子どもから大人まで有明に集結!誰もがアツくなれる対戦ゲームの可能性を見せた“1Day Match Carnival”2日目をレポート【闘神祭2017】

2017年10月21日、22日に東京ビッグサイトTFTホールにて開催された、アーケード対戦・格闘ゲームの全国大会“闘神祭2017”。ここでは、2日目の模様をリポートする。

 2017年10月21日(土)、22日(日)に東京ビッグサイトTFTホールにて開催された、アーケード対戦・格闘ゲームの全国大会“闘神祭2017”。二日間に渡り、数多くのタイトルでそれぞれのNo.1プレイヤーを決めるトーナメントが行われ、腕に覚えのある対戦ゲームプレイヤーたちが本当の最強の座を争って、激戦の火花を散らした。本記事では、決勝大会開催日当日に行われた“1Day Match Carnival”の結果と注目タイトルの模様を振り返っていく。

 “1Day Match Carnival”とは、大会当日に現地に集結したプレイヤーや、各地の予選を勝ち抜いてきたプレイヤーたちによる、小規模で行われる1日限りのトーナメント大会。本大会のメイン種目とも言える"Champions Cup"に対して参加人数や規模の面では劣るものの、選出されるタイトルの数は非常に多く、また稼働開始から長く時間が経過しているものも多いため、各ゲームをやり込み続けてきた職人プレイヤーの手による奥深い攻防の数々が期待される。

 2日目となる10月22日(日)に行われた“1Day Match Carnival”のタイトルは以下の通り。

・『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION
・『ブレードアークス from シャイニング VER.2.1EX
・『恋姫†演武~遼来来~
・『DEAD OR ALIVE 5 Ultimate: Arcade
・『頭文字D ARCADE STAGE Zero
・『新甲虫王者ムシキング

『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION』

 『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION』(以下、『電撃FC』)は、ライトノベルレーベル“電撃文庫”の人気作に登場する主人公やヒロインが、作品の枠を越えて一堂に会する豪華メンバーの2D対戦格闘ゲーム最新作だ。原作が小説とはいえ、アニメ化された作品も多いため、見覚えがあったり最近始まったアニメ番組に登場していたりと、馴染み深いキャラクターも多いだろう。まさに夢の競演だが、それだけに作品人気も高く多くのプレイヤーから愛されてきたタイトルでもある。全国規模の大会はこれまでに何度も行われているため、プレイヤーどうしの因縁も深く育っている。わずかな油断が一瞬で試合を決めかねない大ダメージに直結するゲーム性でもあるので、緊張感のある勝負を楽しめるだろう。

 原作キャラクターの魅力に加え、シンプルな操作性とシステムの奥深さを兼ね備え、未だ根強い人気を誇るタイトル。“1Day Match Carnival”では唯一の2on2であり、対戦は先方どうし・大将どうしで闘った後、1勝1敗なら各勝利者による決定戦が行われる通称"早稲田式"ルールを採用。チームなのでとうぜん参加人数もほかの“1Day Match Carnival”採用タイトルより多く、会場の盛り上がりも一際。正面の配信スクリーンに緊迫の攻防が映し出された時には観客席から大きな歓声が上がっていた。

 ともすれば立ち回り以上に、サポートの使い方、3種類あるブラストの使い分け、クライマックスゲージの吐き方、切り札の使用タイミングなど、リソースの運用方法や判断力、システム面に対する習熟度が勝敗を左右する要因となるのが本作の特徴。やり込みを続けたプレイヤーのゲームへの理解度は極限に近いレベルまで高まり、プレイ内容も非常に高い領域まで洗練されている。

 また2on2ということで、参加プレイヤーは、相方がいる安心感と、相方にチームの勝利を託されているプレッシャーを同時に味わうことになる。大会という特別な舞台でふだんを超えるポテンシャルで快進撃を見せるプレイヤーもいれば、本来ありえないようなミスから敗北してしまう場合もある。それを絆の力で補い、より強固にできるのがチーム戦の強みでありおもしろさだ。

 決勝戦は、盤石の強さでトーナメントを勝ち進んだ昨年の覇者チーム、氷炎魔団長フレイザード(にが選手/シャナ、おず選手/達也)に大宮養豚場(ししど/シャナ、ですも/蓮太郎)チームが挑む形。先鋒で出たにが選手は長く使っていた桐乃からシャナにキャラクターを変更しての参加で、しかも初戦からししど選手との同キャラ戦になってしまうが、プレイヤー性能の高さを見せつける形で勝利を飾る。大将戦はおず選手(達也)対ですも選手(蓮太郎)。序盤はですも選手が接近戦の得意な蓮太郎の強みを生かしておず選手を追い込むが、粘りに定評のあるおず選手に対して最後まで詰め切れず、そこから始まったおず選手の反撃でペースを握られ、2ラウンド先取されてしまう。覇者の覇者たる所以を見せつけるような優勝劇を見せた氷炎魔団長フレイザードチーム。今後、彼らの牙城を揺るがすプレイヤーが現れるのかにも注目だ。

