クロスレビュー

平均

9.0
シリーズ最新作は、アメリカ軍第一歩兵師団の新兵の物語を描くキャンぺーンモードを始め、ハイペースな地上戦を体験できるマルチプレイヤーモード、ゾンビモードを収録。
発売日
2017年11月03日
価格
7900円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
FPS・TPS
メーカー
ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア
詳細を見る

コールオブデューティ ワールドウォーII(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
9

新兵の視点で、ノルマンディー上陸作戦からベルリン陥落までが描かれているキャンペーンだが、時系列的にも非常にわかりやすい。仲間から回復薬や弾薬をもらえるようになり、NPCとの連携をより強く感じられる。マルチプレイは、スラストジャンプやウォールランがなくなったため、ハイスピードなスポーツ性が薄くなっているが、よりシンプルな戦いに昇華したことで、間口が広がったという印象。

週刊ファミ通1511号より

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
9

キャンペーン、マルチ、そしてシリーズおなじみのゾンビモードのいずれもがハイクオリティーで、トータルバランスの優れた作品。なかでも、いきなりノルマンディー上陸作戦から始まるキャンペーンモードは、戦場の臨場感が抜群。兄弟愛をテーマとしたドラマチックな物語に引き込まれる。ゾンビモードは、グラフィックと演出面が強化されて、ホラーゲーム顔負けの恐怖を味わえるところがよかった。

週刊ファミ通1511号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

ノルマンディー上陸作戦から始まる第二次世界大戦を描くキャンペーンモードは、戦場の臨場感と映画のような物語に引き込まれる。マルチプレイでは、ハブ的な働きをする司令部の存在がナイスで、マッチをくり返すだけではなく、指令を受けての目標達成で報酬を得る、といった楽しみもあるのがいい。ただ、UIが若干わかりにくいか。謎解き要素を持つゾンビモードもあって、やり応えは十分です。

週刊ファミ通1511号より

梅園ウララ
ファミ通公式 PS4
9

キャンペーンで描かれる戦場は臨場感がすさまじく、迫力の演出に思わず叫び声が。戦友とのドラマにも感情移入させられる。体力が自然回復しない仕様は、最初こそ戸惑ったが、リアリティーがあるし、薬の受け渡しで仲間との絆を感じられていい。ゾンビモードのマップはかなり広くて仕掛けも多彩。倒して得た通貨をどう使うかの戦略性もある。マルチプレイで連携がうまくいくと、すごく楽しい。

週刊ファミ通1511号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

9.0
シリーズ最新作は、アメリカ軍第一歩兵師団の新兵の物語を描くキャンぺーンモードを始め、ハイペースな地上戦を体験できるマルチプレイヤーモード、ゾンビモードを収録。
発売日
2017年11月03日
価格
7900円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
FPS・TPS
メーカー
ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア
詳細を見る

コールオブデューティ ワールドウォーIIに関連

すべて見る

コールオブデューティ ワールドウォーIIに関連

すべて見る
  1. 1
    【FF】『ファイナルファンタジー』UTがユニクロで6月下旬に発売。モーグリを優しいタッチで描いたTシャツがかわいい
  2. 2
    『ソフィーのアトリエ』着替えを見られて涙目で怒るソフィーのフィギュアが登場。エビテン限定特典は描き下ろしイラスト使用のアクリルコースタースタンド
  3. 3
    『ポケモンフレンダ』が7月より順次稼動開始。『ポケモンメザスタ』の後継機で、ツイン筐体はそのままにアクション性をより高めるタッチパネルを搭載
  4. 4
    ネコ型配膳ロボ“ベラボット”の公式ファンブックが4/15発売。付録のペーパークラフトであのロボを再現。サイズは割と大きい
  5. 5
    【今週発売のおすすめタイトル】『ビックリマン』スマホ向けRPGが4/19リリース。『デイヴ・ザ・ダイバー』PS4/PS5版や『UFOロボ グレンダイザー』なども登場【4/15~4/21】