クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
架空の都市“ベンチュラベイ”を舞台に、クルマをカスタマイズしながら走りを追求する、オープンワールドのレースゲーム。5つのプレイスタイルからストーリーを楽しめる。
発売日
2015年11月12日
価格
7800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
レーシングアクション
メーカー
エレクトロニック・アーツ
詳細を見る

ニード・フォー・スピード(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
9

公道レースの醍醐味に原点回帰。音楽やファッションなども含めて、ストリートやカーカルチャーの魅力がうまく表現されている。プレイヤー視点で展開される実写のストーリー演出は、非常に臨場感があり、ゲームのCGとも違和感なく見事に融合。カスタマイズの煩雑さもなく、初心者でも楽しめる作り。オンラインとオフラインの境界線もなく、プレイヤーごとのさまざまな遊びができる作りが奥深い。

週刊ファミ通1409号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

グラフィックが美麗で、夜の街を走る臨場感がすばらしい。操作はとっつきやすく、カスタマイズ要素も多彩で楽しめる。ハンドリングのチューニングを細かく調整できるだけでなく、ドリフト寄りかグリップ寄りかで全体の傾向を簡単に設定できるのは親切。ただ、ほかのプレイヤーとレースなどを行う手段が乏しくて、オンライン専用である必然性が希薄。また、NPCの不自然な加減速も気になるところ。

週刊ファミ通1409号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
8

実写のムービーからゲーム画面に切り換わってもまったく違和感がないグラフィックには、目を見張ります。街の奥行を感じさせる夜景や、雨で水たまりができた路面の質感など、とにかく表現がリッチ。クルマのカスタマイズは、こだわり派にもザックリ派にも対応していていいね。ただ、シリーズでおなじみのシステム以外にも、もっと新要素が欲しかった。オンライン登録が必須なのも、やや手間かな。

週刊ファミ通1409号より

毛利永世名人
ファミ通公式 PS4
7

クルマの販売価格が現実よりも安い車種があることや、下取り価格が高めに設定されているのは、ゲームを進めるうえで助かった。シリーズ過去作と比べると、パトカーがあまりしつこくなく、追跡解除になるまでの時間が短い点もいい。しかし、ドリフト向きのセッティングに変えても、曲がりながらブレーキを踏んでいるのに後輪が滑らない点は残念。主観視点にバックミラーがないのも違和感を覚えた。

週刊ファミ通1409号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
架空の都市“ベンチュラベイ”を舞台に、クルマをカスタマイズしながら走りを追求する、オープンワールドのレースゲーム。5つのプレイスタイルからストーリーを楽しめる。
発売日
2015年11月12日
価格
7800円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
レーシングアクション
メーカー
エレクトロニック・アーツ
詳細を見る

ニード・フォー・スピードに関連

すべて見る

ニード・フォー・スピードに関連

すべて見る
  1. 1
    『To LOVEる-とらぶる-』新作読切がトレンドを湧かす! 数年ぶり新作漫画にTwitterが盛り上がる【トレンドワード解説】
  2. 2
    『ひろがるスカイ!プリキュア』新情報。キュアウィングはレギュラーメンバー初の男子プリキュア、キュアバタフライは18歳の新成人プリキュア
  3. 3
    【FGO】ウィンターパーティースタッフトーク発表内容まとめ。福袋召喚ランキングやラスプーチンのデザイン資料が公開
  4. 4
    ターン制戦略RPG『SpellForce: Conquest of Eo』(Steam)本日(2/3)発売。ハイファンタジー世界で多彩な呪文と種族を駆使して敵対者を倒せ
  5. 5
    アニメ『鬼滅の刃』上弦の鬼役として宮野真守、古川登志夫、鳥海浩輔、置鮎龍太郎が参加決定! 新PVも公開
特設・企画