大会結果
優勝 氷炎魔団長フレイザード(にが/シャナ、おず/達也)
準優勝 大宮養豚場(ししど/シャナ、ですも/蓮太郎)

▲左から、芹沢鴨音氏、寺田貴治ディレクター、にが選手、おず選手、ししど選手、ですも選手、セクシー斎藤氏。

『新甲虫王者ムシキング』

 『新甲虫王者ムシキング』(以下、『ムシキング』)は、かつて子供たちの間で一世を風靡した『甲虫王者ムシキング』シリーズの最新作。コレクションしたカードからバトルに出す甲虫カードを筐体に読み込ませて、グー・チョキ・パーをベースとしたじゃんけんによる相性勝負を行う。Vガジェと呼ばれる特殊効果を発揮する特殊アイテムを駆使して、読み合いを制するのだ。

  それは何度も闘神祭というイベントを経験してきたからこそ特異に映った光景なのかもしれない。対戦格闘ゲームの祭典において、ホールの外側に設置されたブースが人で溢れかえるほどの大賑わいを見せていた。『ムシキング』のトーナメントに集う参加者たちだ。アーケード、すなわちゲームセンターで覇を競う格闘ゲームプレイヤーがひしめく会場の中でひと際目立ったのは、子どもたちや彼らを連れたお父さんの存在だ。

 『ムシキング』はカードをコレクションし、編成を作り、じゃんけんというもっともシンプルかつ純粋なかけ引きで闘うゲーム。複雑なレバー操作テクニックはいらない。誰もが同じ闘いのリングに上がり、王者を目指せる。小さな子どもから、大きなお兄さん、息子といっしょにカードを携えるお父さんもだ。勝負の熱を感じて盛り上がれることに、そしてかっこいい甲虫が好きな心に年齢は関係ない、そんな『ムシキング』というタイトルが秘める魅力を感じさせる大会風景は、闘神祭というイベントが秘める可能性のひとつを示すものだったのかもしれない。

大会結果
優勝 ハマキチ選手
準優勝 マル選手

『恋姫†演武~遼来来~』

 『恋姫†演武~遼来来~』(以下、『恋姫』)は、三国志の武将が美少女であるという設定のゲーム『恋姫†無双』を原案とした対戦格闘ゲーム。かわいい女の子ばかりのビジュアルイメージに反して、ゲームプレイにおける対戦内容はあまりにも硬派。対戦に勝つためには差し込み、置き技、差し返しといった格闘ゲームの地上戦における要素をフルに駆使する必要があり、プレイヤーの技量が勝敗の結果に如実に表れるゲーム性でもある。決まれば一気に総体力半分以上の大ダメージを与えられる特殊なカウンターヒット“崩撃”からのコンボも見どころのひとつだ。

 最新バージョンになってダッシュの速度が上がり、ゲーム性に大きな変化をもたらした『恋姫』。元々、ジリジリした試合展開の印象が強いタイトルだが、前述の変更点と大会が持つ独特の空気がそうさせるのか、非常に激しい攻め手がくり出され、あっという間に決着がつく試合も多く見られた。

 激しい接戦が数多くくり広げられる中、決勝に進んだのは高森藍子選手(夏候惇)とマガトロさん選手(呂布)の二名。ふたりは同時期に『恋姫』シリーズを始めた友人であり、どちらも全国規模の大会優勝経験者であり、今度行われる全国大会のチームメートどうしでもある。まさに実力者の中から真の闘神を選ぶ展開となった。

 試合内容は、地上戦における攻防のセオリーを凝縮したような、互いにジリジリと体力を奪い合うまさに『恋姫』らしい大接戦。最後は画面端に追い込んだ状況から見ごとに確定反撃を決めた高森藍子選手が2ラウンドを先取して闘神の称号を手に入れた。

大会結果
優勝 高森藍子選手(夏侯惇)
準優勝 マガトロさん(呂布)

▲左から、いっちー氏、アンノウンゲームズ 中村弘平氏、優勝した高森藍子選手、マガロトさん選手、神園氏。

『ブレードアークス from シャイニング VER.2.1EX』

 『ブレードアークス from シャイニング VER.2.1EX』(以下、『ブレアク』)は、セガにより発売されているファンタジーRPG『シャイニング』シリーズの人気キャラクターたちが、シリーズの垣根を超えて集結した対戦格闘ゲームの最新バージョン。好みのキャラクターどうしでタッグを組んで戦う2on2システムを採用している。メインキャラクターとサポートキャラクターは役割が完全に分担されているが、ラウンドごとに切り替えが可能。比較的激しい動きの少ないスタンダードタイプのゲームなので、観戦で対戦内容は把握しやすいだろう。

