闘いの神が集う! 対戦ゲームの祭典“闘神祭”ブースリポート【闘神祭2017】

タイトーが主催する、アーケードゲームを中心とした対戦ゲームのナンバーワンプレイヤーを決める“闘神祭 2017 CHAMPIONS CARNIVAL”がついに開催。本記事では、会場となった東京ビッグサイトTFTホールの出展ブースの模様をリポートする。

闘う! 観戦する! 遊ぶ! の3つが楽しめるブースリポート

 株式会社タイトーが主催する対戦ゲームの祭典“闘神祭 2017 CHAMPIONS CARNIVAL”が、東京ビッグサイトTFTホールにてついに開催となった。本大会はアーケードゲームの全国ナンバーワンプレイヤーを決める対戦ゲームの祭典で、第3回となる2017年大会では、2日間にわたって計19タイトルのトーナメントが行われる。本記事では、1日目(2017年10月21日)のイベントの模様をリポートしていく。

 なお、トーナメントの模様と、設置された試遊台のプレイリポートはべつの記事で掲載しているので、そちらもチェックしてほしい。

『BBCF』、『GGXrdR2』日本最強タッグ&チームが決定! 全国各地の代表選手による決勝大会をリポート【闘神祭2017】

2017年10月21日、東京都お台場のTFTホールにて、格闘ゲーム複数タイトルの全国大会“あーくれぼ2017in闘神祭”の決勝大会が実施された。

円熟の域に達したかけ引きやテクニックが熱い勝負を生んだ“1Day Match Carnival”1日目をリポート【闘神祭2017】

2017年10月21日、22日に東京ビッグサイトTFTホールにて開催された、アーケード対戦・格闘ゲームの全国大会“闘神祭2017”。ここでは、1日目の模様をリポートする。

『マジシャンズデッド』『鉄拳7FR』『ポッ拳』『KOF XIV』4種目のトッププレイヤーたちによる闘いが決着。決勝大会2日目のメインホールをリポート【闘神祭2017】

2017年10月21~22日、東京・お台場のTFTホールにて、格闘ゲーム複数タイトルの全国大会“闘神祭2017”の決勝大会が実施された。

子どもから大人まで有明に集結!誰もがアツくなれる対戦ゲームの可能性を見せた“1Day Match Carnival”2日目をレポート【闘神祭2017】

2017年10月21日、22日に東京ビッグサイトTFTホールにて開催された、アーケード対戦・格闘ゲームの全国大会“闘神祭2017”。ここでは、2日目の模様をリポートする。

『ストリートファイターV』アーケード筐体を用いた特別プログラムが実施、フリープレイや大会の模様をリポート【闘神祭2017】

2017年10月21~22日、東京・お台場のTFTホールにて開催された“闘神祭2017”決勝大会の会場にて、アーケード筐体用にカスタマイズした『ストリートファイターV』の特別プログラムが実施された。

『ブレイブルー クロスタッグバトル』日本初のプレイアブル出展、気になるバトルのプレイインプレッションをお届け!【闘神祭2017】

2017年10月21日、東京・お台場のTFTホールにて開催された“闘神祭2017”決勝大会会場にて、新作対戦格闘ゲーム『ブレイブルー クロスタッグバトル』がプレイアブル出展された。

各地域から集う猛者たち。各タイトルの頂点を目指し、激しいバトルを展開していく!!

 本大会では、ふたつのレギュレーションの大会を開催。メインである“Champions Cup”として開催される計6タイトルは、日本全国のゲームセンターにて、予選大会が開催された。その予選大会を勝ち上がったプレイヤーに、当日予選枠を勝ち上がったプレイヤーと招待選手が加わり、トーナメント形式で雌雄を決する。そのほか、“1Day Match Carnival”として、なんと13タイトルものワンディトーナメント大会を開催。各タイトルのゲームプレイヤーが集い、まさにお祭りと呼ぶにふさわしい賑わいを見せていた。

大会開催タイトル一覧(10月21日)

・Champions Cup
BLAZBLUE CENTRALFICTION』(ARC REVOLUTION CUP 2017)
GUILTY GEAR Xrd REV 2』(ARC REVOLUTION CUP 2017)

・1Day Match Carnival
ウルトラストリートファイター IV
ニトロプラス ブラスターズ -ヒロインズ インフィニット デュエル-
アルカナハート3 LOVEMAX SIXSTARS!!!!!!
ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』(ARC REVOLUTION CUP 2017)
CHAOS CODE -New Sign of Catastrophe-
UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late[st]』  (ARC REVOLUTION CUP 2017)
湾岸ミッドナイト マキシマムチューン 5DX PLUS

