クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
倒した魔物を蘇らせて仲間に加え、合成で入手した武器や遺物を駆使してダンジョンを探索。敵に倒されると仲間の魔物やアイテムを失うが、経験値の一部は引き継がれる。
発売日
2021年01月28日
価格
1381円 [税抜]
ジャンル
アクション / アドベンチャー
メーカー
Devolver Digital
詳細を見る

OLIJA(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
8

説明は最低限&マップもないが、ユーザー誘導が丁寧で迷わないゲーム進行が◎。2Dアクションとしては比較的オーソドックスなシステムだけど、独特の世界観、美麗なドット絵アニメ、銛を使った瞬間移動アクションなど満足度が高い体験が味わえる。ボス戦のギミックもおもしろく、素材を集めて拠点をカスタマイズしていくやり込み要素もある。ただ緩急が薄い地味な展開なので、盛り上がり感は弱い。

週刊ファミ通1681号より

ウワーマン
ファミ通公式 Switch
7

古典的なドット絵での表現ですが、美しく独特の雰囲気を作り出していて、そこが魅力になっています。銛を使ったアクションがユニークで、高速移動や仕掛けの解除などさまざまな用途があり、戦っていても楽しいですね。特殊技やサプウェポンと合わせて多彩に立ち回れます。探索も適度な難度でサクサク進んでノンストレス。日本語フォントがめちゃくちゃキレイで読みやすいのもよかった。

週刊ファミ通1681号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

ミステリアスな世界観とストーリーに心惹かれる。東洋っぽい雰囲気やサウンドも作風を独特なものにしています。銛を投げて突き刺した先へ瞬時にワープできるアクションが気持ちよく、戦闘にも探索にもそれを活用する作りがおもしろい。とくにボス戦は、なかなかエキサイティング。ピクセルアートは味があるけど、立体感があまりないため、何を表現しているのかいまいちわかりづらいものも少々。

週刊ファミ通1681号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
7

オリエンタルな世界や多様なジャンルを取り入れた音楽が、ほかにはない魅力を漂わせています。物語は少しつかみづらい部分もあるものの、東洋の姫オリヤとの密かなラブロマンスが描かれたりと、ドットながら映画的な演出も盛り込まれているのがすてき。瞬間移動を駆使して解くギミックは難しめで詰まるところもあるかな。全体のボリュームはコンパクトですが、仲間集めなど探素&収集要素もあり。

週刊ファミ通1681号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
倒した魔物を蘇らせて仲間に加え、合成で入手した武器や遺物を駆使してダンジョンを探索。敵に倒されると仲間の魔物やアイテムを失うが、経験値の一部は引き継がれる。
発売日
2021年01月28日
価格
1381円 [税抜]
ジャンル
アクション / アドベンチャー
メーカー
Devolver Digital
詳細を見る

OLIJAに関連

すべて見る
  1. 1
    Switch、PS4『黄昏ニ眠ル街』が4月28日に発売決定。世界に隠された"大地の源"を求めて東洋の街を探索する3Dアドベンチャー
  2. 2
    『サムライブリンガー』がPS4、Switch、Steamにて2022年春発売決定。八岐大蛇の討伐を目指す和風ローグライトアクション
  3. 3
    米津玄師出演のプレイステーションCM先行公開スタート。PS5やPS4を起動すると、新曲「POP SONG」が聴ける!
  4. 4
    【『グノーシア』はいいぞ】Steam版が配信開始となったいま、まさに遊ぶべきこれだけの理由。ゲームが抱える業に落とし前をつけたマストプレイの1作
  5. 5
    アニメ『鬼滅の刃』遊郭編、Amazonプライムビデオなどで配信開始。第2話“遊郭潜入”の場面カットや第1話の提供画像が公開