クロスレビュー

平均

8.3

2ユーザー

スコア

;">
7.0
人間の言葉を話す自称“名探偵”ピカチュウが主人公。凶暴化したポケモンが人々を襲うという事件が頻発する街で、失踪した父親を捜すティムとともに、事件の解決を目指す。
発売日
2018年03月23日
価格
4980円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
ポケモン
詳細を見る

名探偵ピカチュウ(3DS)のレビュー・評価・感想情報

しゅくりむ
3DS 2016-09-10 22:32:07投稿
7

良かった点
サトシのピカチュウじゃなくてもやっぱりピカチュウはかわいい。
ポケモン世界の体験。
子供のころに憧れる探偵というお仕事を体験。

悪かった点
淡々と進む物語。しかも途中で終わる。第一部ですか、これ?
難易度も子供向けかな。

総評
ポケモンってすっごい能力持ったのばかり。実在したら大変?なんて考えたことあったけど、アニメはアニメなりの形で作られてます。たとえ10万ボルトをくらってもシビレるくらい。
このゲームでは、そういった描写はないけども、もし、ポケモンと過ごしたら?が体験できます。ポケモンと遊ぶ、散歩する。仕事する。ポケモンと人とのある種のリアルな共存がみられます。
その中で、表情豊かで渋い声でしゃべりコーヒーを飲み、女に弱くてところどころのしぐさがオヤジ臭いピカチュウとある事件を追う。。。。。。ピカチュウ。。。


かわいすぎます!!

渋かわ? リアルに人間臭い動きのピカチュウがなぜか妙に愛らしい。
物語の途中途中でのお話に関係ない会話とか、もう最高です。
でんこうせっかー。。。(遅い、すぐ息切れする)はぁはぁ。。。。とか♪

ポチエナのやんちゃぶり、いたずら好きなエイパム、ロトムの自由っぷり、ルンパッパのウェイトレス、ポケモンと生活してみたいをしっかり体験できます。


名探偵と銘打ってますが考える部分は少なく、ピカチュウが親切に導いてくれるので詰むことはないかと。間違ってもペナルティも無し。
情報収集は総当たりでいけますし、たまにボタンを押す演出が来ますがかな~りゆっくり。推理物を期待して大人がやるとがっかりかも?
でも、お子様が、今は大きくなったかつてのお子様が、きっと一度は憧れる名探偵を体験するには十分な出来でとても楽しいと思います。

物語自体が短めで、面白くなってきたとこで終わってしまうのがとても残念なところ。
続編きっと出るでしょうし、楽しみです。

らしの
3DS 2016-02-16 00:04:15投稿
7

良かった点
3dsであることからグラフィックの完成度は申し分なく、ポケモンたちの動きも自然で、従来のポケモンゲームではなかなか見ることのできない、日常生活でのポケモンの様子が再現されてていて楽しめました。
また大川さんの演じるピカチュウが可愛らしく、見ていて楽しかったです。
BGMも良くゲーム内の世界観はとても楽しめました。

悪かった点
まず謎の難易度が小学生レベルのため大人が探偵物として楽しむには簡単すぎました。
またマップ移動ではなくストーリーが進むにつれて勝手に場所が移動してしまうためゲームの自由度があまりありません。
特に隠し要素とかも見つからず(自分の場合)やりこみ要素があるわけでもなく、人によっては、ただ小学生向けのストーリーを追うだけで退屈してしまうかもしれません。
途中ボタンアクションが発生しますがこちらも難易度は低く、正直なくてもよかったのではという感じでした。

総評
探偵ゲームとして楽しむのではなくよく動くノベルゲームとして見れば、非常に完成度が高いと思います。子供の頃のポケモンゲームに対する期待や夢を思い出させてくれるゲームでした。ストーリーだけなら人づてで知ることができますが、映像や音楽、そして世界観は実際に遊んでみないと体感できず、それを体験するためだけでも購入する価値はあると思いました。

クロスレビュー

平均

8.3

2ユーザー

スコア

;">
7.0
人間の言葉を話す自称“名探偵”ピカチュウが主人公。凶暴化したポケモンが人々を襲うという事件が頻発する街で、失踪した父親を捜すティムとともに、事件の解決を目指す。
発売日
2018年03月23日
価格
4980円 [税抜]
対応機種
3DS
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
ポケモン
詳細を見る

名探偵ピカチュウに関連

すべて見る

名探偵ピカチュウに関連

すべて見る
  1. 1
    『FF7 リバース』を77時間遊んだプレイレビュー。そこで感じた7つのポイントを動画とともにお届け。デートイベントでは思わず身を乗り出す展開も
  2. 2
    『ウマ娘』ついに登場のオルフェーヴルを池添謙一騎手が語る。「(三冠では)能力を引き出せれば負ける相手はいないと思っていた」
  3. 3
    『ワンピース』一番くじが本日(2/23)発売。【ルフィから弾き飛ばした痛みと疲労】のルームライトが“D賞”の景品として登場
  4. 4
    映画『忍たま乱太郎 ドクタケ忍者隊最強の軍師』12月公開。土井先生活躍の人気小説がファン待望の映像化
  5. 5
    『バルダーズ・ゲート3』が、家庭用ゲーム機版も含めた公式なMod対応予定を発表