■大会開催タイトル一覧(10月22日)
・Champions Cup
THE KING OF FIGHTERS XIV Arcade Ver.
マジシャンズデッド NEXT ブレイジング
鉄拳 7 FATED RETRIBUTION
ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT

・1Day Match Carnival
電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION
ブレードアークス from シャイニング VER.2.1EX
恋姫†演武~遼来来~
DEAD OR ALIVE 5 Ultimate: Arcade
頭文字 D ARCADE STAGE Zero
新甲虫王者ムシキング

ホール1000ではメインステージを設置。こちらではおもにChampions Cupのトーナメント本戦が行われる。

ホール500では、当日予選や1Day Match Carnivalの大会をメインとして利用されていた。また、フリープレイ台では、出場選手らが準備運動の対戦を行ったりする場面も。

ホール300には、『ストリートファイターV』をアーケード仕様にチューンアップした特別仕様のゲーム筐体を設置。最新キャラクター、アビゲイルもプレイ可能な最新バージョンをアーケードゲーム筐体でプレイできるとあり、多くのプレイヤーが筐体で“ゲームセンター感”を味わっていた。『ストリートファイターV』の筐体には、USBでコントローラを接続できる仕組みも。アーケードスティックではなくパッド派なプレイヤーなら、自前のコントローラを持ってきてプレイすることも可能だ。

ホール300にはカプコンの綾野氏が登場し、闘神祭2017ストVクイズ大会を開催。クイズに正解した人には、特製Tシャツがプレゼントされた。

ホール外のホワイエでは、『湾岸ミッドナイト マキシマムチューン 5DX PLUS』のトーナメントが開催され、全国からプレイヤーが集結。

 会場内には、現在開発中となっている対戦格闘ゲームの試遊台も複数設置され、ここにも多くのファンが列を作っていた。なかでも注目なのは、プレイステーション4、Nintendo Switch、PCでの発売が発表された『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』だ。すでに海外のゲームイベントではプレイアブルとなっていたが、日本国内でプレイできるのは、本イベントが初の機会。アークシステムワークスが手掛ける対戦格闘ゲームタイトルの夢の共演が実現したタイトルということもあり、さまざまなファンが本作の操作感を確かめていた。なお、『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』の試遊ブースは10月21日限定なので、要注意。

アークシステムワークスブースでは、さまざまなオリジナルグッズを販売。

 さらに、スクウェア・エニックスの人気スマホゲームを題材とした、『ミリオンアーサー アルカナブラッド』もプレイできた。こちらは2017年秋にアーケードで稼働を予定しており過去にも試遊できるイベントが開催された経緯もあるため、なかにはすでに超絶コンボを相手に叩き込んでいるプレイヤーもチラホラ。

『ミリオンアーサー アルカナブラッド』。2017年秋稼動予定。

原作のスピンオフマンガから誕生した大納言エルのご尊顔も。威圧感がスゴい。

 そのほか、ゲーム以外のメーカーもブースを出典し、さまざまな製品を来場者にアピール。高品質なゲーミングチェアを発売するDXRACERのブースもあり、その座り心地をアピール。試遊や大会での休憩を取るプレイヤーたちの憩いのスペース(?)にもなっていた。

 会場には、エナジードリンクでおなじみのRed Bullの姿も。会場のさまざまな場所に試飲スペースがあり、欲しい人はタダでゲット可能。海外のイベントでは見慣れた光景だが、試飲目当てに人が殺到しないのは、日本人ならでは?

町中で走っているのを見たことがある人もいるのでは?

会場のひとコマには、小さなゲームファンの姿も。自分で着色したカードを筐体に読み込ませると、描いたイラストがゲーム中に登場する『らくがきカードバトル撃墜王』も出典。そこかしこで激しく火花が散る大会にも関わらず、ここだけゆるい空気が流れる……?

 闘神祭には一本勝負の結果に一喜一憂するプレイヤーあり、ナンバーワンプレイヤーの誕生を見守る観客ありと、1日目から大勢のゲームファンが詰めかけ、勝敗が決するたびに大きな歓声が上がり、終始会場は熱狂の渦に包まれていた。2日目にも多数のゲームタイトルの大会が開催されるほか、こちらもアーケードでの稼働が待たれる『Blade Strangers』の試遊ブースも新たに設置される。涙あり、笑いあり、興奮ありの2日限りの祭典に、興味があるプレイヤーは、ぜひ足を運んでほしい。