BitSummit会場で見かけた、懐かしくて新しいオールドスクール・タイトル6選【BitSummit Volume 6】

BitSummit Volume 6にて、記者が会場でプレイした出展タイトルの中から、今回は古典的なゲームのスタイルを踏襲しつつ独自のこだわりを発揮するインディータイトルを紹介する。

「ああ、◎◎タイプのゲームね」と素通りできない魅力を持ったタイトル

 2018年5月12日、13日に京都勧業館 みやこめっせにて開催された、インディーゲームの一大祭典BitSummit Volume 6。今回は、記者が会場でプレイした出展タイトルの中から、古典的なゲームのスタイルを踏襲しつつ独自のこだわりを発揮するインディータイトルを紹介する。

The Messenger / Devolver Digital

 カナダの独立系ゲームスタジオSabotage Studioが6人のスタッフで開発する2Dスクロールアクションゲーム。ファミコン版『忍者龍剣伝』(海外タイトルは『Ninja Gaiden』)が好きでしょうがない感じがストレートに表現された操作感覚とグラフィック・テイストもさることながら、“忍者が活躍する(若干インチキくさい)伝奇ファンタジー世界”を作り込んでいる点が目を引いた。
 現在はSteam版を2018年秋のリリースに向けて鋭意制作中。出展バージョンをプレイした限り、日本語ローカライズも問題なく実装されていた。

※Sabotage Studio公式サイト

会話テキストがウィットに富んでいて、プレイするほどに新しいキャラクターとの出会いが楽しみになる。ゲームに関するメタな発言が多いのは好みの分かれるところかもしれないが……いまの時代この手のゲームに興味を持つ人なら、まあ笑って許せるのではないだろうか。

出展バージョンでは、完成版の中盤以降に用意されている「グラフィックが“8ビットゲーム機(ファミコン)仕様”から“16ビットゲーム機(スーパーファミコン)仕様”になっちゃうギミック」を特別に体験できるようになっていた。こうしたギミックがゲーム進行の必然的な流れの中に盛り込まれているという時点で、本作の方向性はが何となく伝わるはずだ。

infectionator3:APOCALYPSE / Toge Productions

 インドネシアのゲームスタジオArmor Games Studiosが2009年から展開しているゾンビゲー『infectionator』シリーズの最新作。今回のBitSummit開催直前にSteam、GOG.comでリリースが開始された。
 本作の目的は、研究施設で培養・強化したゾンビを世界各地の都市に放ち、地球をゾンビの支配下に治めること。リアルタイムストラテジータイプのゲームが好きな人なら、より少ないコストでいかに効率よく人間を始末していくかに熱中できるはずだ。きっちり日本語ローカライズもされているのも嬉しい。

※Armor Games Studios公式サイト

ゾンビの侵攻が進むごとに、さまざまなイベントが発生。人類はただ無抵抗にやられていくだけではなく、対ゾンビ用のワクチンや兵器を開発していくので、“脅威”が広がる前に、人類の希望の基点となる都市を攻略しておきたいものだ。

挑むステージは世界地図から選択するが、各国の都市がわりと細かく用意されている(日本だけでも10都市くらい)。ステージに登場する人々の吹き出しセリフもちゃんとその国の言葉で書かれているなど、ちょっとした観光気分さえ味わえる。

The TakeOver / DANGEN Entertainment

 カナダのゲームスタジオAntonis Pelikanosが開発中のプレイステーション4/Nintendo Switch用アクションゲーム。1980年代終盤から1990年代前半にかけて隆盛を極めたベルトスクロール格闘アクションを高解像度プリレンダリング映像によって再現しつつ、ゲームプレイを独自のバランス感覚で進化・発展させている。
 とりわけ『ベアナックル』シリーズへの愛情に満ちている本作は、キャラクターの攻撃モーションやステージ展開、BGMといったさまざまな部分から、“元ネタ”へのリスペクトが感じられる。リリース時期はまだ確定していないが、自身のおっさんゲーマーぶり(?)に自信がある人は、密かに期待しておこう。

ステージ間に挿入されるアメコミ調のデモCGが、これまた“かつてのセガゲーム”らしい。日本版のテキストは、国内向けローカライズ・パブリッシングを手がけるDANGEN Entertainmentによってすでに用意されているとのこと。

乗り物で戦いながら移動する3Dステージも。戦闘機で高速移動するステージでは、ロックオンしまくり敵ミサイルよけまくりのドッグファイトを楽しめる。これを個人開発者がほぼひとりで作っているというから畏れ入る。

