世界チャンプ“EG.ももち”選手に迫る!

 こんにちは。格ゲー大好き編集者の豊泉三兄弟(次男)です。最近は、7月に開催された世界最大の格闘ゲーム大会“EVO2015”を見て盛り上がってしまい、PC版の『ウルトラストリートファイターIV』(以下、『ウルIV』)を購入してガチャガチャしてます。そんなわけで今回は、EVO2015『ウルIV』部門優勝のEG.ももち選手のインタビューを敢行! ももち選手と同じチームに所属し、交際相手でもあるEG.チョコ選手、そして僕とおふたりの共通の友人であるがまの油さんに同席いただき、ざっくばらんにお話してきました。

【過去記事】
※格闘ゲーム通信Vol.1
※格闘ゲーム通信Vol.2
※格闘ゲーム通信Vol.3
※格闘ゲーム通信Vol.4
※格闘ゲーム通信Vol.5
※格闘ゲーム通信Vol.6

■インタビュー参加者
EG.ももち
twitterアカウント
北米プロゲーム団体Evil Geniuses(Team EG)所属のプロゲーマー。カプコンカップ2014優勝、EVO2015『ウルIV』部門優勝と、いまいちばん波に乗った選手。

EG.チョコ
twitterアカウント
北米プロゲーム団体Evil Genius(Team EG)所属のプロゲーマー。日本人女性初のプロゲーマーとしても注目を浴びる。

がまの油
運営としてゲームイベントを幾度と陰で支え、ももち、チョコを始め多くのスター選手を輩出。「ウメハラがー!」の実況でも有名。

豊泉三兄弟(次男)
週刊ファミ通・ファミ通.com編集者。格闘ゲーム大好き。

ももち選手

豊泉三兄弟(次男)(以下、豊泉) まずはEVO2015優勝おめでとうございます。ももちさんの試合は3日目のTOP8から見させてもらったのですが、本当に感動する試合ばかりでした。

EG.ももちさん(以下、ももち) ありがとうございます。TOP8の試合はどれも接戦でしたからね。

豊泉 決勝トーナメントの最初の相手は、ときどさんでした。ときどさんのゴウキとは海外大会でよく当たっているところを見かけるのですが、個人的にはももちさんが優勢なイメージがあります。

ももち 野試合はいつもいい勝負ですし、ときどはいつやっても五分くらいなんですけど、
今回のような大きい大会で僕が勝ったので、そういう印象があるのかもしれませんね。最近の大会では日本人相手の試合の勝率はいいんですけど、ときどとの試合は内容も接戦になることが多いですし、ほんと紙一重だと思います。

豊泉 結果は3-1でしたが、内容としては接戦だったんですね。ときどさんは対空が出ていなく、後手にまわっている印象がありました。

ももち そうですね。最後のほうに対応が間に合ってきたかな?という形でしたが、もう時すでに遅しという感じだったと思います。

豊泉 “空中竜巻旋風脚”を警戒していたんですかね? 

ももち んー、でも相当緊張していた様子ですよ。ときどは“阿修羅閃空”を使うときは、だいたい緊張しているときなので(笑)。

豊泉 ふたりで並んで対戦していると、そういう緊張感も伝わってくるものなのでしょうか?

ももち それはもう、伝わってきますね。画面内の動きからも緊張が見えますけど、「やっぱこう、空気感で緊張してるな」とわかります。

豊泉 やはりEVOはほかの大会よりも緊張するものですか?

ももち もう、ほんとに特別な大会ですから、1回戦から空気感がほかの大会とぜんぜん違いますよ。

豊泉 ももちさんは緊張することはないんですか?

ももち いやもう、相当緊張していますよ。ただ、最近は昨年のカプコンカップで優勝したのと、プロツアーの大会に数多く出場している経験から、少し心に余裕を持つことができています。

豊泉 その経験を活かして、落ち着いてトーナメントに入っていけてるわけですね。

ももち そうですね。ただ、その日の初戦の入りかたはものすごく意識しています。自分はスロースターターと言いますか、エンジンがかかるのが遅いんですよ。だから気が付いたら負けて“ルーザーズ”に落ちているとか、スコアが先行されていて絶望的な状況になっているということが結構あるんです。そういうこともあって、今年は初戦の入りかたを課題にしていました。今回のEVOでいうと、初日の予選1回戦もそうですし、3日目のTOP8の初戦。ときど戦ですね。そこは本当にすごく大事に入りました。

豊泉 エンジンのかかりが遅いという意味では、ルーザーズに落ちずにTOP8に残れたのが相当大きかったですね。

ももち ウィナーズに残っている。ライフが1残っているという余裕は、かなり大きかったですね。あとがないと、どうしても思い切った行動ができなくなってきますから。

豊泉 ウィナーズでTOP8に残るポイントになったのは、TOP32のXian選手との一戦だったような気がします。かなり追いつめられた状況からの逆転劇でした。

ももち あれは負け試合でしたね。試合中にも「これちょっとキツいな」と。その状況になったからキツイというのではなく、そこまでの内容が完璧に負けていたんですよ。

豊泉 Xian選手のももち対策がハマっていた?

