『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第32回) アクセサリー、集めてます?

『ドラゴンクエストX オンライン』(以下、『DQX』)の広大な世界を、『DQ』シリーズ大好きライター・ゴジラ太田の操る“ジーラ”が自由気ままに冒険する、“ジーラの放浪録”をお届けします! 連載第32回(通算132回)。

●旅芸人用にデーモンロッドを買いました!

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!

 たんすミミックの力を最大限に引き出すための相棒役として、よく使うようになった旅芸人。最近では“たたかいのビート”の追加などもあって、ますます旅芸人の楽しさにハマっています。

 旅芸人が使える武器は、棍と短剣と扇。どの武器も一長一短はありますが、俺はおもに棍を使って遊んでいます。

 皆さんそれぞれスタイルは違うと思いますが、俺が理想とする“パーティ戦闘における旅芸人の役割”は、仲間の強化と回復・蘇生補助です(余談ですが、回復魔力が280以上あればザオラルが確実に成功すると、一般的には言われていますね)。

 強化や回復の合間に余裕ができたときは、旅芸人自身も攻撃に参加します。俺は少ない攻撃チャンスでもそれなりのダメージを与えたいので(笑)、棍の氷結らんげきを使っています。水流のかまえによるピオラ2段階と、武器ガード、カウンター効果も強力ですしね。

 武器はこれまで、光と闇の属性を持つアポカリプス+3(錬金効果:攻撃力+18)を使っていましたが、ちょっと考えるところもあり、デーモンロッドに乗り換えることにしました。

 氷結らんげきは、武器の属性に関係なく、必ず氷属性攻撃になる特技です。また、ゴッドジャグリングやキラージャグリングといった特技は、属性の影響を受けません。つまり、アポカリプスの基礎効果である光と闇の属性を活かせる特技は、“なぎはらい”と“奥義・棍閃殺”だけなんですよね。

 一方、デーモンロッドの基礎効果は“悪魔系にダメージ+10%”と“会心率+3%”。特定種族へのダメージアップ効果は、氷結らんげきにも反映されるのです。さらに言えば、“悪魔系”は、アストルティアの世界でもっとも生息数が多いモンスターでもあります。

 これらを考えて、「デーモンロッドにしよう!」と思ったわけです。

 ……が、デーモンロッドをメイン武器として使うのはいいとしても、アポカリプス装備時よりも攻撃力を下げたくはありません。

 
 以前から俺が持っていたデーモンロッド+2を装備してみたところ、前述したアポカリプス+3と比べると、攻撃力が15も下がってしまいます。「これでは物足りない……!」と思った俺は、思い切ってウン百万ゴールドでデーモンロッドの大成功品を購入してしまいました!

 
 さて、財布はだいぶ軽くなりましたが、これでもともと使っていたアポカリプス+3装備時と同じ攻撃力になりました! 実際はバイキルトを使うとアポカリプスに比べて攻撃力が2下がるのですが、そこは見なかったことにします(笑)。ここまでくると完全に自己満足の世界ですが、ゲームってそういうものですよね! と、自分に言い訳しておきましょう。

 
 輝石のベルトは、氷属性特技のダメージ+8%、おしゃれさ+10、会心率+1%という、旅芸人に有用な効果が揃ったものを偶然持っていました。会心率アップも、デーモンロッドの3%と合わせると、合計4%も期待できます。

▲デーモンロッドは個人的に見た目がアレだったので、“ろうがぼう”でドレスアップしてみました!

 
 もうすぐバージョン3の発売なのに、いま散財するのはもったいないんじゃない?」と思う方がいるかもしれません。しかし“目覚めし冒険者の広場”に公開されている情報の裏を読むと、バージョン3発売のタイミングでは、新防具のみで新武器は追加されないように思えるのです(※あくまで俺の憶測ですよ)。それならば、「まだ数ヵ月はメイン武器として使っていけるんじゃないかなぁ」という考えです。

 ついでに言うと、俺がいまもっとも戦闘関連で遊んでいるコンテンツといえば、日課となっている強ボス巡りです。調べてみたところ、強ボスには悪魔系のモンスターがとても多いんですね。

■強ボスモードの悪魔系モンスター
魔軍師イッド強
魔兵ヒプノス強
魔兵タナト強
天魔クァバルナ強
悪魔長ジウギス
悪魔ザイガス強
ラズバーンの手下
悪夢の右手強
悪夢の左手強
魔人エンラージャ強
ヘルバトラー強
闇の従者
あくま神官

 これだけ多くの強ボスに有効な武器と考えれば、十分に楽しめるんじゃないかなと思っています。

●バージョン3に向けて、アクセサリー集めてます?

