立体機動装置を駆使し、巨人を部位破壊で倒すアクション。メインモードではアニメ第1期を追体験できるほか、おなじみのキャラクターにスポットを当てたシナリオも収録。
発売日
2016年02月18日
価格
7800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクション
メーカー
コーエーテクモゲームス
詳細を見る

進撃の巨人のレビュー・評価・感想

乱舞吉田
ファミ通公式 PS4
8

立体機動装置を駆使した巨人との立体的なバトルが、うまくゲームで再現されている。昨今では、ワイヤーフックを使うゲームも多いが、それらとはまた違う、ダイナミックかつスピード感溢れるアクションを堪能できる。アニメの第1期に加えて、オリジナルシナリオが遊べるのも○。惜しむらくは、テンプレート的な作りのキャンプモード。ここに、本作ならではの特徴がもっとあれば、なおよかった。

週刊ファミ通1419号より

ブンブン丸
ファミ通公式 PS4
8

ワイヤーを使った立体機動は、空中を自由に飛び回る感じがよく出ていますな。原作を再現するような巨人との戦いもなかなかの迫力。ムービーシーンもよくできていて、テンションが高まります。ただ、全体的に、どの巨人も同じような倒しかたになってしまうため、個人差もあるけど、飽きが来てしまうのではという心配も。個人的には、もう少し先のストーリーまでプレイしたかったと感じました。

週刊ファミ通1419号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
9

空中を自在に飛び回る、立体機動装置によるアクションの再現性がすばらしく、さらにそれが比較的簡単な操作で行えるのが○。巨人との戦闘は迫力があり、各部位を狙ってブレードで斬りつけるのは爽快。仲間がよく活躍し、共闘している雰囲気もよく出ている。原作の物語を追体験する“進撃モード”では、イベントシーンがたっぷり見られるほか、オリジナルのシナリオが収録されているのもうれしい。

週刊ファミ通1419号より

くしだナム子
ファミ通公式 PS4
9

立体機動装置を使っての移動や巨人との戦いが、ゲーム的にうまく再現されています。操作自体は想像よりずっと簡単ですが、ガスや刃の補充が必要で、戦術的な立ち回りが要求されるという、難しさのウエイトの置きかたが絶妙。原作を追体験するうちに、エレン巨人や馬に乗るリヴァイなどになって戦えるのもいいアクセント。キャンプモードにもアニメ的表現が導入されていれば、ベストでした。

週刊ファミ通1419号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

立体機動装置を駆使し、巨人を部位破壊で倒すアクション。メインモードではアニメ第1期を追体験できるほか、おなじみのキャラクターにスポットを当てたシナリオも収録。
発売日
2016年02月18日
価格
7800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクション
メーカー
コーエーテクモゲームス
詳細を見る

進撃の巨人に関連

すべて見る

進撃の巨人に関連

すべて見る
  1. 1
    『テイルズ オブ グレイセス』櫻井孝宏、花澤香菜らが出演する10周年イベントが11月24日に開催決定! 『ヴェスペリア』舞台のキャスト&日程も判明
  2. 2
    『UNDERTALE』、『カップヘッド』などSwitchダウンロードソフトが20~80%OFF。『FF』シリーズ、『アトリエ』シリーズなども対象のセール情報まとめ
  3. 3
    『FF7 リメイク』分作1作目は“ミッドガル脱出まで”と北瀬プロデューサーが明言。Blu-ray2枚組、ミッドガル内部構造の再設計などの情報も
  4. 4
    【FGO】ラクシュミーは待望の多段ヒットQ全体宝具セイバー! 新ガチャ“ユガ・クシェートラピックアップ召喚”開催
  5. 5
    【FGO攻略】魔性と竜特性ミッションの高効率クエスト【6/10週マスターミッション】