ももち そうですね。彼とはもう何回も大会で当たっているんですよ。2014年のカプコンカップの決勝の相手も彼ですし、2015年に入ってからもメチャクチャ当たる機会が多くて、勝ったり負けたりをくり返していました。負けたほうが対策を練ってリベンジして、それで負けたほうがさらに対策をして……という流れがあったので、今回も相当な対策をされていました。それに加えて、Xian選手と当たる前に、彼と同じプロチームのGackt選手に当たっていたんです。その試合の情報共有がされていたこともあり、かなりきびしかったですね。

豊泉 徹底的に研究されていて内容でも完璧に負けている。そんな負け試合の流れでの心の持ち方は何か意識している部分があるんですか?

ももち じつは途中で折れかけていたんですよ(笑)。でも、追いつめられたときにXian選手が勝ち急いでいるのがわかったんです。「早く決めよう、早く決めよう」と、体力を削る動きになっていたので、ここに活路があるな、と。そこを冷静に見抜けたので、逆にじっくり戦うことができました。

豊泉 そういった危機的状況にも関わらず、相手の精神状態までしっかり見えているというのはすごいですね。

ももち 自分が緊張していると「勝つぞ、勝つぞ!」というところしか見えなくなって、行き当たりばったりになってしまうんです。でも今回は相手が焦っているぞ、というのを試合中に第三者目線で見られたので、そこは成長だと思います。

豊泉 第三者目線で試合が見られるってすごいですね。

ももち そこがほんと大きかったと思います。まあそれもやっぱり経験ですよね。2015年はいっぱい大会に出てきたってところが活きたのかなと。

がまの油さん(以下、がま) その試合はチョコさんはご覧になりました?

EG.チョコさん(以下、チョコ) はい、少し後ろで見ていました。

がま ももちさんが雰囲気にのまれている感じはありました?

チョコ シンガポールの仲間たちがいて、まわりの人はだいたいXian選手を応援している状況でした。海外の人たちなので、応援は「ワーッ」という感じですごいし、ももちがやられると盛り上がることが多く、完全なアウェーの空気だったので大丈夫かな?と心配していました。

豊泉 ちょうど決勝戦の話が出たので、決勝戦を振り返ってもいいですか? GamerBee選手との決勝戦では最初ケンを使っていて、途中からキャラクターを変えましたよね? あれはケンではきびしいと感じたのでしょうか?

ももち もうほんと単純に「ケンでは無理だな」というところですね。殺意の波動に目覚めたリュウ(以下、殺意)を使う予定はいっさいなかったので、もうあの場で決めたことなんです。

豊泉 ももちさんと言えばケンというイメージがあったので、最後の最後でケンより精度の落ちる殺意を出したというのが、観てる側としても「え、マジで!?」という感じでした。あの場面は相当迷ったのでは?

ももち 迷い…ましたね。ただ、去年もキャラクターをどうするかというのはずっと課題にしていたんですよ。2014年のEVOではいろいろなキャラクターを使ってベスト8には残ったんですけど、勝てなかった。その後の大会でもいろいろ使ってみたけど、うまくいかなくて……。「ちょっとこれじゃあ駄目だな」と思い、そこからカプコンカップまではケン1本にしたんです。それはもうしっかりやり込んで、そうしたらカプコンカップで優勝できたんですよね。その流れで2015年もケン一本を続けていたら、ポンポンとふたつくらい大会で優勝できたんですけど、3月4月くらいからケンで負け始めたんです。そこで、何かに縛られているというか、「あれ?」っと感じるところが出てきて……

豊泉 そのあたりからほかのキャラも使ってみようと?

ももち そうですね。それまではケン1本で結果が出ていましたけど、もともと自分としては、臨機応変にそのときベストなキャラを選択するという考えでしたから。それに、カプコンカップ2015の出場権を持っていたので、大会はカプコンカップ2015に向けての調整の場として使おうと考えていました。EVO前は本当にいろいろ試した期間でしたね。

豊泉 いろいろ試してきた余裕があったからこそ、その危機的な状況で殺意を出せたんですね。

ももち それが大きかったですね。カプコンカップ2014が終わってからずーっとケン1本であの舞台に立っていたら、おそらくケン以外使わずに行っていましたし、おそらく負ける可能性のほうが高かったと思います。

豊泉 ケンがきびしかったので、変えるとしたらエレナかな?と思っていたのですが、同じ系統の殺意を選択するとは思いませんでした。

ももち じつは、グランドファイナル前のルーザーズファイナルでInfiltration(以下、インフィル)とGamerBeeが戦っているときに、「GamerBeeが来たらどうする?」という話をときどやネモとしていたんですよ。そのときは豪鬼を推されました。

豊泉 あ、そうなんですね!?