 
 バージョン3では、アクセサリー合成に“合成レベル”や“合成エナジー”といった新要素が追加され、これまでよりもお目当ての合成効果を狙いやすくなることが発表されています。そのため、「バージョン3になるまでアクセサリー合成はガマンしている」という人も多いのではないでしょうか。

 しかし、いざバージョン3が発売されたら、新職業や新ストーリーなどなどやりたいことが山ほど出てきて、「アクセサリーを集めている場合じゃない!」という状態になると思うのです。少なくとも俺はそうなる気がするので(笑)、バージョン3が発売されるまでのあいだに、できるだけ合成用のアクセサリーを集めておこう! と思っています。

 現時点での情報では、コインボスから入手できるアクセサリーや、ピラミッドで入手できるブローチの合成で合成レベルの経験値が貯まると発表されています。でもおそらく、フィールドにいる通常モンスターや転生モンスターから入手できるアクセサリーでも、同じように合成レベルの経験値は貯まるんじゃないかなぁと予想しています。

 なので、フィールドにいるモンスターから入手できるアクセサリーを集めるのもアリかな、と考えて、時間に余裕があるときは行くようにしています。

 でも、いざ集めに行こうと思っても、「フィールドにいるモンスターから取れるアクセサリーって何があったっけ? って言うか、どいつが落とすんだっけ?」ってなりがちですよね。俺はなりました(笑)。

 そんなわけで、ここでは通常モンスター、または転生モンスターから入手できる、比較的需要が高めなアクセサリーの情報をまとめていきますね。

<顔アクセサリー>
■モノクル(呪文暴走率+5%)
通常モンスター……なし
転生モンスター……まかいしつじ(アモデウスの転生)

■黒アイパッチ(戦闘開始時、5%の確率でバイシオン)
通常モンスター……なし
転生モンスター……アカツキショウグン(シュプリンガーの転生)、デビルロード(シルバーデビルの転生)

■白アイパッチ(戦闘開始時、10%の確率でリホイミ)
通常モンスター……なし
転生モンスター……しろバラのきし(しにがみのきしの転生)

 モノクルの合成効果は、“呪文暴走率+2%”が大当たりですね。いまは暴走魔法陣や超暴走魔法陣の存在で比較的出番が少ないモノクルですが、ドラゴンガイア強との戦いなど、魔法陣の中に滞在し続けられないような戦闘では活用できる場面があると思います。

 黒、白アイパッチは、“HP+2”の効果が当たり。3ヵ所合成に成功すれば最大でHPを6も上げられるので、全職業で有効な“HP底上げ用のアクセサリー”になります。レベル85ならば、シュプリンガーを特技“みのがす”で追い返して戦闘を手早く終わらせる戦法が使えるので、多少運は絡むものの、“きせきの香水”の効果中に数個は集めることができるでしょう。

<指アクセサリー>
■ちからのゆびわ(攻撃力+2)
通常モンスター……ボストロール、トロルキング
転生モンスター……じごくのドアボーイ(オーガキングの転生)

■はくあいのゆびわ(最大MP+5、封印ガード+50%)
通常モンスター……スマイルリザード
転生モンスター……キングエレファント(ガネーシャエビルの転生)

■聖印のゆびわ(即死ガード+50%)
通常モンスター……なし
転生モンスター……シャドーノーブル(しにがみきぞくの転生)

