SHIBUYA TSUTAYAにて行われた、『モンスターハンター:ワールド』発売記念カウントダウンイベントのリポートをお届け。

 2018年1月26日、カプコンの『モンスターハンター』シリーズ最新作となる、PS4用ソフト『モンスターハンター:ワールド』がついに発売された。これを記念して、東京・渋谷のSHIBUYA TSUTAYAにて、カウントダウンイベントが開催。クリエイター陣とゲスト、そしてファンたちが、狩猟解禁を盛大に祝った。

 寒波の影響で、都内の早朝の気温は氷点下。それにも関わらず、イベント開催前の午前6時半の段階で、70人ほどのファンが訪れていた。なお今回、SHIBUYA TSUTAYAは整理券制を採用。前日夜から配布していたとのこと。

SHIBUYA TSUTAYAの店内は『モンハン』一色。
整理券は店外にて配布していた。

 イベントで登壇したのは、『モンスターハンター:ワールド』プロデューサーの辻本良三氏氏と、ディレクターの徳田優也氏。また、ゲストとして、『モンハン』好きとして知られる次長課長・井上聡と、ゴールデンボンバー 歌広場淳が登場し、『モンスターハンター:ワールド』に関するトークをくり広げた。

司会はおなじみ、ウサミスこと宇佐美友紀。
『モンスターハンター:ワールド』プロデューサー 辻本良三氏。
『モンスターハンター:ワールド』ディレクター 徳田優也氏。
寒い中、多くのファンが集まったことに驚きの声を上げた次長課長・井上聡。
ゴールデンボンバー 歌広場淳は、メイクのため、午前4時起きで本イベントに臨んだとか。

 いよいよ発売を迎えた『モンスターハンター:ワールド』について、楽しみにしていることは? と聞かれた井上は、久しぶりの据え置き機でのプレイとなるため、家にこもるので、新しい出前メニューを味わえるのでは……と、食生活への期待(?)を語った。

 歌広場は、注目しているモンスターについて、「ネルギガンテの角が、ニッチェの江上敬子さんに見える」とコメント。「これから江上さんを見たとき、部位破壊したくなりそう」と語り、場を盛り上げた。さらに、「ゴールデンボンバーは1月に仕事がないおかげで、時間を『モンハン』のプレイに充てられた」という自虐ネタも。

今回使う武器について、これまで数々の武器を扱ってきた井上は「いっそ、武器を指定してほしい」と依頼。そこで徳田氏が狩猟笛を薦めたが(βテストで使用率が低かったとのこと)、井上としてはもっとガンガン攻撃できるもののほうがいいということで、ランスが推薦された。

 また、『モンスターハンター:ワールド』“狩王決定戦”の開催が決定したことを受けて、「eスポーツに興味がある」という歌広場が、「挑戦したい」と意欲を示す場面も。ぜひいっしょ出たい、と井上を勧誘したところ、井上からは「何かを失うくらいやらないと……」というガチな答えが。歌広場は、「ゴールデンボンバーはボーカル以外働いていないので、時間はある」と返し、会場を沸かせた。

 なおトークコーナーでは、辻本氏から、発売当日のアップデートに関する告知もあった。詳細は下記の関連記事で紹介しているので、ぜひチェックを。

『Horizon Zero Dawn』とのスペシャルコラボ第1弾は、2018年1月26日(金)0:00~2月9日(金)8:59の期間で実施。

 トークは和やかに進み、いよいよ発売開始までのカウントダウンを行う時間に。ここで、アメリカのサンフランシスコに滞在中の『モンスターハンター:ワールド』エグゼクティブ・ディレクター/アートディレクター藤岡要氏とのテレビ電話がつながり、藤岡氏もカウントダウンに参加。午前7時を迎え、「『モンスターハンター:ワールド』で、ひと狩り行こうぜ!」という掛け声とともに、ついに販売開始となった。

 ……のだが、レジでの会計を始める前に、まずは来場者列の先頭にいた3人のファンとの記念撮影タイム。ここで井上が、「いつも先頭にいた人がいない」と、残念そうに会場を見回す。そう、ここ最近の『モンハン』の発売記念イベントには、毎回早く並んで、ステージに立つ常連さんがいたのだ。彼は『モンハン』を引退してしまったのだろうか……。

 しかし、今回の先頭の来場者に話を聞いたところ、驚くべき事実が判明する。彼は、その常連さんの弟だったのだ! なんでも、兄はどうしても0時からプレイを始めたかったため、ダウンロード版を購入。発売記念イベントには、弟を派遣することにしたという。

