変更など、気になる要素ばかりかと思うので、ぜひ情報のチェックは欠かさないようにしてほしい。

※関連記事
『ブレイドアンドソウル』国内最強を決める戦いは今年も熱い! 日本代表決定戦“2018 ジャパンチャンピオンシップ”リポート

『リネージュ2』水竜パプリオンが実装決定! 掟破りの攻城戦も盛り上がったスーパーサマーフェスティバル2018リポート

『タワー オブ アイオン』日本独自アイテムの実装が決定! オフラインイベントで冬のアップデート情報が公開

『ブレイドアンドソウル』新職業“剛剣士”の概要や実装日を発表! エヌシージャパン スーパーサマーフェスティバル2018リポート