■めざましリング(眠りガード+50%)
通常モンスター……サンダーフロッグ
転生モンスター……なし

■まんげつリング(マヒガード+50%)
通常モンスター……ヘルゴースト、なげきムーン
転生モンスター……なし

■破呪のリング(呪いガード+50%)
通常モンスター……ろうごくのぬし
転生モンスター……アスラ王(ボーンファイターの転生)

■理性のリング(混乱ガード+50%)
通常モンスター……よろいのきし
転生モンスター……マッドレインボー(どろにんぎょうの転生)

■破幻のリング(幻惑ガード+50%)
通常モンスター……エビルホーク、ダークプラネット
転生モンスター……なし

■破毒のリング(毒ガード+50%)
通常モンスター……スカラベキング
転生モンスター……なし

 物理攻撃系のアタッカーならば絶対欲しい“ちからのゆびわ”は、指アクセサリーで攻撃力を上げられる唯一の装備品。合成効果として付くのは、“攻撃力+3”が最大値となります。俺は現在“+3”、“+2”、“+2”という合成効果のものを持っていますが、やっぱり理論値(3ヵ所すべて攻撃力+3が付いたもの)が欲しいですね。「がんばっても、たったの2しか違わないじゃん?」と思うかもしれませんが、欲しいんです。そういうものなのです(笑)。

 あとは、各種耐性系のアクセサリーになりますね。これらはいずれも、合成効果の最大値が+10%なので、基礎効果の50%と合わせて、理論値では“○○ガード+80%”まで上げられるということになります。すべての耐性アクセサリーの理論値が完成すれば、防具に付ける錬金効果の自由度がかなり広がりますよね。とはいえ、「すべての耐性アクセサリーの理論値を作るなんて途方もない時間が必要」と思っていたので、これまで俺はまったく手をつけていませんでした。

 バージョン3からは、合成レベルのおかげで、これらの理論値アクセサリーも比較的作りやすくなりそう。それはとても喜ばしいことなのですが、アクセサリー集めにはいままでと同じように時間がかかりそうです(笑)。やっぱり、いまのうちに可能な限り集めておくのがいいのかもですね!

 それでは、また次回!

●お知らせ

Windows版『ドラゴンクエストX』のベンチマークソフトはこちらからダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら

●過去の『DQX』プレイ日記 ~ジーラの放浪録~はこちら
第31回第30回第29回第28回第27回第26回第25回第24回第23回第22回第21回第20回第19回第18回第17回第16回第15回第14回第13回第12回第11回第10回第9回第8回第7回第6回第5回第4回第3回第2回第1回

●過去の『DQX』プレイリポート(第1回~第100回)はこちら


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 PCWindows / WiiWii / Wii UWii U
発売日 サービス中
価格 30日間1000円[税込] ※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●ネットワーク対応 ●Wii UベーシックセットまたはWiiで遊ぶ場合は16GB以上のUSBメモリー必須 ●バージョン1『目覚めし五つの種族』、バージョン2『眠れる勇者と導きの盟友』は各3800円[税抜](各4104円[税込])(※Wii版はパッケージ版のみ)●『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』は4800円[税抜](5184円[税込])(※Wii U版とWii版はパッケージ版のみ)●バージョン2『眠れる勇者と導きの盟友』をプレイするには、バージョン1『目覚めし五つの種族』のソフトおよびプレイ用レジストレーションコードが必要です ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齊藤力


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 3DSニンテンドー3DS
発売日 サービス中
価格 30日間 1500円[税抜](1620円[税込])※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●ネットワーク対応 ●ソフト価格は3800円[税抜](4104円[税込]) ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●専用ダウンロード番号、60日間利用券引き換えコード、特典アイテムコード、ポスター、ふくびきカード付き ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齊藤力


ドラゴンクエストX dゲーム版
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 AndroidAndroid
発売日 サービス中
価格 10日間 650円[税抜](702円[税込])※詳細は備考欄参照
ジャンル RPG/冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-FiまたはLTE対応 ●対応機種は『DQX』公式サイト(http://www.dqx.jp/)をご確認ください ●プレイにはdocomo回線およびSPモードの契約が必要です ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齊藤力

(C)2012-2015 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※データはすべて2015年4月14日時点のものです。