ももち アドンに対してはエレナがかなり有利なので、確かにエレナを使うのはありだったんですけど、そうすると決勝がエレナ対エレナになる可能性があるじゃないですか。さすがにそれはどうだって(笑)。

豊泉 そこはプロとしておもしろくないと?

ももち それもありました。あとはGamerBeeが高いレベルでエレナを使えるので、自分のエレナでは勝てる可能性が低いなと。

豊泉 ではなぜ、豪鬼ではなく殺意を選択したのでしょうか?

ももち それはもう本当にたまたまですね。ケンとエレナはかなり練習していて、ケンの経験を活かせるキャラを持っておきたいということで、豪鬼と殺意も並行して使っていたんです。で、たまたま直近で殺意を練習していたので、殺意を。だからEVOが6月ぐらいに開催されていたら、おそらく豪鬼で行ったと思います。ほんとたまたま直前に殺意を使っていただけです(笑)。

豊泉 そうなんですね(笑)。殺意でアドン戦は練習していたんですか?

ももち ほぼゼロです(笑)。ただ、ウメハラ対GamerBeeという組み合わせを結構見ていたので、ウメハラさんのアドン対策みたいなものは頭にありました。そこはすんなり入れたのかなと。

豊泉 その後に、コントローラーの線が抜けてしまうまさかのハプニングがありました。いちばんびっくりしたの本人だと思うんですけど、そのときの心境はいかがでしたか?

ももち もうびっくりしましたね。ルールが頭に入っていなかったので、試合が止まった瞬間は自分が負けたのか、まだあるのかというのも把握できませんでした。まあ勝った負けたというよりは、「申し訳ないな」という気持ちがいちばん大きかったですね。あの舞台のあのタイミングで試合を止めるのは、どう考えても水を差してるじゃないですか。だからもう「ごめんなさい」って感じでした。

豊泉 チョコさんはあの瞬間どうでした?

チョコ 私も「あー終わっちゃったかー」て落ち込みましたね。

がま すぐに声をかけには行ってなかったですよね。

チョコ 結構待ったんですよ。私が行ってもジャマかなと思って様子を見ていたんですけど、すごく不安そうにしている顔が見えたので「これはマズイ」と思って。

がま その時に何かフォローしようとは考えなかったんですか?

チョコ 声をかけてもどうにもならないかなと思っていました。以前に声をかけたことがあったんですけど、ぜんぜん届かなかったんで(笑)。だからまずは静かに見守っていたほうがももちのためになるだろうなと。

豊泉 試合再開後は、ももちさんが開幕波動拳。GamerBeeがEXジャガーキックでの奇襲。食らいはしましたが、気持ちは落ち着いていたのでしょうか?

ももち 中断しているときは「申し訳ない」だとか「GamerBeeが優勝したほうが丸く収まるよなあ」とか考えていましたけど、再開するときは「絶対勝つ」という気持ちに切り換えて集中していました。大会にトラブルはつきものなんですよね。ラウンドを取っているのに、トラブルで最初からやり直すとか結構あるんです。以前はトラブルで集中が途切れて負けたこともあったんですけど、いまでは「トラブルも含めて大会、それを乗り越えて勝つやつが本当に強いヤツ」と思っているので、申し訳ない気持ちは試合とは別。試合は試合なので、心を鬼にしていこうと。その気持ちを込めての開幕波動拳だったんですよ。そうしたら相手も鬼だったと(笑)。

豊泉 なんかもう高校野球みたいに精神力勝負でしたね。

がま トラブルのときにチョコが代替コントローラーを準備していることもあって、試合に集中して気持ちの調整をつけやすかったのもあるかもしれませんね。

ももち ですね。最終ラウンドはもう技術なんて関係なかったですよね。気持ちで負けちゃダメだと。だからジャガーキックを食らっても、その後起き上がりに“昇竜拳”を撃ったんです。

豊泉 魂のこもった昇竜拳でしたね。気持ちは全然負けていなかった。

がま あの時は確か、GamerBeeが2本ゲージ溜まっていたけど、すぐに2本吐いて勝負に出た感じでしたよね。でも逆に2本吐いたから私は安心して見れましたけど。

豊泉 そんな気持ちと気持ちのぶつかり合いに勝って、優勝をもぎ取りました。EVOで優勝してみていかがでしたか?

ももち カプコンカップで世界一になっていましたけど、やっぱりEVOは歴史がありますから重みが違います。カプコンカップとは別に、絶対取りたいタイトルのひとつだったので、すごくうれしいです。優勝した瞬間はトラブルもあったので少し複雑な気分でしたけど、時間が経つにつれてもやもやは晴れていきました。いまは優勝したことに自信を持とうと考えるようになりました。

豊泉 参加者が2200人以上という過去最多の中での優勝。それも自信になりますよね。ウメハラ君がプロになるくらいにインタビューしたことがあるんですけど、そのときにいちばん勝ちたいのがEVOといっていて、その理由が1000人参加している国内にはない大規模な大会だからと言っていたんですけど、いまはもう当時の倍ですよ(笑)。そこで勝つなんて本当にすごい。