クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
原因不明の死を遂げる“シルシ”を体に刻まれた記憶喪失の主人公。生き延びる術を見つけるため、同じ宿命を背負った者たちとともに、恐怖に満ちた心霊スポットを探検する。
発売日
2017年06月01日
価格
4800円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
エクスペリエンス
関連サイト
http://shiin.jp/
詳細を見る

死印(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS Vita
7

“死”に直結する、制限時間つきの選択肢は緊迫感がある。反面、なぜその選択肢が正しいか、もしくはダメなのかがはっきりせず、結果に納得しづらいことも。また、文字の色が淡くて読みにくい点や、PS Vita本体の設定で輝度を上げても暗くて見づらい画面も気になった。とはいえ、状況に合わせてアイテムを選び、“怪異”に立ち向かうシステムは目新しく、ホラーの緊張感が味わえる仕掛けとしては◎。

週刊ファミ通1486号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
8

暗闇での探索が恐怖感を煽るし、随所でのゾワゾワするような演出も効果的。間違うと死に直結する“デッドリーチョイス”がときおり発生することや、“怪異”と対峙する場面で、適切なタイミングで適切な行動を選ぶ必要があるのが、緊張感をもたらしており、ホラーの雰囲気はバッチリ。行動次第で各章の結末が変わる要素も○。メッセージ表示速度の変更や、バックログが確認可能だと、なおよかった。

週刊ファミ通1486号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS Vita
8

視界の隅にチラリと人影が映ったりと、舞台となる廃校や樹海には、恐怖を煽る演出が満載。音の演出も凝っていて、虫の羽音などにゾワゾワ。日本のホラーらしい怖さが漂います。調べ尽くすと恐怖が薄れていく反面、元凶の事件のおぞましさに別の怖さがにじみ出る。同行者の選択や、“怪異”との対決で使うアイテムの選択で結末が変わるのもおもしろい。バックログや、文字速度の変更機能があれば、とも。

週刊ファミ通1486号より

ジャイアント黒田
ファミ通公式 PS Vita
8

各章でさまざまな怪奇現象を解決することで、物語全体の謎が少しずつ明らかになっていく構成が◎。友野るい氏が描く、恐ろしくもどこか美しいビジュアルや、人の笑い声、動物の鳴き声などにドキドキハラハラしつつも、怖いもの見たさに心霊スポットでの探索を続けてしまう。怪異との対決は、行動を間違うとすぐにゲームオーバーになるのは気になったが、そのぶん、倒したときの達成感は大きいかと。

週刊ファミ通1486号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
原因不明の死を遂げる“シルシ”を体に刻まれた記憶喪失の主人公。生き延びる術を見つけるため、同じ宿命を背負った者たちとともに、恐怖に満ちた心霊スポットを探検する。
発売日
2017年06月01日
価格
4800円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
エクスペリエンス
関連サイト
http://shiin.jp/
詳細を見る

死印に関連

すべて見る
  1. 1
    【ポケモンSV】最強のゲッコウガレイドが本日(1/27)開催【スカーレット・バイオレット】
  2. 2
    『ポケモンSV』動画:「最強のゲッコウガ」でオススメのポケモン4選
  3. 3
    【ソフト&ハード週間販売数】『ファイアーエムブレム エンゲージ』が首位に! 『ポケモンSV』『スプラトゥーン3』などトップ10常連タイトルも好セールスを記録【1/16~1/22】
  4. 4
    『ホグワーツ・レガシー』先行レビュー。ホグワーツの生徒になって箒で校舎を飛び回る『ハリー・ポッター』のオープンワールドに大興奮
  5. 5
    加藤純一主催“配信者ハイパーゲーム大会”の最速先行抽選チケット販売の受付が明日(1/27)12時より開始。SHAKA、関優太、k4sen、もこうなど豪華メンバーが出演