2017年10月21日、東京・お台場のTFTホールにて開催された“闘神祭2017”決勝大会会場にて、新作対戦格闘ゲーム『ブレイブルー クロスタッグバトル』がプレイアブル出展された。

 2017年10月21日、東京・お台場のTFTホールにて開催された“闘神祭2017”決勝大会の会場にて、対戦格闘ゲーム『ブレイブルー クロスタッグバトル』(以下、『BBTAG』)がプレイアブル出展された。現地の模様とプレイインプレッションをお届けしよう。

 “闘神祭2017”はタイトーが主催する、アーケード版対戦格闘ゲームを中心とした複数ゲームの全国大会。10月21~22日には各地の予選大会を突破した選手たちがTFTホールに集結し、全国制覇をかけた決勝トーナメントが行われた。その初日となる21日はアークシステムワークスが手掛ける格ゲーが競技種目となっており、会場では同社開発の新作タイトル『BBTAG』の試遊台が設置された。

 『BBTAG』はアークシステムワークスが携わる格ゲーと、大人気アニメシリーズ『RWBY』のキャラクターが一堂に会する、クロスオーバープロジェクト。夢のタッグバトルが楽しめるコンシューマー版2D格ゲーだ。対応ハードは、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)、プレイステーション4、PC(Steam)が発表されており、現地ではプレイステーション4版を純正のゲームパッドでプレイできるようになっていた。

 本作は現在開発が進められており、試遊台では9人のキャラクターが使用できた。登場元のタイトルとメンバーは以下の通りだ。

ブレイブルー』:ラグナ、ジン、レイチェル、ハザマ
ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』:鳴上悠、花村陽介
アンダーナイト インヴァース』:ハイド、リンネ
『RWBY』:ルビー・ローズ

 プレイしてみてまず感じたのは、キャラやステージ背景などのビジュアル面はほぼ原作のイメージ通り。元タイトルから出てきたキャラたちが、そのままひとつのゲームに落とし込まれていた感覚だ。格闘ゲームには初登場となる『RWBY』の主人公ルビー・ローズは、アニメ版の魅力や雰囲気はそのままに、鎌と銃を使い分けるバトルアクションを展開。立ち姿や振る舞いはかわいく、攻撃はカッコよくデザインされており、期待を裏切らない出来での登場となっていた。

 プレイヤーはプレイアブルキャラの中から2体を選択し、対戦相手と2vs2のチームで戦う。操作面は、基本的な攻撃は主に弱、強、クラッシュの3種で構成。弱と強には牽制や対空など立ち回りで役割を担う攻撃が多く揃い、クラッシュは中段や下段といったガードを揺さぶる攻撃となっていた。弱と強に関してはボタンを連打するだけで多種の技を用いた連続攻撃が発動する。コンボではこれらの派生攻撃を多く用いることになりそうだ。

 移動方法にはダッシュやバックステップ、空中では2段ジャンプや空中ダッシュがあり、自由度が高い動きが可能。移動の特徴として、地上では方向キーを前に入れるだけでダッシュとなるため、簡単にハイスピードの攻勢を仕掛けることができた。なお空中ダッシュは方向キーの2回連続入力が必要だが、代わりにボタン同時押しで空中ダッシュするシステムが存在。ゲームパッドで遊びやすい配慮が随所に感じられる操作設計となっていた。

 とくに印象的だったゲームシステムとポイントは以下の通り。

チェンジ バトル中のキャラとパートナーキャラが交代する行動。全体モーションやスキは少なく、その場で素早く入れ替わる。

スキル キャラ固有の必殺技。どのキャラもコマンドはかなりシンプル。いわゆる波動拳+ボタンでスキルが発動し、ゲージを使う大技“ディストーションスキル”は波動拳+ボタンふたつ同時押しで発動できる。

ディストーションスキル 簡単コマンド+ボタン同時押しで使用できるため、相手のスキを見てから発動してダメージを奪う戦術が考えられる。パートナーを呼び出す追加入力を発動するとディストーションスキル→ディストーションスキルの連続攻撃が発動。大ダメージを与えるのはもちろん、演出にかなり力が入れられておりビジュアルの爽快感がバツグン。

クラッシュ攻撃 地上の立ち状態で使用すると中段攻撃、しゃがみ中に使用すると下段攻撃が発動。中段がヒットすると相手をロックして自動で連続攻撃へ派生する、ド派手なシステムだ。中段下段ともにキャラごとにリーチや発生に大きく差がある。なお空中版は多くのキャラが叩きつけ攻撃となっており、空中コンボの締めに用いるとダウンを奪いやすいようだ。

リバーサルアクション 切り返しに便利な無敵攻撃。守勢時の割り込みはもちろん、クラッシュ攻撃や予備モーションの大きい技など、相手の攻撃を見てから発動して反撃を狙えると強力そうだ。

パートナースキル 控えにいるキャラがステージに飛び込んで攻撃を発動。方向キーと組み合わせることで多種のアシスト攻撃を使い分けることができる。メインキャラの突進系攻撃のフォローとして使用して攻めのきっかけを作ったり、アシストの飛び道具を布石に接近を試みるなど、さまざまな戦術が考えられる。ただし無敵技のリバーサルアクション中のフォローに用いることはできないようだ。

レゾナンスブレイズ 一定時間キャラが強化されるシステム。パートナーが倒されてひとりになってしまった際に1度だけ発動可能。効果時間中は必殺技に加えて通常攻撃にもケズり効果が付加され、ディストーションスキルのような大技はガードさせるだけでも大きく体力を奪うことができた。ひとりになってからの頼れる逆転要素として効果を発揮すると思われる。

 ほかにも本作独自のバトルシステムが豊富に組み込まれており、操作はカンタンながら戦術の幅はかなりバリエーションに富んだ可能性が期待できそうだ。現地で対戦風景を撮影してきたので動画を掲載しよう。

ルビーが食堂でぶっ放していたあの大技がディストーションスキルに。移動距離が長い強力な突進攻撃となっていたぞ。
レイチェルは方向キー+攻撃で“風”を吹かせるドライブ能力を発揮。ジンのアシストには相手を吹き飛ばす突進攻撃が存在していた。
鳴上や陽介がペルソナを用いた攻撃を使った際、そのペルソナが攻撃されるとキャラ本体の体力が減少していた。無防備になってしまうペルソナの扱いには注意したい。
『アンダーナイトインヴァース』のキャラは空中ダッシュが独特な軌道。リーチの長い攻撃が揃っているため、得意な間合いがほかのゲームキャラより広そうだ。