クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
すべてのものに記憶が宿る世界で多発する、一瞬のうちに記憶が失われて存在が消滅する“ロスト現象”の謎を解くため、“記憶の力”を持った主人公カナタが冒険をくり広げる。
発売日
2017年10月12日
価格
5800円 [税抜]
ジャンル
RPG
メーカー
スクウェア・エニックス
詳細を見る

LOST SPHEAR(ロストスフィア)(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
8

古きよきRPGを思わせる作りということもあり、目新しさや意外性は薄いけれど、ストレスなく安心して遊べる。バトルは、位置取りの妙が味わえる、戦略性の高いシステムで、アクションゲーム的な醍醐味も。物語の描きかたも丁寧で魅力的なのだが、展開がゆったりめで、やや間延びしがちな面も。世界が少しずつ開けていくゲーム進行はわかりやすいのだが、ときにフラグ立て感を覚えることもあった。

週刊ファミ通1505号より

乱舞吉田
ファミ通公式 Switch
8

同社の『いけにえと雪のセツナ』と同様、1990年代に見られた古きよきRPGのテイストが強く感じられる作風。味わい深いグラフィックや、切なさを感じさせる物語、ピアノの音色によるBGMなどで醸し出される雰囲気がステキです。バトルでの、位置取りを工夫することで複数の敵を巻き込んでの攻撃を始め、“法石”の組み合わせにより自分好みのスタイルを構築できるなど、細部の進化ポイントもいい感じ。

週刊ファミ通1505号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

“ロスト”したものの記憶を集めて再生させる能力を持つカナタの物語は、切なさがあって興味を惹かれる。“法石”のセットと“刹那システム”を組み合わせてスキルを発動する仕組みのほか、“機装”への乗り降りもあり、戦略性とカスタマイズ性も多彩。長時間、お使い的に移動させられているように感じることもたまにあるが、フィールドや街の随所で“記憶”やアイテムが拾えて、気がまぎれる構成はナイス。

週刊ファミ通1505号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
8

“記憶の結晶”を集め、物や人、街を“ロスト”から再生していくのが醍醐味。ワールドマップ上に好きなアーティファクトを建てるのも、箱庭感があって楽しい。ただ、広域で眺められないのは寂しい。地図機能や料理システムはもっと充実させてほしかった。バトルは、前身の『セツナ』を踏襲しているが、機装の存在が良アクセントに。序盤は制限が多くて扱いづらいが強力です。BGMは切ない調べでとてもいい。

週刊ファミ通1505号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
すべてのものに記憶が宿る世界で多発する、一瞬のうちに記憶が失われて存在が消滅する“ロスト現象”の謎を解くため、“記憶の力”を持った主人公カナタが冒険をくり広げる。
発売日
2017年10月12日
価格
5800円 [税抜]
ジャンル
RPG
メーカー
スクウェア・エニックス
詳細を見る

LOST SPHEAR(ロストスフィア)に関連

すべて見る

LOST SPHEAR(ロストスフィア)に関連

すべて見る
  1. 1
    『エクスアストリス』10時間プレイレビュー。1500円とは思えないほど世界観・戦闘のすべてが濃厚。“白夜”と“極夜”に分かたれた惑星での生活の虜に
  2. 2
    『FF7 リバース』パッケージ版のディスク表面の誤表記についてアナウンス。“Play Disc”と“Data Disc”の表記が逆に。商品の対応については検討中
  3. 3
    『リコリコ』“千束の銃”が東京マルイから3月14日に発売。スパイク付きのストライクフェイスなどを忠実に再現
  4. 4
    これ全部『FF7』! 関連作を一挙振り返ってみた。『FF7 リバース』プレイ前に『FF7』作品の歴史をおさらいしよう【ファイナルファンタジー7】
  5. 5
    『幼稚園』“ほぼ実物大の公衆電話”が付録に。テレカを入れて受話器を置くとカードが戻ってくるギミックも完全再現
特設・企画