クロスレビュー

平均

8.8

ユーザー

スコア

;">
-
2015年に発売された『デジモンストーリー サイバースルゥース』の裏側の物語を描く。コンピュータウイルス“デジモン”を使役するハッカーとなって、難事件の解決を目指す。
詳細を見る

デジモンストーリー サイバースルゥース ハッカーズメモリー(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

マップを始め、前作からの流用部分が多く、すごく新鮮味があるというわけではないが、新規のデジモンや“ドミネーションバトル”などの新要素を加えつつ、新たな物語が楽しめるのはうれしい。本作も物語がおもしろく、デジモンの収集と育成も相変わらずハマれるので、没頭して遊べます。前作をまるごと収録するだけでなく、本作からの追加要素や調整が施された部分が反映されているのもありがたい。

週刊ファミ通1514号より

戸塚伎一
ファミ通公式 PS4
8

前作の物語世界を“暗躍するハッカー”の立場で体験、ということで、より非合法かつアンダーグラウンドな面が強調されています。現実とネット世界の切り換わりの演出など、いくつかの些細な部分でユーザー体験での物足りなさを感じました。とは言え、デジモンを徹底的に育て上げる楽しさは健在。クロスセーブ対応や、前作とデータ共有しつつ同時進行が可能など、遊びかたに幅があるのはいいですね。

週刊ファミ通1514号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
9

“大人向けのデジモン”というコンセプトを見事に反映した作品世界や、遊び勝手のいいシステムはそのままに、アンチヒーローを主人公に据えた視点が新鮮。新要素は少なめながら、すでに完成され、プレイフィールも向上した安心のシステムで、新しい物語を楽しめます。視覚化された電脳空間とリアルな東京の街を行き来する構成や、デジモンの収集と育成に没頭できる設計に、再び夢中になれました。

週刊ファミ通1514号より

ジャイアント黒田
ファミ通公式 PS4
9

前作の裏側を描くストーリーが魅力的。新キャラはもちろん、前作キャラとのイベントが多いのもうれしい。共通のマップは多いが、70体以上のデジモンの追加や集団戦、縄張り争いなどの導入により、想像以上に新鮮な気持ちでプレイできた。前作がすべて収録されており、とくに未経験者にはお得感が強い。前作どうしのセーブデータの引き継ぎや本作へのクリアー特典など、経験者に向けた施策も◎。

週刊ファミ通1514号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.8

ユーザー

スコア

;">
-
2015年に発売された『デジモンストーリー サイバースルゥース』の裏側の物語を描く。コンピュータウイルス“デジモン”を使役するハッカーとなって、難事件の解決を目指す。
詳細を見る

デジモンストーリー サイバースルゥース ハッカーズメモリーに関連

すべて見る

デジモンストーリー サイバースルゥース ハッカーズメモリーに関連

すべて見る
  1. 1
    『ちいかわ』×くら寿司コラボが3月8日から実施。お寿司になったちいかわたちのキーホルダーが“ビッくらポン!”で当たる
  2. 2
    カプコン新作『祇(くにつがみ):Path of the Goddess』の最新情報が3月7・8日配信にて公開
  3. 3
    『SYNDUALITY Echo of Ada』CBT版レビュー。探索して素材を持ち帰り、拠点を豪華にするサイクルが醍醐味。メイガスのお風呂シーンもある!?
  4. 4
    バンダイナムコが渋谷にコンサートホールを建設。収容客数2000人規模。開業に先立ち運営を担う新会社“バンダイナムコベース”を4月1日に設立へ
  5. 5
    永野護『ファイブスター物語』最新デザイン&解説集第7弾『F.S.S. DESIGNS 7 ASH DECORATION』3月8日に発売。初回特典はデトネーター・ブリンガーの全身を収めたポスター