クロスレビュー

平均

8.8

1ユーザー

スコア

;">
8.0
恐怖と危険の中で、極限の戦いをくり広げるシリーズ続編。娘の生存を知った主人公のセバスチャンが、自身を破滅へ追い込んだ組織と協力して、悪夢の世界を探索していく。
発売日
2017年10月19日
価格
7980円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
ベセスダ・ソフトワークス
詳細を見る

サイコブレイク2(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
9

まさに正統進化といった内容。前作の物語を知らないと、若干わかりづらい部分もあるが、ストーリーが丁寧に描かれており、先が気になる展開。オープンワールドとまではいかないものの、移動可能な範囲が前作よりも格段に広くなり、より探索の楽しさが高まっている。美しくも狂気に満ちたグラフィックは、ときには斬新で驚きも感じさせる。素材集めや武器のクラフトなど、やり込み甲斐も十分。

週刊ファミ通1507号より

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
9

前作は、難解な物語と高い難度で、どちらかというとコアゲーマー向けの作りだったが、本作はストーリーがわかりやすくなり、難易度選択の幅が広がったことで、ライト層でも遊べる作品になった。かといってヌルくなったわけではなく、何が起こるかわからない精神世界をさまよい、異形のクリーチャーに追い回される恐怖を存分に味わうことができる。個性的な登場人物や、先を知りたくなる展開も○。

週刊ファミ通1507号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

不思議な精神世界での恐怖体験は、ゾクゾクさせられながらも、思わず引き込まれてしまいます。各種のホラー演出だけでなく、アクション面においても、ステルスあり、手強い敵とのバトルありで、静と動のメリハリが利いている。難易度の選択と照準アシスト機能によって、幅広いプレイヤーが遊びやすくなっているほか、前作と比べてストーリーがわかりやすい構成になったところも好ましいポイント。

週刊ファミ通1507号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
8

点在する残酷なアートが、ほかにはない恐怖を醸し出し、イヤな汗が止まらなかった。前作は、閉鎖空間での重苦しさが強かったが、本作ではどこに敵が潜むかわからない不安や、クリーチャーの不気味な声がジワリと効いてくる。ふと入った家屋で突如始まる、過去の追体験も恐ろしいが、そのおかげで作品の背景がわかるのがうれしい。物語が哀しい展開を見せるのも意外。難易度選択もありがたい施策。

週刊ファミ通1507号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

ゲーム攻略マン
PS4 2022-11-17 19:52:38投稿
8

良かった点
半オープンワールドくらいのエリアを複数用意し、そこを探索したり、ギミックを作動させたりしながらサバイバルホラーを楽しむことができる点。エリアの広さは広すぎず、また狭すぎずで丁度良い広さだったかと思う。

前作では調達できる弾薬が少なすぎて、ミスはあまり許されない面があったかと思うが、今作ではだいぶ緩く設定されてます。ストーリーの繋がりやホラーの部分は継承しつつ、遊びやすくした作品です。

悪かった点
区画によってはやや難しく感じところがあるかもしれない。とはいえ、そんなものは大した問題ではなく、クラッシュしてエラーが出る方が、ある意味ホラーよりも怖かった。アップデートで改善されたのだろうか?

それでセーブ回数が制限して遊ぶモードで苦戦した感じかな。

総評
前作よりも遊びやすくなったサバイバルホラーゲームです。サバイバルホラーというと、難易度的に難しいというイメージがあるかもしれませんが、これは前作と比較するとだいぶ簡単になったという印象が強い。コツコツと探索して楽しめる人向けかな。

主人公は家族愛を全面に出した描き方だったので、前作のようなキザな面が無くなったのは少し残念に思えた。

クロスレビュー

平均

8.8

1ユーザー

スコア

;">
8.0
恐怖と危険の中で、極限の戦いをくり広げるシリーズ続編。娘の生存を知った主人公のセバスチャンが、自身を破滅へ追い込んだ組織と協力して、悪夢の世界を探索していく。
発売日
2017年10月19日
価格
7980円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
ベセスダ・ソフトワークス
詳細を見る

サイコブレイク2に関連

すべて見る

サイコブレイク2に関連

すべて見る
  1. 1
    『アーマードコア6』小倉プロデューサーインタビュー。「『エルデンリング』などで得たノウハウとACシリーズのコンセプトを合わせた新しいアクションです」
  2. 2
    『新作歌舞伎 FF10』キャスト扮装ビジュアルが解禁。幼少期のティーダ役として尾上丑之助(9歳)が出演決定
  3. 3
    アニメ『鬼滅の刃』上弦の鬼役として宮野真守、古川登志夫、鳥海浩輔、置鮎龍太郎が参加決定! 新PVも公開
  4. 4
    ターン制戦略RPG『SpellForce: Conquest of Eo』(Steam)本日(2/3)発売。ハイファンタジー世界で多彩な呪文と種族を駆使して敵対者を倒せ
  5. 5
    【ポケカ】拡張パック“トリプレットビート”が3月10日発売。トリッキーな“マスカーニャex”や高火力の“ラウドボーンex”などが登場
特設・企画