ProjectCircle / bluffman

 レトロ(ゲームボーイカラー相当)の2Dドットグラフィックと、フリーシナリオ構成が特徴のRPG『ARTIFACT ADVENTURE』シリーズを制作したbluffmanの新作。昼夜がリアルタイムで変化する広大な3Dフィールドを歩き回って、物語を進めていく。開発に本格的に着手してから間もない状態とのことで、出展バージョンではフィールドの一部の移動と、仮配置の敵(赤い球体)との簡易戦闘を体験できた。

※bluffmanTwitter

本作の主要キャラクターたちが描かれた大型ポスター。『ARTIFACT ADVENTURE』との方向性の違いに少々面食らったが、物語の構想自体はだいぶ以前から練られていたとのこと。

出展バージョンでは、インディーゲームのBGMを数多く手掛ける椎葉大翼氏による、アコースティックギターの生演奏サウンドを楽しめた。キャラクターデザインや音楽から推測するに、さわやかかつ抒情的な物語を楽しめそうだ。

サムライ地獄〜九天魔城の謎〜 / スカシウマラボ

 ハック&スラッシュ要素のあるタクティカルシミュレーションゲーム。前回のBitSummitに出展されたときはスマートフォンアプリベースで開発されていたが、ローカルマルチプレイに対応すべくPC・コンソールでの展開を念頭においた作りになっていた。
 記者は出展バージョンを4人同時プレイで体験。ひとり1キャラを受け持って、自分の番が来たら移動や攻撃などの指示を出すのだが、攻撃力が高く機動性に欠けるキャラを選択してしまったため、道中はつねに置いてけぼりのミソッカス扱いに。しかし、耐久力の高いボスとの対決シーンでは、スキルをバシバシ決めてそこそこ貢献できたような気がした。
 ふたりで開発しているという本作、それぞれが本業の合間を縫っての作業ということで、リリースはまだまだ先になるとのこと。

選択できたプレイヤーキャラは4タイプ。ストア配信中のスマートフォンアプリ『サムライ地獄 - 無料で落ち武者の首刈り放題ゲーム』と同様、洗練されたビジュアルデザインが特徴的だ。

RISING HELL / Toge Productions

 インドネシアのデベロッパーTahoe Gamesが開発する2Dアクション。地獄の底からひたすら這い上がっていくという下→上方向スクロールのアクションゲームで、ボス戦直前のアイテム補給で、プレイヤーキャラがさまざまな成長を遂げるローグライクなシステムが採用されている。
 実際にプレイしてみると、ジャンプ移動に思いのほか引っかかりを感じ、テンポよく移動するには相応の慣れが必要な印象を受けた。とはいえ、ドットグラフィックによって執拗に描かれる地獄のビジュアル世界は魅力的。ゲーム自体はほぼ完成しているとのことで、正式なリリース日発表が待たれる。プラットフォームはSteam、iOS、Andreid。

※RISING HELL公式サイト

攻撃モーション自体は豪快で、複数の敵に連続ヒットが決まった時の爽快感はかなりのものだった。わりとグロテスクな描写が多いものの、ドット絵だし地獄だし……ということで(?)、ネガティブな印象はなかった。

BitSummit会場で見かけた、ポップでアートなタイトル5選【BitSummit Volume 6】

BitSummit Volume 6のリポート記事。今回は、記者が会場でプレイした出展タイトルの中から、キャッチーな見た目と充実したゲームプレイを両立しているインディータイトルを紹介する。

BitSummit会場で見かけた、短時間で盛り上がれるシンプルなタイトル4選【BitSummit Volume 6】

BitSummit Volume 6のリポート記事をお届け。今回は、記者が会場でプレイした出展タイトルの中から、短時間で思いきり遊べる、シンプルかつ奥の深いインディータイトルを紹介する。

BitSummit会場で見かけた、ひとひねり利いたアイデアが際立つタイトル4選【BitSummit Volume 6】

BitSummit Volume 6のリポート記事をどうぞ! 今回は、記者が会場でプレイした出展タイトルの中から、実際にプレイするとその独自性がジワジワと伝わってくる、クセの強いインディータイトルを紹介する。

BitSummit会場で見かけた、テレビゲームの枠を超えているタイトル4選【BitSummit Volume 6】

BitSummit Volume 6のリポート記事をお届け。今回は、記者が会場でプレイした出展タイトルの中から、テレビゲームというよりは“何だかおもしろい体験”といったほうがしっくりくる、規格外なインディータイトルを紹介する。