“シャイニング ファン フェスタ 2014”で、“龍鳴剣 ヴァンデルホーン”のレプリカに島崎信長さんが大興奮!

更新日時:2018-08-01 19:56:51

注目すべきは、緑川光さんが演じる煌竜イルバーンとの対話!

 2014年11月2日(日)に開催された、『シャイニング』シリーズのファンイベント“シャイニング ファン フェスタ 2014”。いやー、充実のイベントでした。エンディングで『Shining Tears』の大合唱を聴きながら、しみじみ、『シャイニング・ティアーズ』から10年も経ったこと、シリーズが続いてきたことのすごさを感じましたよ。

 さて、ここでは、昼公演の『シャイニング・レゾナンス』の紹介コーナーのリポートをお届けします。イベントの全体リポートはこちらに掲載しているので、併せて読んでくださいね。

01

▲イベント会場のロビーでは、『シャイニング・レゾナンス』の最新PV&ポップが展示されていました。

 登壇したのは、セガの澤田剛プロデューサーと、ユーマ役の島崎信長さん、ソニア役の瀬戸麻沙美さん、キリカ役の早見沙織さん。島崎さんは、なんとユーマの武器である“龍鳴剣 ヴァンデルホーン”を持って登場! 「大剣を持ててうれしい!」と大はしゃぎ。

※島崎信長さんの“崎”の漢字は、 正しくは山+立+可です。

02

▲大剣を手にして、中二心が刺激されまくった島崎さん。

 この龍鳴剣 ヴァンデルホーンのレプリカは、イベント前日に完成したばかりの、出来たてほやほやの一品。瀬戸さん、早見さんも、楽屋で振り回して楽しんでいたそうです。上の写真じゃ、ヴァンデルホーンの姿がよく見えないよ! という方は、島崎さんのTwitterをご確認ください。

 ステージでは、キャスト陣が自分が演じるキャラクターを紹介。ユーマは、島崎さんいわく“王道中の王道の主人公”。伝説の竜の力を秘めている、その力の使い道に悩んでいる、仲間との触れ合いで成長していく、大剣を持っている、など、とにかく主人公らしい主人公の要素が満載とのこと。

 瀬戸さんが演じるソニアは、剣を持って戦うお姫様。ナイーブなユーマを叱咤激励し、パーティーを引っ張っていく女の子で、随所でリーダーシップを発揮している模様。ちなみに瀬戸さんは、「剣、いいなあ」と、ヴァンデルホーンを作ってもらった島崎さんをうらやましがっていました。

 早見さんが演じるエルフの少女キリカは、竜と心を通わせる歌巫女。いろいろな歌を劇中で歌うということで、劇中では、キリカの歌声をたっぷり堪能できるようです。ちなみに本作には、キリカの兄・レスティも登場しますが、早見さんがレスティのことを「お兄様です」と紹介すると、会場からは笑い声が……。そう、中村悠一さんが演じるレスティとキリカは兄妹。中村さんと早見さんが兄妹を演じる、と聞くと、とある作品が思い浮かぶ人が多いと思いますが、澤田プロデューサーいわく「このキャスティングは偶然」。収録では、中村さんにも「狙いましたね」と言われてしまったそうですが、本当に偶然とのことです。

 また、ユーマの中に宿る“煌竜イルバーン”についても言及が。ユーマと煌竜イルバーンは、精神世界の中で、たびたび会話をします。この煌竜イルバーンを演じるのは緑川光さん。島崎さんは「自分の心の中に、緑川さんの声で反応してくれる竜がいるなんて!」とうれしそうに語っていました。早く対話シーンを見てみたい!

夜公演ではゼストのキャラクターソングを初披露!

 記者がリポートしたのは昼公演ですが、夜公演でもサプライズ発表がありました。保志総一朗さんが演じるゼストのキャラクターソング『LUNATIC CRAVE』が初披露されたのです! ゼストにインスパイアされた保志さんが作った渾身の一曲。『シャイニング・レゾナンス』の劇中で流れるので、お楽しみに

この記事の個別URL

シャイニング・レゾナンス特設サイト

公式サイトはこちら
『シャイニング・レゾナンス』DXパック購入はこちら
シャイニング・レゾナンス
■タイトル
シャイニング・レゾナンス
■ハード
プレイステーション3
■ジャンル
竜と奏でるRPG
■発売日
12月11日(木)発売予定
■価格
通常版・ダウンロード版は
8222円[税抜](8880円[税込])
フィギュア付き特別限定版は
16800円[税抜](18144円[税込])
■CERO
15歳以上対象
■備考
キャラクターデザイン:Tony(AlbionWorks)、開発:メディア・ビジョン、キャラクターモデル制作:フライトユニット、楽曲制作:Elements Garden、シナリオ監修:火野峻志
■発売・販売
セガ
©SEGA