おなじみの『ボンバーマン』がパワーアップ。個性豊かな8兄弟が、宇宙の平和のために、立体化したステージで敵とバトルする。最大8人で対戦可能なバトルモードも搭載。
詳細を見る

スーパーボンバーマン Rのレビュー・評価・感想

ブンブン丸
ファミ通公式 Switch
8

基本的なシステムは従来通りで、対戦ゲームとしてのおもしろさはさすがの安定感。多人数同時対戦と大画面テレビとの相性もよく、パーティーゲームとしてデキは良好です。バクダンの置きかたやほかのプレイヤーとの駆け引き、そして裏切り……これぞ『ボンバーマン』ですな。技術力の高さからか、立体的なオブジェクトや影が増えていますが、キャラがちょっと見えにくくなったようにも感じます。

週刊ファミ通1474号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
7

ストーリーモードは、8兄弟それぞれに個性づけされているのがユニークで、ステージの立体的な構造とギミックも目新しい。ただ、斜めから見下ろす視点には慣れが必要か。ボス戦は歯応えがあり、大型のボスとのバトルでは爽快感も味わえる。対戦モードは、いろいろ設定できるのはいいが、コンピューターを入れる際のレベルが選べないのは残念。キャラのカスタマイズ要素も、ちょっと控えめな印象。

週刊ファミ通1474号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
7

ストーリーモードは、キャラが立ったボンバーマン8人兄弟の漫才デモと、育てた爆弾をエリアフリーに設置しての巨大ボス戦が楽しいです。ツルツル滑るような操作感覚と、フィールドの立体構造の把握しづらさを、克服すべき課題と捉えるか、ストレス要因と感じるかで、全体の印象が変わるでしょう。コントローラの都合さえつけば、どこでも気軽にパーティープレイが楽しめるのは、圧倒的魅力です。

週刊ファミ通1474号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
8

パーティーゲームとして、新ハードのソフトラインアップをバラエティー豊かにしている1本。充実した対戦モードの中でも、Joy-Conをひとつずつヨコ持ちし、同じ画面を囲んでみんなでワイワイ遊ぶ“みんなでバトル”は、新しい体験と鉄板のおもしろさを同時に享受できます。豊富なギミックでパズル性の高いストーリーモードは、物語の内容はやや薄めながら、ムービーのにぎやかな雰囲気が愉快です。

週刊ファミ通1474号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

おなじみの『ボンバーマン』がパワーアップ。個性豊かな8兄弟が、宇宙の平和のために、立体化したステージで敵とバトルする。最大8人で対戦可能なバトルモードも搭載。
詳細を見る

スーパーボンバーマン Rに関連

すべて見る

スーパーボンバーマン Rに関連

すべて見る
  1. 1
    『FFXIV』の映画はテレビドラマ版とどう違う?『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』先行上映会リポート
  2. 2
    ドワンゴのスマホアプリ『テクテクテクテク』本日11時59分サービス終了。公式サイトでは後継作品への引き継ぎの情報を発表
  3. 3
    『アイマス シンデレラガールズ』“プロデューサーさん感謝祭”リポート! ライブパートは珠玉の名曲の数々&桜咲千依さんによるDJプレイに大熱狂!!
  4. 4
    『ドラえもん のび太の牧場物語』レビュー。畑仕事で疲れたら0.93秒で昼寝、もしもボックスで物語が分岐。溢れる『牧場物語』&『ドラえもん』らしさ!
  5. 5
    『FF7 リメイク』分作1作目は“ミッドガル脱出まで”と北瀬プロデューサーが明言。Blu-ray2枚組、ミッドガル内部構造の再設計などの情報も