『バイオハザード7』が“CEDEC AWARDS 2017”関連2部門を受賞! 受賞を記念しサウンドメイキング動画も公開

カプコンより発売中のサバイバルホラーゲーム『バイオハザード7 レジデント イービル』が、“CEDEC AWARDS 2017”のエンジニアリング部門とサウンド部門で優秀賞を獲得したことが発表された。

●受賞を記念してサウンドメイキング動画も公開!

 カプコンより発売中のサバイバルホラーゲーム『バイオハザード7 レジデント イービル』が、“CEDEC AWARDS 2017”のエンジニアリング部門とサウンド部門で優秀賞を獲得したことが発表された。

 以下、リリースより。


 “サバイバルホラー”の新たなマスターピース、『バイオハザード7 レジデント イービル』。プレイヤーにかつてない没入感、そして圧倒的な“恐怖”を体験して貰うため、クリエイターたちが工夫の限りを尽くした作品だ。その「バイオハザード7」がCEDEC AWARDS2017のエンジニアリング部門※、サウンド部門で優秀賞を獲得した。この受賞を記念して『BIOHAZARD 7 resident evil』サウンドメイキングを公開!そして本作の開発責任者、竹内潤が語る「バイオハザード7」の開発者インタビューもご紹介しよう。
※エンジニアリング部門での受賞は「バイオハザード7」開発チームではなく、「RE ENGINE」開発チームでの受賞となります。

エンジニアリング部門
「RE ENGINE」開発チーム
 AAAタイトル制作が可能なゲームエンジンを開発する高い技術力およびMTフレームワークから続くタイトルのための内製ゲームエンジンを開発する姿勢を高く評価。

サウンド部門
バイオハザード7 レジデント イービル』サウンド開発チーム
 ゲーム全編をTVとVRの両方に対応させる効率的なワークフローを構築しつつ、静と動のメリハリを活かした没入感あるVRホラーサウンドは、トラウマレベルの恐怖を見事に演出。技術と演出の両面を評価。

すべては“恐怖”のために。
開発体制から変革した、新しい「バイオハザード」
 カプコンの企業広報サイトに掲出されている「バイオハザード7」開発責任者、竹内潤が「バイオハザード7」について語るロングインタビュー。その中では新たな内製ゲームエンジン「RE ENGINE」の特徴と新エンジン採用にあたって開発体制そのものを変革したドキュメントが詳細に語られている。

http://www.capcom.co.jp/ir/interview/2016/vol03/《⇒こちら》

静と動のメリハリを活かす。
「バイオハザード7」サウンドはどのように生まれたか?
 プレイヤーに圧倒的な恐怖を体感してもらう。そのために「バイオハザード7」サウンド開発チームは一切の妥協を排した音創りを行った。その真実に迫る長尺動画を公開。サウンドクリエイターを目指す方はもちろん、ゲームファン必見の映像だ

CEDECとは?
 CEDEC(セデック:Computer Entertainment Developers Conference)は、一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(略称:CESA)が主催する日本最大のコンピュー タエンターテインメントのカンファレンスイベント。最前線にたつクリエイターによる事例紹介を中心に、開発者同志の情報交換が行われます。CEDEC AWARDSは、その中で行われるイベントの一つ。コンピュータエンターテインメント開発の進歩へ顕著な功績のあった技術にフォーカスし、技術面から開発者の功績を称え表彰することで、開発技術の普及・啓蒙と産業の発展を目指しています。

CEDEC 2017:
http://cedec.cesa.or.jp/2017/《⇒こちら》
CEDEC AWARDS:
http://cedec.cesa.or.jp/2017/event/awards.html《⇒こちら》



(C)CAPCOM CO., LTD. 2017 ALL RIGHTS RESERVED.