日本一ソフトウェアは、海外のインディーゲームを国内向けに発売する“日本一 Indie Spirits”プロジェクトにおいて、本日2017年2月9日より『Nidhogg -ニーズヘッグ-』、『Emily Wants to Play』、『Back to Bed』の3タイトルを、PlayStation Storeにて配信開始した。

●クリエイターのこだわりが光る3タイトル

 日本一ソフトウェアは、海外のインディーゲームを国内向けに発売する“日本一 Indie Spirits”プロジェクトにおいて、本日2017年2月9日より『Nidhogg -ニーズヘッグ-』、『Emily Wants to Play』、『Back to Bed』の3タイトルを、PlayStation Storeにて配信開始した。

 以下、リリースより。


日本一ソフトウェアは、2017年2月9日(木)より、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントが運営する公式オンラインストア「PlayStation Store」にて、『Nidhogg -ニーズヘッグ-』、『Emily Wants to Play』、『Back to Bed』の3タイトルの配信を開始いたします。

いずれのタイトルもクリエイターの独創性や拘りが光るタイトルとなっております。
お求めやすい価格での販売となりますので、是非お気軽にダウンロードいただき、お楽しみ頂けますと幸いです。

『Nidhogg -ニーズヘッグ-』

【製品情報】
タイトル:Nidhogg(ニーズヘッグ)
ジャンル :格闘アクション
対応機種:PlayStation4 PlayStation Vita
プレイ人数:1人~2人
発売日:2017年2月9日
価格:ダウンロード専用 1,080円(税込)
開発:Messhof LLC., Code Mystics, Inc.
音楽:Daedelus
CERO:B(12歳以上対象)

大蛇に喰らわれる“贄”を決める対戦格闘ゲーム
北欧神話に登場する大蛇(Nidhogg)に喰らわれる、“贄”を決める対戦格闘ゲーム。
敗者が喰らわれるのではなく、勝者が偉大なる“贄”として大蛇に捧げられる。
プレイヤーは1対1のフェンシングを制し、ステージ最奥にいるNidhoggへと辿り着くことが勝利条件となる。

▲「GO」の表示のあるプレイヤーが先に進む権利を持つ。
▲ステージの最奥にいる“Nidhogg”。

格闘キャラは基本的に一撃で死亡し、即復活してステージへと復帰する。
一度フェンシングに勝利したプレイヤーは次のステージへと進む権利を与えられ、敗北したプレイヤーは相手の進行を阻み、再び勝負して権利を奪い返えさなければならない。

▲キャラが死亡する度、その身がペイントのように飛び散り、ステージの床を染め上げていく。
▲権利さえあれば無駄な戦闘を避け、ひたすら“先”へ進むことも策の一つ。

操作はシンプルだが、突き、ジャンプ、蹴り、ローリングといった多彩なアクションが存在。
バトルは一撃で生死が決まるため、プレイヤーのテクニックと瞬間の判断が勝利の鍵を握る。
対戦相手との駆け引きが熱く、プレイヤー同士の対戦が本作の真骨頂となる。

▲シングル、マルチ、オンラインのモードがあり、4種ある対戦ステージはステージごとに異なるギミックを持つ。

※オンライン対戦を遊ぶには、PS Plusをご利用いただく必要があります。
※オンライン対戦は、PlayStation4 ・PlayStation Vita同士でも遊ぶことができます。

『Emily Wants to Play』

【製品情報】
タイトル:Emily Wants to Play(エミリーウォンツトゥプレイ)
ジャンル:サバイバルホラー
対応機種:PlayStation4
プレイ人数:1人
発売日:2017年2月9日予定
価格:ダウンロード専用 1,080円(税込)
開発:SKH Apps LLC.
CERO:C(15歳以上対象)

心臓が飛び出るような恐怖と、極度の“緊張感”を味わうサバイバルホラー

プレイヤーはとあるピザ屋の配達員。
雨の降る夜、ピザを届けに訪れた一軒家で、突如鳴り響いた雷の音とともに、家の中に閉じ込められてしまう。
散らかった家具、あちこちに転がる不気味な人形、どこからか聞こえてくる笑い声。
深夜零時を告げる鐘の音が鳴った時、その家に住む人ならざる住人達との恐怖の“遊び”が開始される。

▲家具の散らかった、少し不気味な一軒家が舞台。
▲家の中に転がる人形。目を離すと消えていることがある。

“遊び”にはルールがあり、そのルールを解き明さなければ生きてその家を出ることは出来ない。
住人達が現れるのはいつも突然で、いつ襲って来るかわからないという死と隣り合わせの状況が、プレイヤーに極度の緊張感を与えてくる。

▲笑い声が聞こえたら注意。背後から人形が忍び寄っていることがある。
▲「ふりむいちゃだめ」と書かれたメモ。

この家は一体何なのか? 生きた住人たちはどこへ行ったのか?
探索を進め、家の中に置かれた幾つものメモやレコーダーを手にすることで、この家に起きた“出来事”が少しずつ明らかになっていく。

▲地下室と思われる場所で見つかるレコーダー。母親と思しき人間の声が録音されている。

『Back to Bed』

【製品情報】
タイトル:Back to Bed(バックトゥベッド)
ジャンル:夢遊病3Dパズルアクション
対応機種:PlayStation3 PlayStation4 PlayStation Vita
プレイ人数:1人
発売日:2017年2月9日予定
価格:ダウンロード専用 1,080円(税込)
開発:LOOT Interactive, LLC., Bedtime Digital Games,
CERO:A(全年齢対象)

夢遊病のボブを“ベッド”に導く奇妙で風変わりな3Dパズルゲーム

夢遊病の主人公“ボブ”が夢見る、奇妙な夢の世界が舞台のパズルゲーム。
プレイヤーは人面犬“サボブ”となって、夢の世界を彷徨うボブを“ベッド”まで導いてあげることが目的となる。
夢の世界は非現実な物体で溢れており、壁を床のようによじ登れる階段や、視覚の錯覚で繋がっている通路などが存在。
プレイヤーはこの歪な世界を把握しながら、上手くボブをベッドまで導いていく。

▲夢の中に広がる、奇妙で歪んだ世界。一見して繋がっていないような通路も、目の錯覚で繋がっていることがある。
▲ステージのどこかにあるベッドにボブを導く。

ボブは体が向いている方向へ直進し、障害物にぶつかると時計回りに90度方向転換。
ステージ中には主な配置物となる“リンゴ”をはじめ、通り抜けると別の場所に出る鏡、強風を吐き出す唇、ボブに襲いかかる狂犬など、様々なオブジェクト・ギミックが存在し、プレイヤーの知恵と工夫が試される。

▲ステージからボブが落下するとゲームオーバー。落下してしまわないように、先回りしてオブジェクトを配置。
▲夢の世界には危険が一杯。ボブの進路方向にあるギミックに注意。

ステージは難易度やクリア条件の異なるものが全60種。
謎解きの面白さは勿論のこと、幻想的で美しいステージを歩き回るだけでも楽しめる。

▲ゲームを通して、ユニークでアーティスティックな世界を堪能できる。