クロスレビュー

平均

8.0
『THE IDOLM@STER』から『アイ MUST GO!』までの10年におよぶ名曲の数々を、『太鼓の達人』のシステムで演奏していくリズムゲーム。赤盤と青盤で、各40曲ずつを収録。
発売日
2015年12月10日
価格
5700円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
音楽
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る

アイドルマスター MUST SONGS 赤盤/青盤(PS Vita)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS Vita
8

ベースが『太鼓の達人』だけに、安定感と遊びやすさがある。収録曲は各盤40曲ずつ、両作品で計80曲と多く、やり込み甲斐も十分。“コンサートライト”を購入することで見た目が派手になったり、ライブを開催してアイドルランクを上げたり、条件を満たすとアイドルからメッセージが届いたりと、『アイマス』ならではの演出が原作ファンには◎。協力や対戦プレイができないのは、ちょっと寂しい印象もあった。

週刊ファミ通1409号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS Vita
7

『太鼓の達人』のシステムを基本としながら、コンサートライトの選択や、ファン獲得とアイドルランクアップ、条件達成でアイドルから届くメッセージなど、独自の要素もあるのがいい。ライブフェスティバルのモードでは、アイドルたちのM Cや掛け声が入って気分が盛り上がるし、アニメのワンシーンを思い起こさせる演出が見られるのも○。ただ、1パッケージの曲数としては、やや少なめに思えた。

週刊ファミ通1409号より

梅園ウララ
ファミ通公式 PS Vita
8

『太鼓の達人』の“どんちゃん”姿になったアイドルたちが画面左上で踊っているのが、いい味を出しています。アニメなどのライブシーンと同じセットリストや、合間に入るMC、サイリウムを振る観客の動きなど、細部の再現がいいね。欲を言えば、ダンスも、手振りだけでなく、もっと動いてほしかった。一方のバージョンで獲得した装飾アイテムなどを、セーブデータの共有で、もう一方でも使える施策は○。

週刊ファミ通1409号より

ジャイアント黒田
ファミ通公式 PS Vita
9

765プロを始め、ジュピターやディアリースターズ、玲音などの楽曲が収録されており、10周年のお祭りにふさわしい内容。ゲームで初めて、10thライブのテーマ曲『アイ MUST GO!』(赤盤)、アイマスS S Aのテーマ曲『I D O L P O W E R R A I N B O W』(青盤)が収録されていたり、ライブフェスティバルでアニメの名シーンやライブのメドレーが再現されているのも◎。プロデューサーほど楽しめる要素が満載です。

週刊ファミ通1409号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0
『THE IDOLM@STER』から『アイ MUST GO!』までの10年におよぶ名曲の数々を、『太鼓の達人』のシステムで演奏していくリズムゲーム。赤盤と青盤で、各40曲ずつを収録。
発売日
2015年12月10日
価格
5700円 [税抜]
対応機種
PS Vita
ジャンル
音楽
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
詳細を見る

アイドルマスター MUST SONGS 赤盤/青盤に関連

すべて見る

アイドルマスター MUST SONGS 赤盤/青盤に関連

すべて見る
  1. 1
    『スーパーマリオサンシャイン』が発売された日。水を使ったポンプアクションで楽園に平穏を取り戻す!【今日は何の日?】
  2. 2
    『龍が如く7外伝』生キャバ嬢オーディション合格者が発表。kson、佐山愛、中山こころ、要あい、あゆの5名がゲーム内に出演