 本大会の特徴は、レイジをメインに使うプレイヤーが非常に多かったことだ。トーナメントで同じキャラクターと当たる確率が高く、使用キャラが同じということは、その試合はプレイヤー本人の実力、果ては意地のぶつかり合いとなる。そんな熱い勝負が随所でくり広げられていたかと思えば、絶望的な相性のキャラクターが壇上で相見え、観客席が思わず凍りつくような試合展開も見られた。

 そんな大会環境で決勝に残ったのは、レイジを駆るジャンケンマン選手(レイジ/サクヤ)と本日初めてレイジと当たると言うgamera選手(裏雪姫/パイロン)。自分の強さで押し切るか、積み上げてきた対策を発揮するかの決勝戦は、絶対的とも言える対応力でジャンケンマン選手の攻め手をさばき、切り返し続けたgamera選手が優勝。決着後、悔しさに歪むジャンケンマン選手の表情も、真剣勝負のひとコマとして印象的だった。

大会結果
優勝 gamera選手(裏雪姫/パイロン)
準優勝 ジャンケンマン選手(レイジ/サクヤ)

▲左から、セクシー斎藤氏、神園氏、優勝したgamera選手、準優勝したジャンケンマン選手、スタジオ最前線 近藤敏信氏。

『DEAD OR ALIVE 5 Ultimate: Arcade』

 『DEAD OR ALIVE 5 Ultimate: Arcade』(以下、『DOA5』)はコーエーテクモゲームスによって開発された3D対戦格闘ゲームシリーズの最新作。美しい女性キャラクターたちが海でバカンスを楽しむゲームもあるが、こちらは真剣勝負の対戦格闘だ。本作ではコラボレーションとして『戦国無双』シリーズから井伊直虎、『ザ・キング・オブ・ファイターズ』から不知火舞が参戦を果たした。やはり美少女が多くなってしまうが、画面上で行われる戦いは本気の勝負。彼女たちの胸に見惚れて試合の熱い攻防を見逃さないように。

 “1Day Match Carnival”では唯一の3Dタイトルである『DOA5』。攻撃ボタンを押した直後のヒット・ガード状況を瞬時に把握し、攻防の読み合いが次々と、目まぐるしく展開されていくのが3D格闘ゲームの特徴であり、『DOA5』もその例に漏れない、かけ引きそのものの強さが勝利に直結するスピーディーなタイトルだ。

 本大会における注目の的となったのは、これまで他タイトルで実況を務めながら満を持してトーナメントに参戦したGGP/神園選手(ミラ)だった。準決勝では、師匠にあたるゲンフー使いのシオロジカ選手とぶつかり、ついに師匠超えを達成して決勝へ進出を決めた。

 決勝戦はGGP/神園選手(ミラ)と歴戦のプレイヤーである輝Rock選手(レイファン)の組み合わせ。狭いステージでフルセットまでもつれ込んだ激戦となったが、何度も読み合いを制したGGP/神園選手が勝利を手にし、頂点の座に上り詰めた。

大会結果
優勝 GGP/神園 ミラ
準優勝 輝Rock レイファン

▲左から、コーエーテクモゲームス 闇マ氏、早矢仕洋介プロデューサー、優勝したGGP/神園選手、準優勝した輝Rock選手、セクシー斎藤氏。

『頭文字D ARCADE STAGE Zero』

 『頭文字D ARCADE STAGE Zero』(以下、『イニD』)は、同名の漫画を題材にしたレースゲームの最新作。予選はコース固定のタイムアタックだが、決勝トーナメントは対戦前にじゃんけんを行い、コース抽選権利かシート選択権利を選んだうえ、対戦モードで行われる。決勝はランダム性が高いため、各コースやコンディションにどれだけ馴染んでいるか、対応力が問われる闘いとなりそうだ。

大会結果
優勝 WHITE選手
準優勝 タカヒロ先生選手

プレイヤーのゲーム愛が数々の名勝負を生んだ“1Day Match Carnival”

 『ムシキング』で会場が賑わうというサプライズはあったものの、やはり闘神祭の主戦場は対戦格闘ゲームだ。“1Day Match Carnival”2日目の開催種目は1日目よりもさらにコアなファンがやり込みを続けるタイトルが並んでいる。そのどれもが“Champions Cup”の採用種目に参加人数や規模では劣るが、タイトルを遊び続けシーンを引っ張っていくプレイヤーのゲーム愛という意味では決して負けていない。ひとつのタイトルをおもしろいと感じ、遊び続けて愛着が湧き、そんな愛の深いプレイヤーたちが集まって大好きなゲームで頂点を目指した。それが“1Day Match Carnival”だった。