伝統が兄から弟へ受け継がれていくさまを見て、感激するクリエイター陣&ゲスト陣。

 加えて、1番目の男性と、2番目に並んでいた女性、3番目に並んでいた男性は、全員“朝早くから並ぶグループ”の仲間であることも判明。「そんなグループがあるの!?」と、ゲストたちも驚きを隠せない様子だった。ちなみに、1番目の男性が渋谷に到着したのは、なんと発売前日の午前6時台。前日夜に1番目の整理券をもらい、当日朝まで渋谷で待機していたそうだ。

“早朝に並ぶ”というクエストを達成した彼らには、パーカーやステッカー、マフラー風タオルなどのグッズ詰め合わせがプレゼントされた。

 そして記念撮影後、いよいよ会計がスタート。発売を待ちかねていたファンたちの手に、ついにソフトが渡った。カウントダウンイベント開始前は、まだ空は暗かったが、販売が開始されるころにはすっかり青空。購入者たちはハンターライフへの期待を胸に、足早に家路についた。

受付嬢さん。かわいい。
“朝早くから並ぶグループ”の皆さん。晴れやかな笑顔で記念撮影!
同梱版を購入した、友だちどうしのおふたり。ハンター歴は長く、本作の発売も楽しみにしていたそう。

辻本氏・徳田氏ミニインタビュー

 イベント後、辻本氏・徳田氏にインタビューを実施。寒空の下だったにも関わらず、無事発売を迎えたからか、両氏の顔は朗らか。イベントを終えての感想や、今後の展望についてお聞きした。

――いよいよパッケージ版が発売となりました。行列をご覧になって手ごたえはいかがですか?

辻本氏 ダウンロード版は0時の時点で狩猟解禁していたわけですが、リアルイベントで実際にユーザーの顔を見ると、発売した実感が強く沸きますね。

ーーさっそくTwitterでは、「キャラクタークリエイトが楽しすぎる!」とお祭り騒ぎになっていますが、今後のアップデートでキャラクタークリエイト関連の要素が追加される予定はありますか?

徳田氏 なにかできたらいいですね。検討はしていますが、現段階ではまだわからないです。

辻本氏 我々もTwitterを追いかけて楽しんでいます。さっきは“プケプケ”がトレンドに入っていて「あ~、みんな(進み具合は)それくらいなのかなあ」なんてユーザーの様子を想像したり。

――ほかに、どんな盛り上がりを期待したいですか?

徳田氏 同じクエストやフィールドでも、遊ぶたびに新しい発見があるようなデザインになっています。自分なりの攻略法を見つけて、楽しんでもらえたらうれしいですね。

辻本氏 本作はプロモーションから発売にいたるまで“世界同時”にこだわってきました。明日からの台北ゲームショウにも参加しますし、世界中で盛り上がっていただけるようにがんばっています。

――今後の追加コンテンツはどのようなペースで配信されていくのでしょうか?

辻本氏 詳しいことはまだ話せませんが、ひとつひとつクオリティーを大切にしながら作っているところです。ユーザーの皆さんがテンションを維持できるような間隔で実施していこうと考えていますので、発表をお待ちください。

徳田氏 本編とは趣向の異なる遊びも追加していけたらと思っているので、楽しみにしていただければ。

渋谷MODIにはフォトスポットが登場! 1月28日まで

 さらに、2018年1月26日から28日までの3日間、渋谷MODIにて店頭イベントが開催されている。

 まず目を引くのは、高さ2メートルの巨大パッケージ! β版にも登場した大剣“アギト”を構えての記念撮影が可能だ。

 実際に持ってみたところ、いい意味で撮影用とは思えない重量感! 二の腕にくる力強い重みに「いまなら俺でもネルギガンテを狩れるのでは!?」と錯覚してしまうほど。

期間中、会場にはハンターやアイルー、受付嬢も登場する。

 巨大パッケージの裏側では、関連グッズがもらえる“肉焼き抽選会”も開催している。参加方法は、写真を撮影し、ハッシュタグ #モンハンワールド をつけてSNSに投稿するだけ。

 映える(ばえる)写真を撮影できて、しかも景品までもらえるという一石二鳥のキャンペーン。渋谷にお越しの際は、ぜひチャレンジしてみてはいかがだろうか。

イベント概要
【日時】2018年1月26日~1月28日 12:00 ~ 20:00(予定)
【場所】渋谷MODI 店頭イベントスペース (〒150-0041 東京都渋谷区神南1-21-3)