クロスレビュー

平均

7.5
ロボットに支配された世界を舞台に、反乱軍の兵士マヴラと仲間のドイルを操って、性能の異なる銃器や強化アイテムを武器に、戦いをくり広げていく。全5ステージを収録。
発売日
2019年07月11日
価格
1760円 [税抜]
ジャンル
アクションシューティング
メーカー
Arcade Crew
詳細を見る

Blazing Chrome(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
8

古きよき16ビット機のアクションゲームを再現。ドット絵は緻密に描かれ、ラスタースクロールや回転拡大縮小を活かした各種演出も当時っぽくて、見た目にも楽しい。プレイ感覚は『魂斗羅』風で、中ボスやボス戦も含め、アクションの各種ギミックにこだわりが感じられる。とはいえ、基本は“一発死の覚えゲー”タイプ。やり込み甲斐はあるけれど、難しすぎる。イージーモードはもっと簡単でもよかったか。

週刊ファミ通1600号より

ウワーマン
ファミ通公式 Switch
7

見た目の雰囲気が『魂斗羅』シリーズ風のアクションに仕上がっています。一撃死するタイプのゲームなので、パターンを覚えるまでは難しいですが、理不尽というほどではないので安心。むしろ、再スタートのポイントがいくつもあって親切ですね。1ステージに中ボスが大量に出現することもあり、攻略のし甲斐はなかなかのもの。ミッション内容も多彩なので、ダレることなく一気に遊べると思います。

週刊ファミ通1600号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
7

『魂斗羅』シリーズの影響が色濃い作風で、昔ながらの硬派なアクションといった趣。敵がつぎつぎと現れるが、生身の状態だと敵に触れただけで即死となるハードな仕様なので、アクションゲームが大好きな人以外には少し辛いかな。それでも、ミスをくり返しつつも敵のパターンを覚え、ステージを突破していくのは達成感があります。協力プレイが可能で、ふたりで挑めば攻略に有利になるバランスはナイス。

週刊ファミ通1600号より

梅園ウララ
ファミ通公式 Switch
8

世紀末な世界で銃をぶっ放す、『魂斗羅』シリーズへのオマージュたっぷりの作品。歯応えはしっかりあるものの、コンティニューが無制限でチェックポイントから再開できるというフォローもあり、投げ出すことなく遊べる。それ以前に、ステージ自体がおもしろく、構成にメリハリがあることがプレイの原動力に。1990年代のゲームらしさを追求したグラフィックも見事で、フォントまで徹底されています。

週刊ファミ通1600号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5
ロボットに支配された世界を舞台に、反乱軍の兵士マヴラと仲間のドイルを操って、性能の異なる銃器や強化アイテムを武器に、戦いをくり広げていく。全5ステージを収録。
発売日
2019年07月11日
価格
1760円 [税抜]
ジャンル
アクションシューティング
メーカー
Arcade Crew
詳細を見る

Blazing Chromeに関連

すべて見る
  1. 1
    【FGO】『魔法使いの夜』コラボイベントが4月下旬に開催決定。奈須きのこ氏がシナリオを執筆【まほよ】
  2. 2
    『ダンジョン飯』オリジナルクラフトコーラが5月中旬に発売。レモン1000個分の魔力を内包すると言われるマンドレイクの煮汁をイメージ
  3. 3
    『霧の戦場のヴェルディーナ』インタビュー。ユーザーに寄り添って体験版を3回配信! “シミュレーションRPG×デッキ構築”というジャンルへの挑戦
  4. 4
    『まどマギ』アルティメットまどかと悪魔ほむらモチーフのイヤリングが4月15日17時より予約開始。気分に合わせてピアスとしても着用できる
  5. 5
    【雀魂×ブルアカ】シロコ&ホシノのコラボ着せ替え衣装が公開。ちょっぴりセクシーで可愛いチャイナドレス姿は先生必見