クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
荒廃した宇宙ステーション“タロスI”で目覚めた主人公のモーガン・ユウが、謎のエイリアンと戦う術を模索しながら“タロスI”の内部を探索していくサバイバルアクション。
発売日
2017年05月18日
価格
7980円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクション
メーカー
ベセスダ・ソフトワークス
詳細を見る

Prey(プレイ)(PS4)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
8

多彩な武器の使い分け、スキルツリーによる成長など、FPSとしてはオーソドックスだが、エイリアンの特殊能力を駆使することで、一見すると先に行けそうにない場所も突破できるのがおもしろい。序盤に登場する敵ですら、予測しにくい動きをするので、緊張感のあるバトルが楽しめるのがいい。開発期間が長かったためか、グラフィックのクオリティーは、最先端の作品と比べると若干見劣りするかな。

週刊ファミ通1485号より

ブンブン丸
ファミ通公式 PS4
9

シューター要素はそれほど強くないので、激しいバトルを期待すると肩透かしかもしれないが、宇宙を舞台としたサバイバルアドベンチャーというコンセプトをしっかり表現するべく、かなり作り込まれている。敵から逃げるときの緊張感はなかなかのもの。エリアを探索し、少しずつ謎を解明していく過程がたまらないですね。全体的に敷居が高めなので、この手のジャンルが好きな人向けですな。

週刊ファミ通1485号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

SFテイストのストーリーは先が気になるし、宇宙空間も含めて、ステーションを探索するのはおもしろみがある。ホラーチックな一面もあり、急に現れる敵と、そのときのサウンドにびっくりさせられることもしばしば。歯応えのある戦闘とも相まって、道中はスリリングで、思わず夢中に。能力のアップグレードの選択などで、進めかたに違いが出てくる仕組みもナイスで、頭のひねり甲斐があります。

週刊ファミ通1485号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
8

閉鎖空間に潜む脅威と遭遇するスリルがたまらない。ドラマにも興味津々。いろいろな方法で目的にアプローチできる自由度の高さは◎ですが、やや説明不足の感も。攻撃以外に足場を作るなど、何通りにも使える武器や、エイリアンの能力を獲得できるスキルツリーがユニーク。低重力下でのミッションなど、アクションはバラエティーに富みますが、ダイナミックに動き回るにはややツラい操作性です。

週刊ファミ通1485号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.5

ユーザー

スコア

;">
-
荒廃した宇宙ステーション“タロスI”で目覚めた主人公のモーガン・ユウが、謎のエイリアンと戦う術を模索しながら“タロスI”の内部を探索していくサバイバルアクション。
発売日
2017年05月18日
価格
7980円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクション
メーカー
ベセスダ・ソフトワークス
詳細を見る

Prey(プレイ)に関連

すべて見る

Prey(プレイ)に関連

すべて見る
  1. 1
    一番くじ『ゴジラvsコング』が再販スタート。A賞はゴジラ造形の第一人者・酒井ゆうじ氏が原型、彩色を担当したゴジラのハイクオリティフィギュア
  2. 2
    【マンガ大賞2022】候補10作品が発表。『海が走るエンドロール』『【推しの子】』『ダンダダン』『ルックバック』などがノミネート!
  3. 3
    『RO』4次職は秋実装、Yggdrasillのアップデートで遊びの幅が拡充。20周年目前の運営チームインタビュー「地雷を踏み抜いてきました。今後も踏むくらいの勢いで」
  4. 4
    『原神』鍾離、タルタリヤ、甘雨、刻晴、魈をイメージしたフレグランスが登場。primaniacsオンラインショップで予約受付中
  5. 5
    『テイルズ オブ アライズ』の新アニメPVが制作中。リンウェル、ロウ、キサラ、テュオハリムの姿が描かれた先行カットを掲載!