『サイコブレイク2』国内版発売よりひと足先に、濃厚なプレイインプレッションを特別公開!【動画あり】

国内での発売より早く海外で解禁となった『サイコブレイク2』(海外では『THE EVIL WITHIN 2』)。そこで、国内版の発売に先駆けて、その魅力はもちろんのこと、チャプターの紹介まで含めたネタバレ全開の超濃厚インプレッションをお届けする!

悪夢の世界でくり広げられる、娘を取り戻すための贖罪と戦いの物語が開幕!

 父セバスチャンと娘のリリー、STEMとメビウス、そしてユニオン……これまで紹介してきた言葉が持つ意味を、その手で解き明かせるときが、ついに訪れる。北米を含む海外では、2017年10月13日(現地時間)に『THE EVIL WITHIN 2』がリリースされた。
 そして、ここ日本でも2017年10月19日、ベセスダ・ソフトワークスよりプレイステーション4、Xbox One向けに『サイコブレイク2』が発売を迎える。世界がその完成を心待ちにしていた、サバイバルサイコホラーゲームの続編となる本作で描かれるのは、誰も体験したことのない悪夢の世界だ。そこで本記事では、海外版の発売に合わせて、Tango Gameworksの新たなる挑戦の一端を、ひと足早く皆さんにお伝えしていく。

悪夢の世界で生き残るために

 まずは、本作の基本情報を説明しよう。精神世界の“ユニオン”で、セバスチャン=プレイヤーはあらゆる想像を超えた事態に直面する。前作を体験しているプレイヤーも、その世界がどうなるかは予測できない。しかし、心構えがあるのとないのとでは、対処も大きく変わる。
 ゲームをスタートして最初に行うのは、難易度の選択。カジュアルモードは、弾薬や回復アイテムがふんだんに用意され、セバスチャンの耐久力も高いので、ほかのモードに比べて倒されにくいのが特徴だ。さらに、シューティングに重要な自動照準機能も有効か無効かを選べる。有効にすると銃を構えたとき、自動で敵に照準を合わせてくれるが、過信は禁物。ゲーム中に変更できるので、プレイしてみて、好みに合うほうを選択すればいい。

悪夢の歩きかた

 いままであった道がなくなったと思ったら、別のルートが現れたり、突然物陰から敵に襲われたり……何が起こるわからない“ユニオン”で生き残るには、先を焦らず進むことが第一だ。ちょっとした油断が命取りになることは多い。そうならないためにも、各所を慎重に探索しながら進むのは基本となる。
 カバーやステルスで敵をやり過ごしたり、気づかれないよう移動して逃げることも重要な戦術だ。欲しかった弾薬や回復アイテムがあらぬ場所で見つかり、いままで進めなかった難所を乗り越えられることもよくある。リリーを救いたければ、しっかりと探索を重ねよう。

 もちろん、武器を異形のクリーチャーと対峙することもあるだろう。難敵に立ち向かわなければならないとき、強力な武器がセバスチャンの味方となる。弾薬数に限りはあるが、素材を使ってアイテムを作成できるクラフトもある。必要であれば、武器を強化することも、セバスチャン自身の能力を強化できる。恐れることはない。

●ごく一部の武器を紹介!
・ハンドガン
45口径で、中程度の威力を持つ。装填数が多めで反動が少ないので、狙いが付けやすいのが特徴だが、アップグレードは必須。

・ショットガン
1/12ポンドの鉛弾に相当する散弾をくり出す、強烈な威力を持つ銃火器。集団相手には強いが、射程距離が短いので注意。

・スナイパーライフル
30口径フルメタルジャケット弾を放つ、強力なライフル。ヘッドショットが狙えるのが最大の強みだが、リロード時間は長め。

・ウォーデン・クロスボウ
ショックボルト、煙幕ボルト、ハープンボルト、マインボルトと、多彩な弾頭を選択できるクロスボウ。アップグレードでさまざまな効果を発揮し、用途次第で状況を一変させる武器だ。

 次のページからは、いよいよ各チャプターの紹介に入る。物語の詳細には極力触れないようにしているが、発売日を迎えてからその手で衝撃を体験したいという方は、ここから先は読まないようにしてほしい。それでもかまわないという方は、ともに先へ進もう。